むちうちになったら病院へ行くべき理由とは?症状や治療方法を解説

むちうちの症状がある場合に病院に行くべき理由を説明します。すぐには症状が現れないこともあるむちうちの症状ですが、できるだけ早く病院へ行くべき理由を解説!むちうちの症状と治療のために通院する場合の頻度、保険会社と連絡も取る必要について紹介します。

むちうちになったら病院へ行くべき理由とは?症状や治療方法を解説

目次

  1. 交通事故でむちうちになる原因とは?
  2. むちうちになったら病院に行くべき理由
  3. むちうちの症状とは?
  4. 整形外科で行うむちうちの治療方法
  5. 交通事故によるむちうちの治療を病院で受ける際のポイント
  6. むちうちの治療の途中で病院を転院する時の手続き
  7. 病院の治療と併用して整骨院・接骨院に通院したい時に気を付けること
  8. むちうちになったら病院に行くべき理由や治療方法を知っておこう

交通事故が原因で首の痛みや肩の痛みといったむちうちの症状がありますが、むちうちの特徴として、すぐに症状が現れないことがあります。しかし、むちうちは出来るだけ早く病院で治療を受けなければならない病気であることはご存知でしょうか。

この記事ではむちうちになったら病院へ行くべき理由を詳しく解説し、むちうちはどのような症状が現れるのかを病名と共に紹介しています。

この記事を読むことでむちうちになったら病院で治療が必要な理由や、転院する際の注意点などが理解できます。交通事故で補償を受ける場合は転院の手続きが必要なため、これらを怠り補償が受けられなくなるという展開も防げるでしょう。

むちうちは首や肩の痛みだけでなく、全身に大きなダメージを受けている可能性が高い病気でもあります。どのような症状が現れるのか、気になる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

交通事故でむちうちになる原因とは?

むちうちの症状で不調を感じている人

むちうちの正式名称は「外傷性頚椎捻挫」ですが、「頸椎捻挫」とも呼ばれています。交通事故の追突などの衝撃で首に不自然な力が加わることから起こる、首の捻挫のことです。

「頸椎捻挫」の言葉からも、症状は頸椎だけの損傷と考えられがちですが、ダメージは全身にまで及んでいることがほとんどです。関節や靭帯、筋肉も損傷し、脳や脊髄の硬膜までねじれやゆがみが生じている可能性もあります。

むちうちの原因は交通事故による衝撃が多いですが、時にはサッカーやラグビーなどの激しいスポーツによる衝撃で起こる場合もあるようです。

出典・参照:むち打ち症|深澤クリニック

むちうちになったら病院に行くべき理由

むちうちの症状は事故から時間が経過してからの発症も多く、すぐの痛みではないので、病院へ行くべきか悩んでしまう人も多いでしょう。しかしむちうちになったら、まずは病院の整形外科に行きましょう。症状の頻度に関係なく、病院へ行く必要がある理由を説明します。

後になって痛みが出ることがある

むちうちの症状で頭痛が酷い人

交通事故でのむちうちの症状は、事故直後に出ることはまずありません。事故直後はアドレナリンなどが出て興奮状態にあり、痛みを感じにくくなっているからです。

興奮状態が収まり、気持ちが落ち着いたころに痛みを感じることが多々あります。交通事故に遭った時には、時間経過に関係なく病院で診察してもらいましょう。

病院で適切な治療を受けられる

治療中の患者
Ryutaro Tsukata Pexels

交通事故でのむちうちの症状は病院の何科を受診すれば良いのだろう?と悩んでしまうはずです。むちうちの症状のほとんどは、首に不自然な強い力がかかったことで起きる首のねんざ(頸椎捻挫や外傷性頚部症候群)になります

むちうちの症状は外傷となるので、病院では整形外科を選んで受診をするようにしましょう。診察を受けることで適切な治療を受けることができます。

診断書を発行してもらえる

診断書にサインをしている
Edar

時間が経過してしまうと、交通事故との因果関係が分からなくなってしまうことがあります。むちうちの症状だけではない症状も、起きることがあります。診察などを受けない場合、その症状が交通事故と関係しているか判断ができません。

