むちうちでしびれが出た時の対処法|後遺症が残った場合にできること

むちうちでしびれが出た場合、どう対処したら良いのかわからない方もいると思います。この記事ではむちうちでしびれが起きる原因、そしてその対処法について、治療方法や治療期間、後遺症が残った場合の対応についても解説しているので、困っている方は参考にしてください。

むちうちでしびれが出た時の対処法|後遺症が残った場合にできること

目次

  1. 交通事故によりむちうちの症状が出る原因
  2. むちうちでしびれや痛みが出たときの通院先
  3. むちうちの主な治療法
  4. むちうちでしびれの後遺症が残った場合
  5. 事故後のしびれで後遺障害等級認定を申請する際に大切なこと
  6. しびれによる後遺障害等級手続きを専門家へ依頼するメリット
  7. むちうちによるしびれがある時はしっかり通院しよう

「なんだか最近、元気ないね。どこか悪いの?」

「実は手がしびれることがあって。前やった事故のせいかな」

しびれなど、むち打ちの症状は外から見えない分、他人から理解してもらえず辛い思いをすることもあるでしょう。何年もかけて自分に合う治療法を探している方もいるかもしれません。

この記事では、交通事故にあったことが原因で、むちうちの症状の一つであるしびれが出た場合、どのように対処するのが良いのか、またその場合の通院先や治療法、後遺症でしびれが残った場合の手続きはどのようにすればよいかなどに触れ、その解決策がわかるようになります。

むちうちにより起きるしびれに対する向き合い方について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

交通事故によりむちうちの症状が出る原因

むちうちの症状の後遺症がある人

交通事故にあった場合、自動車が追突されたり、衝突したり、急停車するという動きによって起きる衝撃で、人の身体は前後に大きくむちに打たれたように揺さぶられることになります。その時、特に頸部(首)が過度に伸ばされたり縮んだりして損傷してしまうことを「むちうち(症)」と呼びます。

「むちうち(症)」とは正式な傷病名ではなく、 「外傷性頚部症候群」「頚椎捻挫」「頚部挫傷」などの通称になります。

むちうちの症状として代表的なのは、しびれ・頭痛・首や肩の痛み・吐き気・耳鳴り・めまい・精神不安定などになります。

ではなぜ、首を損傷するとむちうちの症状が出るのでしょうか。出る症状により、その原因は異なります。


むちうちの70%を占めるといわれる「頸椎捻挫型」の場合、出る症状は頭痛や首・肩の痛み、首が動かしにくいなどになります。原因は、首が捻挫しており、周りの筋肉や靭帯が損傷していることになります。


出典・参照:むちうち(頸椎捻挫) | 腰痛の専門医による安心アドバイス | あいちせぼね病院

タイプ

症状

原因

頸椎捻挫

頭痛・首、肩の痛み・

首が動かしにくい

頸部の筋肉、靭帯の損傷

神経根損傷

首の痛み・肩から腕の痛み・

しびれ・力が入らない

脊髄から出ている神経の損傷

脊髄損傷

腕・足の痛みやしびれ

頚椎内の脊髄・神経の損傷

バレー・リュー症候群

頭痛・めまい・吐き気・

耳鳴り・難聴

自律神経の損傷

脳脊髄液減少

頭痛・めまい・耳鳴り・倦怠感

脳脊髄液(髄液)の漏れ

むちうちの症状が後から出る場合もある

むちうち痛み
Counselling

むちうちの症状は、人によって差がありますが事故にあった当日ではなく、何日か経ってから感じはじめることが多いようです。特に事故後2週間前後あたりまでは出やすい状態と言えます。

その理由は、人間の身体の仕組みにあります。事故直後といういわば特殊な状態は、人間の身体に非常にストレスとなり、極度の緊張をもたらします。このような状態には、身体は交感神経が優位となり、アドレナリンという物質が血中に放出され、興奮状態にして痛みを感じにくくしているからであるとされています。

そして、事故後何日か経って落ち着いてきた頃、痛みを感じ始めると言われています。

事故当日に、何も痛みを感じないからといって病院の診察を受けないのはおすすめできません。たとえ痛みがなく、目立った外傷がない場合でも身体の内部でどこか損傷をしている場合があるからです。

また、後日時間が経ってから症状が出た場合、事故との因果関係を証明することが難しくなります。こうした理由から、自覚症状がなくても病院(整形外科)の診察を受ける必要があります。

