交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

目次

  1. 交通事故で整骨院や接骨院に通った場合の慰謝料について解説
  2. 交通事故で整骨院や接骨院に通っても慰謝料はもらえるか?
  3. 交通事故で整骨院や接骨院へ通うときの注意点
  4. 交通事故の慰謝料額の算定基準
  5. 交通事故で整骨院や接骨院に通う場合は病院と併用しよう

交通事故で整骨院や接骨院に通った場合の慰謝料について解説

交通事故で破損した車
652234

交通事故で怪我をした場合、軽症であれば病院での治療を早めに切り上げて、整骨院や接骨院へ通院する人もいるでしょう。中には、最初から整骨院や接骨院だけの施術で良いだろうと、考える人もいるようです。

しかし、交通事故による怪我で整骨院などに通院した場合、治療費や慰謝料をもらえるのでしょうか?本記事では、整骨院や接骨院に通院する際の、治療費や慰謝料について詳しく解説していきます。

交通事故で整骨院や接骨院に通っても慰謝料はもらえるか?

整骨院で治療を受けている男性
USDAgov

整骨院や接骨院に通院すると、慰謝料を請求できないわけではありません。怪我の回復に必要だと認められた場合は、治療の一環としてみなされるため、請求が可能です。治療費や慰謝料は、加害者側の保険会社へ請求することができます。

ただし、慰謝料を受け取るためには、整骨院や接骨院へ通うまでの正しい手順を守ることが必要です。しかるべき手順を怠ると、受け取れない可能性もあります。

無資格者の施術料は請求不可

交通事故による怪我で施術を受けている人
Ryutaro Tsukata Pexels

施術師が国家資格を持っていない場合、治療行為とみなされません。そのため、保険会社から治療費や慰謝料を、もらえない可能性が高いです

整骨院や接骨院では、国家資格を有した柔道整復師による施術を行うのが一般的で、施術代を保険会社へ請求できます。しかし、カイロプラクティックや整体院は、国家資格がなくても開設することが可能なため、注意が必要です。

交通事故で整骨院や接骨院へ通うときの注意点

整形外科の医師が診断書を見ている様子
HalcyonMarine

先述のように、整骨院や接骨院での治療費を請求することは可能です。ただし、交通事故後の初診は、整形外科のような病院で、受けるようにしてください。なぜなら、整骨院や接骨院のみの治療では、慰謝料の請求が認められない可能性もあるからです

また、整骨院などの柔道整復師は、診断書を作成することができません。慰謝料を請求する際に、診断書の提出が必要になるため、病院で受診して作成してもらいましょう。

注意点②医師の許可をもらってから通院する

医師と患者が話をしている様子
nci Unsplash

整骨院や接骨院へ通う前に、必ず整形外科の医師に相談をして、許可を得ることが大切です。医師の許可なしで整骨院や接骨院へ通った場合、本当に必要な治療であったのか、保険会社に疑問視されることがあります。

医師の許可があれば、医学的に必要であることが認められやすいです。診断書に「整骨院(または接骨院)との併用が有効」と記入してもらうと、医師が認めた治療であることが証明されて、さらに良いでしょう。

注意点③保険会社へ連絡を入れる

電話をしている保険会社の男性
espartgraphic

整骨院や接骨院へ通院する場合は、保険会社への連絡が必要です。連絡をせずに整骨院や接骨院へ通院すると、保険会社と支払に関して、トラブルを生じる可能性もあります。また、通院する理由も、明確に説明できるとさらに良いです。

同様に、病院を転院する場合でも、保険会社へ連絡をしましょう。治療費や交通費を支払ってもらっているため、無断で整骨院や接骨院へ通院したり、転院しないように注意してください。

注意点④病院へも定期的に通う

病院の医師
voltamax

整骨院や接骨院で施術を受けていても、定期的に病院へ通い、併用することがポイントです。病院の医師が定期的に患者の病状を把握していないと、症状固定の診断を早めにされる可能性があります。

症状固定とは、これ以上治療を続けても回復の見込みがないと、医師が判断した状態のことです。症状固定になれば、保険会社による治療費の支払いも、打ち切りになります。

自分の症状に見合った期間まで、保険会社に治療費を支払ってもらうためにも、病院と併用するのが良いです。

注意点⑤後遺障害診断書は病院で作成してもらう

医師が診断書を確認している様子
cottonbro Pexels

交通事故の怪我が後遺症として残った場合は、後遺障害等級認定を申請して、慰謝料を請求することができます。申請するためには、後遺障害診断書の提出が必要です。

後遺障害診断書は、病院の医師のみが作成できる書類です。そのため、整骨院や接骨院だけで施術を受けている場合は、後遺障害診断書を取得することができません。すなわち、慰謝料の請求も不可能になります。そのような理由からも、整骨院や接骨院と病院の併用が必要です。

出典:後遺障害等級表(国土交通省)

交通事故の慰謝料額の算定基準

基準①自賠責基準

車の置物とお札
ElisaRiva

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法に基づき、車やバイクの所有者に加入が義務付けられています。交通事故の被害者を、救済するための保険です。

自賠責保険による慰謝料の算定基準は、法令で定められており、最低限の慰謝料が補償されます。しかし、他の算定方法と比較すると、慰謝料額が最も低くなるのがデメリットです。

自賠責保険(共済)は、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。

出典: www.mlit.go.jp

出典:自動車損害賠償保障法(e-Gov法令検索)

基準②任意保険基準

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

車の運転手が契約している、任意の自動車保険による算定基準です。各保険会社が定めている算定基準に応じて、慰謝料額が決定します。

また、保険会社が定めた算定基準は、公開されないのが一般的です。そのため、保険会社と交渉するまで、慰謝料額を知ることができません。自賠責基準の慰謝料額より、少し高いくらいが相場になっています。

基準③裁判基準(弁護士基準)

電卓と保険の書類
QuoteInspector.com

裁判基準は、慰謝料額が最も高額になる算定方法です。交通事故の過去の裁判事例と、その慰謝料額などが掲載されている「赤い本」や「青い本」を参考にします。弁護士に依頼することで、裁判基準の算定ができます。

被害者の事故の状況に応じて、適正な金額を請求できることがメリットです。ケースによっては、自賠責保険基準の2倍の慰謝料額で、受け取れる可能性もあります。

整骨院や接骨院の通院でも算定基準は同じ

車の置物と電卓
free pictures of money

通院先が病院でも整骨院などでも、慰謝料の算定基準は同じです。医師の許可を得て治療の一環として認められた場合は、整骨院や接骨院に通院している期間の施術代なども補償されます

保険会社によっては、整骨院や接骨院での施術代の支払いを、渋る可能性もあります。その場合は、弁護士に依頼して、交渉してもらうのも方法の一つです。

交通事故で整骨院や接骨院に通う場合は病院と併用しよう

整骨院で施術を受けている女性
Karolina Grabowska Pexels

交通事故による怪我の治療を整骨院や接骨院で受けても、慰謝料を請求することが可能です。そのためには、交通事故後は、初めに整形外科などの病院で受診をして、診断書を作成してもらいます。

また、必ず医者の許可を取り、整骨院(または接骨院)と病院を併用して通院することも、大切なポイントです。適切な対応をして、整骨院や接骨院に通っても慰謝料を受け取れるようにしましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院できる?治療法の違いや注意点も解説!

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院することができるのか、保険で治療費を請求できるのかなどを、詳しく解説します。また、接骨院(整骨院)と整形外科の治療法の違いや同時通院を医師に相談する必要性、通院先を選ぶポイントなども説明するので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事