きちんと病院で診断を受けることで、むちうちなどのさまざまな症状が交通事故によって起きたと診断してもらえます。通院頻度を気にする人もいますが、医師の指示通り治療を受けていれば診断書を発行してもらえ、診断書によって慰謝料の請求なども可能です。

転院や併用を相談できる

医師に相談している人

治療を続けてると、思ったように症状が改善しないこともあります。病院だと診療時間が短く通院が難しいという人もいるでしょう。きちんと治療をしたいと考えている場合には、病院を転院することや、整形外科以外での治療をすることもできます

その場合にも、診察を受けていれば相談することもできます。安易な転院や併用をするよりも相談をすることで効果的な治療を受けることが可能です。

むちうちの症状とは?

むちうちの代表的な症状は首や肩周辺の痛み、頭痛、めまいや吐き気などが挙げられますが、損傷した箇所や症状によって、さらに病名を分類できます。

一つずつ確認していきましょう。

脳髄液減少症

頭痛に悩む人
YanethLotero

「脳髄液減少症」とは、事故の衝撃で脳周辺を満たしている脳髄液が漏れてしまうことにより頭痛やめまい、倦怠感などの症状が現れる病気です。

起き上がると激しい頭痛が起こり、横になると軽快する傾向にありますが、絶え間ない頭痛に苦しむことも稀ではありません。

出典・参照:脳脊髄液減少症| 医療法人財団 順和会 山王病院

神経根症状型

肩の痛みに悩む人
duvsbefilmoc

「神経根」は、脊髄からの神経の枝を指します。「神経根症状型」とは、この神経根の障害によって感覚麻痺やしびれ、運動障害などの症状が現れる病気です。

衝撃が加わることで首の骨がずれてしまい、骨の中を通る神経が圧迫されると痛みやしびれなどの様々な症状が起こります。右手や右肩など、主に片側だけに症状が表れるということが「神経根症状型」の特徴です。

出典・参照:神経根症型|東野整形外科医院

出典・参照: 「頚椎症性神経根症」|日本整形外科学会

出典・参照:頚椎症性神経根症の原因・症状・治療法を医師が解説│竹谷内医院

頚椎捻挫型

首の痛み
Karolina Grabowska Pexels

首が強くねじれたり、強い衝撃により頸椎が後ろに伸ばされ、反動で前に曲がる動きをすると、首を固定する筋肉と靭帯が損傷し、頭痛や首から肩にかけての痛みなどの症状が現れます。

これを「頸椎捻挫」といい、一般的にはむち打ち症と呼ばれます。

出典・参照:頸椎捻挫型|木村クリニック

バレー・ルー症候群

めまいを感じる人
Andrea Piacquadio Pexels

首の交感神経と副交感神経の異常により自律神経機能が損傷すると、耳鳴りやめまい、吐き気などの症状が現れます。これを「バレー・ルー症候群」と言い、事故の被害による心因的なストレスの要因も関与する病気です。

一般的なむちうちも症状が現れるまで数日かかることがありますが、「バレー・ルー症候群」はさらに遅いという特徴があります。事故から2~3週間経って異常を感じ始めることが多いため、むちうちになった場合は「バレー・ルー症候群」の症状が出ていないか、しばらく注意しましょう。

出典・参照:バレ・リュー型|東野整形外科医院

脊髄症状型

病院での治療
fernandozhiminaicela

頸椎の脊髄官を通る脊髄が傷つくと、下肢のしびれなどの症状が現れます。これを「脊髄症状型」と言い、むちうちでも重い症状の病気です。

歩行障害や排せつが上手くできなくなってしまう膀胱直腸障害が生じてしまうケースもあります。 

出典・参照:脊髄症状型|木村クリニック

整形外科で行うむちうちの治療方法

整形外科は、さまざまな検査や治療を受けられる医療機関です。どのような治療法があるのか、それぞれ確認していきましょう。

理学療法をする

病院以外に治療を受けている人

一般的に、むちうちの急性期は安静に過ごしますが、急性期を過ぎると物理的刺激を与える理学療法を行い、改善を図ります。

理学療法は物理療法と運動療法に分かれており、物理療法では電気や首の牽引を行うことで、頸椎の固定などが期待できる療法です。運動療法では体を動かすことで、関節の拘縮を防ぐことを目的としています。