出典・参照:むちうちは事故から数日後に痛みが出る!?時間差で発症した場合の対処法 | 交通事故弁護士ナビ

むちうちで出やすい症状

むち打ち症状
Peggy_Marco

むちうちになった場合に出やすいとされる症状には、 首回りや頭部、腕の痛み、しびれ、麻痺、首や肩の凝り、耳鳴り、めまい、倦怠感、吐き気などがあります。

人によって精神的に不安定になったり、目がかすんだりといった症状が出ることもあります。

出典・参照:首の痛み(鞭打ち)|医療法人社団 幸祥会

むちうちでしびれや痛みが出たときの通院先

では、むちうちになってしまい、首や腕などにしびれや痛みが出た場合、医療機関はどこを受診すればよいのでしょうか。

まず、事故にあったら基本的に症状がなくても整形外科を受診しましょう。

症状がある場合は、むちうち症という診断を病院でしてもらいます。

もし整形外科での治療だけでは調子が芳しくない、という場合には並行して整骨院や接骨院での治療も行ってみましょう。

整形外科

整形外科しびれ
jarmoluk

整形外科ではレントゲンやCT、MRIといったもので画像診断、検査を行います。

レントゲン検査は、骨折や脱臼を見つけるためのものであり、症状が比較的軽い場合は行われないこともあります。CTは、レントゲンで発見できない骨折、脱臼を見つけるために行われ、MRIは、靭帯や神経に損傷が無いか確認するもので、しびれなどがある場合に用いられます。

整形外科では、一般的に痛み止めの薬や湿布が出されることが多いです。首の痛みが強く動かせないという人は、コルセットをして首を固定することもあります。その後リハビリとして、理学療法士や作業療法士が指導するストレッチや首の筋力トレーニングなどを行います。

出典・参照:整形外科とは|日本整形外科学会 医学生・研修医の方へ

整骨院や接骨院

むちうち接骨院
whitesession

整骨院や接骨院で受けられるのは、マッサージを中心とした治療です。病院ではないため、診断や検査、投薬などはしてもらえません。

具体的には、電気をあてたり、マッサージやストレッチ、手技による矯正などの施術によって不調を取り除いていくというものになります。

整形外科に通っているが、長い間楽にならないという人は、整骨院・接骨院での治療も併せて考えましょう。

むちうちの主な治療法

整形外科をはじめとする病院で行われる治療法としては、発症後すぐの期間は炎症が起こっている可能性が高いため、痛み止めを飲む、湿布をする、ブロック注射といった薬物療法がとられます。場合によってはコルセット(頚椎カラー)で固定することもありますが、長期間はめたままにすることはありません。長い間固定すると、筋肉が凝り固まってしまい、逆に良くなるまでに時間がかかってしまうことがあるからです。

首を動かさない期間が長いと、症状を長期化させることが報告されており、医師の指示に従って無理のない範囲で日常生活を行うのがよいとされています。

症状によっては電気治療などの方法がとられることもあります。

しばらくしたら、理学療法士や作業療法士の指導のもと、リハビリテーションとしてストレッチなどをしていきます。電気治療やストレッチは理学療法です。

整骨院・接骨院で行われるのは電気治療、ストレッチ、マッサージ、矯正などの方法です。

また鍼灸院では鍼治療を行います。

出典・参照:「外傷性頚部症候群」|公益社団法人 日本整形外科学会

むちうちの治療期間

むち打ち治療
mohamed_hassan

むちうちの治療期間は平均2か月前後であり、70%が3か月ほど、少数の人が6か月以上かかる長期治療となると言われています。

軽いむちうちであれば、1か月程度で通院しなくてもよくなることもあります。軽い場合でも、自分の判断でもう痛みがないからといって通院を勝手に止めてしまうのは危険です。後でまた症状が出ることがあるため、通院を終了するのはあくまでも医師の判断を仰いでからにしましょう。

整形外科と整骨院・接骨院を併用して通院する際の注意点

むちうちの後遺症で肩こりがひどい

むちうちと診断された場合、整形外科と整骨院・接骨院を併用して通院することは可能です。前述したように、整形外科と整骨院・接骨院ではその役割が違うものとなります。整形外科の治療でできない部分を、整骨院・接骨院でできることで補い、ケアしていくという流れです。

その際、注意すべきなのは「手順を守る」ということです。

はじめに整形外科を受診し、医師に整骨院・接骨院に通院することについての許可をもらいます。その後、相手保険会社に連絡してから整骨院・接骨院への通院を開始する、という手順になります。

この手順を守らないと、のちに治療費の請求で余計なトラブルに発展する可能性があります。例えば、許可をもらわずに勝手に整骨院・接骨院へ通院をすると、保険会社が治療費を出してくれないといったことになりかねません。

また、整骨院・接骨院への通院を始めると、整形外科への通院を止めてしまう人がいますが、整形外科への通院も続けましょう。ケガの具合を把握してもらう必要がありますし、のちに後遺症が出た場合に後遺障害診断書を作成してもらうことができなくなるなどの弊害があります。

むちうちでしびれの後遺症が残った場合

むちうちの診断を受け整形外科や整骨院・接骨院への通院をしたものの、手や肩にしびれの症状が出ておさまらないという後遺症が残った場合、どのようにするべきでしょうか。

後遺症が残ってしまったとき、基本的に6か月以上入院・通院している場合「後遺障害認定」の申請を行います申請が認定されれば後遺障害等級の認定を受けることができ、新たに加害者側に請求ができることになります。

出典・参照:後遺障害認定における「症状固定」の重要性とは|後遺障害等級認定NAVI | 弁護士法人 みお綜合法律事務所

医師に診断書を発行してもらう

全治2週間ほどのむちうち
nastya_gepp

交通事故のケガの中では軽傷であるとされるむちうちですが、交通事故の後遺障害等級の認定が受けられる可能性があります。

申請をする順序は、1.症状固定の診断2.診断書の作成3.申請4.申請が認定される5.等級の認定です。

「症状固定」とは、これ以上治療を続けても症状が改善する見込みがない状態と医師が診断することです。診断を受けたら、後遺障害の申請準備をします。

その申請をする際に、医師が作成する「後遺障害診断書」の提出が必要となります。

「後遺障害診断書」は、正式には「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」という、医師が後遺障害の内容(検査結果や残る症状、自覚症状、今後の見込みなど)について作成する診断書です。 交通事故によって残った後遺障害の認定をしてもらうために必要となる書類で、医師のみが作成できます。

「後遺障害診断書」の書式は、自賠責保険の会社に請求します。インターネット上でダウンロードすることも可能です。

出典・参照:後遺障害認定における「症状固定」の重要性とは|後遺障害等級認定NAVI | 弁護士法人 みお綜合法律事務所

後遺障害等級認定を申請する

交通事故
Pixel-mixer

後遺障害診断書を医師に作成してもらう際、医師任せにせず内容を確認するようにしましょう。

それは、書かれている内容によって認定されにくくなったり、等級が下がったりする可能性があるからです。全ての医師が後遺障害診断書の作成に精通しているわけではないので、慎重にチェックをしましょう。できれば交通事故に詳しい弁護士など、専門家の目を通してもらうと安心です。

作成が完了したら、後遺障害認定の申請を行います。この後詳しく説明しますが、「加害者請求(事前認定)」の場合は後遺障害診断書のみを加害者側の任意保険会社へ、「被害者請求」の場合は後遺障害診断書と必要書類を揃え、加害者側の自賠責保険会社へ提出します。

むちうちの場合、認定される等級は14級9号となることが多いですが、場合によっては12級13号の認定となることもあります。

出典・参照:障害等級表 | 厚生労働省

加害者請求の方法

交通事故保険
Tumisu

加害者請求(事前認定)とは、加害者側の任意保険会社へ後遺障害診断書を送付し、手続きをしてもらう方法です。後遺障害診断書を送るのみで、後は結果を待ちます。

被害者側の手間はほとんどかからない点がメリットです。しかし、手軽である分、保険会社がどのような手続きをとるのか見えないことや、被害者側が有利になるように提出書類を工夫することができないため適切な等級認定がされない場合があるのがデメリットです。

適切な等級認定が受けられないと、慰謝料などの金額が下がってしまうことになります。

出典・参照:後遺障害の被害者請求とは?請求のポイントと必要書類など | ヨネツボ行政書士法人

被害者請求の方法

むちうちの治療を行う人
Karolina Grabowska Pexels

対して「被害者請求」は、被害者自身で加害者側の自賠責保険会社に対して直接申請をする方法です。

被害者請求を行う際は、必要な書類や資料をすべて集め送付しなくてはなりません。

その後、加害者側の自賠責保険会社を介して審査を受けることになります。提出後もやり取りが発生する可能性があります。

このように非常に手間がかかる被害者請求ですが、メリットは自身にとって有利に働く書類、資料を用意できるという点です。

適切な等級認定を受けたいのであれば、被害者請求を選択しましょう。

出典・参照:後遺障害の被害者請求とは?請求のポイントと必要書類など | ヨネツボ行政書士法人

事故後のしびれで後遺障害等級認定を申請する際に大切なこと

交通事故後にしびれの症状が残り、後遺障害等級認定を申請する際、特に大切にしたいのは医師に「むちうちでどういう症状が出ているのか」を明確に伝えること、早めに検査を受け、しびれの原因を探ることの2つです。