どちらも自分の判断では行わず、必ず医師と相談して決めましょう。

出典・参照:むち打ち症|深澤クリニック

薬を処方する

薬の処方
zunsanzunsan

整形外科は医療機関であるため、消炎鎮痛剤などの投薬による治療を受けることができます。事故直後で患部が炎症を起こしていると理学療法は行えません。まずは投薬で痛みを和らげ、炎症を抑えてからリハビリに入ります。

むちうちの治療を整骨院や接骨院で受けることも可能ですが、医師による治療は受けられません。したがって鎮痛剤などの投薬による治療は受けられませんので、薬を処方してもらえることは、整形外科ならではのメリットとも言えるでしょう。

ブロック注射をする

むちうちの治療で注射をする
whitesession

ブロック注射の「ブロック」は、遮断するという意味です。痛みがある神経の近くに麻酔薬を注射することで痛みが伝わる神経経路を遮断し、痛みを和らげる効果があります。

1度の注射では完治しませんので薬物療法と伴わせて複数回実施しなければなりませんが、続けることで血流がよくなり、筋肉のこわばりも和らぎます。

痛みがなかなか取れない人や、薬が効かない人に推奨される治療法です。

出典・参照:神経ブロック|深澤クリニック

出典・参照:神経ブロック療法とは? | 浜町どいクリニック【公式】

交通事故によるむちうちの治療を病院で受ける際のポイント

交通事故でのむちうちの症状を治療する場合、どのようなことが必要になるのでしょうか?ポイントを紹介します。

  • 事故後は早めに病院に行く
  • 治療費を加害者に請求する
  • 通院頻度に気をつける
  • 後遺障害等級認定の申請を相談する
  • 保険会社と連絡をしっかりと取る

事故後は早めに病院に行く

交通事故で壊れた車
HIRAOKA,Yasunobu

事故直後には、むちうちの症状に気がつかないことが多いです。いつもと違う違和感を感じた時は、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

事故からの経過時間が長いほど、病院でも交通事故との因果関係が分からなくなります。加害者に慰謝料請求などをする際に問題が起きることもあるので、早めに病院へ行きましょう。

治療費を加害者に請求する

通院費の請求について相手側の保険会社に電話している

交通事故に遭ってむちうちの治療をしている時は、加害者に病院でかかった治療費を請求することができます。保険会社が病院や治療院などに直接払っている場合が多いですが、立て替えをすることもあります。自分で支払いをする場合には、必ず治療費の請求を行いましょう。

通院頻度に気をつける

むちうちの治療で通院している人
donterase

むちうちの症状で、病院に通院をする人が気をつけてほしいことは「通院頻度」です。むちうちの症状の場合、本来通院しなくてはいけない時期に自己判断で通院を辞めてしまう人もいます。

後から症状が出てくることもあるので、医師から完治や症状固定と診断されるまでは、定期的に通院をしてください。病院へ行く頻度が少ない場合、治療費が打ち切られたり、診断書を受け取ることが出来なかったりすることもあります。

後遺障害等級認定の申請を相談する

後遺障害等級認定の申請をしている人

目に見える症状とは異なり、むちうちの症状は他人には分からない部分が多いです。なかなか完治をしないことで、症状固定と医師から判断をされてしまうことがあります。症状固定とは、病院での継続治療をしても、症状の改善が見込めないと判断された状態を指します。

その場合、症状固定の診断を受けた後の症状(後遺症)に対しての慰謝料を請求することが可能です。後遺障害等級認定を申請し、むちうちの症状の後遺障害等級認定を認定してもらいます。むちうちの症状は認定を受けにくいですが、認定されないわけではありません。

必要書類や申請方法もいくつかあるので、認定されやすいように書類を集めるなどすることが可能です。医師や自分の加入している保険会社に相談をしてみましょう。

経済的な支援はもちろん、精神的な支援も行われていますので、生活するうえで不安に思うことは全て相談することが大切です。

保険会社と連絡をしっかりと取る

保険会社に連絡をする人

むちうちの症状で転院や併用を行う時には、加害者側の保険会社にも連絡をするようにしましょう。報告をしないで勝手に転院や併用をしたことで治療費の支払いや、保険金の支払いを拒否されてしまう可能性があります。

むちうちの症状は完治までに一般的に3~6ヵ月程度必要です。3ヵ月を過ぎると加害者側の保険会社から治療の終了を打診されることもあります。

まだ改善していない、医師から完治や症状固定と診断されていない状態、治療を継続できるので、しっかりと話し合うようにしましょう。医師から症状固定と診断された時も、まだ痛みなどがある場合には、治療継続ができる場合もあるので、きちんと相談してください

むちうちの治療の途中で病院を転院する時の手続き

なんらかの理由で転院をしたいときは、どのような手続きが必要なのでしょうか。ここからは転院する際の手続きを紹介します。

転院することは可能でも、これらの手続きを怠ると補償が受けられなくなる可能性がありますので注意しましょう。

医師に紹介状を作成してもらう

医者
valelopardo

原則として被害者の意向次第で転院は可能ではありますが、加害者の賠償義務である治療費の範囲は「必要かつ相当な」、と限られています。そのため、保険会社が転院理由を認めず、転院後の支払い継続を拒否されることもあり得るのです。

しかし、医師が転院を了承しているとなると、補償してもらえる可能性が高くなります。転院する理由を医師に相談し、できるだけ紹介状を書いてもらうようにしましょう。

出典・参照:今通院している病院から紹介状をできるだけもらう|弁護士法人デイライト法律事務所

保険会社に連絡する

電話で相談
mohamed_hassan

転院する際は必ず保険会社へ連絡を入れましょう。当然ですが、保険会社が転院を知らなければ、治療費の支払いも行われません。

保険会社へ連絡する際は、ただ「転院する」と伝えるのではなく、必ず「必要かつ相当な」転院理由を用意しましょう。例えばより良い治療のために遠方の医療機関へ転院を考えていても、交通費が増えることを理由に支払いを拒否されることがあります。

適切な治療を受ける為にも、転院理由と、その転院を医師も了承している証明になる紹介状を用意して保険会社へ連絡すると良いでしょう。

病院の治療と併用して整骨院・接骨院に通院したい時に気を付けること

 基本的に病院と整骨院や接骨院の併用は問題ありませんが、トラブルに発展することもあるため、併用する際には次の手順を踏まなければなりません。

まず、必ず医師の許可を得てから通院するようにしましょう。後遺症が残ってしまった場合は後遺障害等級認定を申請することができますが、医師に作成を協力してもらわなければなりません。中には整骨院や接骨院の併用を快く思わない医師も存在するため、相談も無しに併用したことで信頼関係が崩れ、作成に協力してくれないなど、不利な状況になることも考えられます。  

そして、 整骨院や接骨院に通院する場合は、必ず保険会社へ連絡しましょう。事後報告や未報告では、整骨院と接骨院での治療費は認めてもらえない場合もあります。治療費の打ち切りを迫られるケースもあるため、保険会社へは速やかに連絡することが大切です。  

もし医師から転院を認められなかった場合は、弁護士に依頼するという選択肢もあります。交通事故に強い弁護士は、その経験値から医師とコミュニケーションを図り、適切な手続きを取ることが可能です。医師の対応に不安を感じた場合は、弁護士に相談することも視野に入れると良いでしょう。

出典・参照:障害が残ったときは? |国土交通省

むちうちになったら病院に行くべき理由や治療方法を知っておこう

病院へ医師に診察を受ける人

むちうちはすぐに痛みを感じないことがあるため、事故直後は軽傷と判断してしまう場合があります。しかし、むちうちを放置すると症状が長年改善されず、日常生活に支障をきたしてしまうこともあるのです。

完治させるためにも、速やかに医療機関で検査を受け、適切な治療を受けることが大切です。その際は忘れずに保険会社にも連絡し、治療費を補償してもらえるように相談しましょう。

お急ぎの方も安心!24時間365日対応

0120-013-780 完全無料

【営業時間】 平日 10:00〜21:00 土日 10:00〜19:00

ドクター交通事故運営

この記事のライター

ドクター交通事故運営

交通事故の痛みの緩和に最適な通院先をご紹介!業界最高水準の通院サポートをご提供します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちで自然治癒する場合とは?起こりうる症状や治療法も解説

むちうちによる症状は自然治癒が可能なのか気になる人もいるでしょう。この記事では、むちうちの症状や治療法、治癒までに要する期間の目安、自然に症状が改善する可能性などについて紹介します。首の痛みといったむちうちの症状に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

むちうちの症状にはどういったものがある?治療方法もあわせて紹介

むちうちの症状と治療方法についてまとめています。むちうち症状を引き起こす傷病の種類や、急性期と慢性期における治療方法の違いについても紹介しています。交通事故や転落などむちうちが疑われる出来事を経験したり、現在症状に悩んでいたりする人は、参考にしてみてください。

むちうちを早く治すには?セルフケアや治療の方法を紹介

交通事故で負ったむちうちの症状に悩んでいる方はいませんか。この記事では、むちうちの早期回復を目指すための方法を中心に、症状の種類や治療期間の目安、通院先などについて紹介していきます。 むちうちの症状を緩和したい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

むちうちになったら整形外科に行くべき?整骨院・接骨院との違いも解説

むちうちになった時、整形外科の他に整骨院や接骨院という選択肢もありますが、その違いをご存じでしょうか。この記事では、整形外科と整骨院などの違い、整形外科での治療法や整骨院などに通院する際の注意点について解説しています。むちうちになった方は、ぜひご確認ください。

軽い症状のむちうちの有効な治し方とは|治療法や費用などについて解説

むちうちになった時の有効な治し方をご存じでしょうか。今回の記事ではむちうちの治療法やむちうちを疑われた時の対処法、むちうちにならないための予防法などについて紹介しています。むちうちになった方、むちうちを予防したい方はぜひご覧になってみてください。

むちうちの通院期間の目安は?治療法や慰謝料の相場・注意点も解説

むちうちになったとき、どの位の頻度でどの位の期間通院すればよいのかご存じでしょうか。むちうちの症状から通院先について、慰謝料とそれ以外に請求できる賠償金の情報などもまとめています。もし交通事故にあってむちうちになったら、こちらの記事を参考にしてみてください。

むちうちでの入院で請求できる損害賠償|慰謝料の相場もあわせて紹介

むちうちで入院しても賠償金はもらえるかを解説します。事故によるむちうちで入院が必要なケースや、保険会社からもらえる賠償金の種類も説明!後遺障害が残った場合の等級認定の申請方法や、慰謝料の相場もまとめているため、参考にしてください。

むちうちの原因はレントゲンでわかる?症状や他の検査についても解説

むちうちの症状が出た時に、レントゲンで異常が見つからなかった経験はありませんか。この記事では、むちうちの症状やレントゲン以外の検査の種類、病院の選び方から、留意点について説明しています。正しい知識を習得し理解を深めて、適切な対応ができるようになりましょう。

むちうちの診断書の重要性とは?作成ポイントや後遺障害診断書も解説

むちうちの診断書の提出先や注意点をまとめています。治療期間などむちうちの診断書に記入する内容や、作成費用も説明します。また、症状固定と診断された際に後遺障害診断書を作成してもらえない場合、その対処法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

むちうちの症状と請求できる費用|打ち切りや後遺症があるときは?

むちうちになる原因や症状、むちうちになったときに請求できる費用についてまとめました。治療費が打ち切られる場合があるならどういうケースなのか、その対処法や後遺症になったときの対応についても解説しています。むちうちになったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

むちうちの人気記事

よく読まれている記事