受診時にむちうちの症状を明確に伝える

むちうち症状
ckstockphoto

後遺障害診断書に書かれた内容によっては後遺障害等級の認定を受けられなかったり、等級を低くされたりすることがあるため、注意しなければなりません。

効果的な診断書を医師に書いてもらうには、患者が感じている「自覚症状」を詳細に、そして正確に伝える必要があります。診断書には「自覚症状」を記入する欄があり、ここは被害者自身で内容を工夫できる部分であるからです。

普段の受診時から詳しく医師に症状を伝えるように心がけるのはもちろん、具体的に、どんな症状で、それが原因で日常生活にどんな不便があるのか、何ができないのかということを書いて、医師に見てもらうのが良い方法です。

早めに検査を受けしびれの原因を探る

むちうち検査
mohamed_hassan

交通事故にあって、整形外科を受診するときには検査を受けます。この検査は状態を把握して、治療方針を決めるために行われます。後遺障害等級認定の申請をする場合、後遺症を証明するために、さらに別の検査が必要な場合があります。

むちうちの場合、追加で「神経学的検査」などを受けると、結果によっては認定に有利になることがあります。適切な等級認定を受けるには、しびれの原因を探る検査を早めに受け、その結果を後遺障害診断書に記載してもらいましょう。

しびれによる後遺障害等級手続きを専門家へ依頼するメリット

しびれによる後遺障害等級認定を受けるには、被害者自身にとって有利となるよう書類を作成したり、保険会社とのやり取りをしたりとなど、不慣れである場合は不明なことも多くあり、どこからどう手をつけたらいいのかわからない状況になりがちです。そんな時は、専門家である弁護士の手を借りましょう。

弁護士へ依頼するメリットには、「的確なアドバイスがもらえる」、「後遺障害等級申請を任せられる」、「慰謝料に関する相談や請求も依頼できる」の3つがあります。

的確なアドバイスがもらえる

むちうち等級認定相談
advogadoaguilar

弁護士は法律の専門家です。後遺障害等級認定を申請するという行為は、法律にのっとって行われる手続きであり、専門家であれば当然その事柄について知識が豊富なため、的確なアドバイスが受けられます。

後期障害等級認定については、医学の専門家である医師よりも、弁護士の方が詳しいのです。

まずは、各弁護士事務所が設けている無料相談などを利用して相談してみましょう。

後遺障害等級の申請を任せられる

交通事故むちうち相談
Joergelman

適切な等級認定を受けたいのであれば、被害者請求の手続きをとるようにしたいですが、前述したとおり、書類の作成や資料集めは非常に手間と時間が取られるものであり、大変です。

弁護士に依頼すれば、こういった手続きの一切を任せられるため、自身の負担が大いに減ります。さらに、申請までの時間が大幅に短縮できます。

また、交通事故に強い弁護士ならば、認定される可能性も上がります。適切な認定を受け、慰謝料・賠償金を受け取るためにも、専門家である弁護士の力を借りましょう。

慰謝料に関する相談や請求も依頼できる

むちうち後遺症相談
succo

交通事故で後遺症が残った場合、被害者は加害者との示談交渉もしなくてはなりません。しかし、ほとんどの場合加害者側の任意保険会社は相場より低い金額を提示してきます。

被害者自身が交渉を行っても増額に応じることはほとんどありませんが、弁護士が入る場合、保険会社は裁判になることを警戒し、態度を軟化させるため慰謝料および損害賠償金の大幅な増額を見込める可能性が大きくなります。

むちうちによるしびれがある時はしっかり通院しよう

むちうち良くなる
alfcermed

むちうちの症状でしびれが出た場合の対処法、後遺症としてしびれが残ったときどうすれば良いのかについて解説しました。事故にあったら、症状のあるなしに関わらず、まず病院(整形外科)を受診し、検査を受けることが大切です。

むちうちという診断が出たら、病院では痛み止めや注射、湿布などによる治療を受けます。必要があれば整骨院・接骨院への通院を併せて行います。症状が落ち着いてきたからといって、自分の判断で通院を止めてしまうことがないようにしましょう。

しびれの後遺症が残った場合、後遺障害等級認定の申請が必要になります。適切な等級認定を受けるためにも、しっかりと通院し定期的、継続的に治療をすることが大事です。

ドクター交通事故運営

この記事のライター

ドクター交通事故運営

交通事故の痛みの緩和に最適な通院先をご紹介!業界最高水準の通院サポートをご提供します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちで自然治癒する場合とは?起こりうる症状や治療法も解説

むちうちによる症状は自然治癒が可能なのか気になる人もいるでしょう。この記事では、むちうちの症状や治療法、治癒までに要する期間の目安、自然に症状が改善する可能性などについて紹介します。首の痛みといったむちうちの症状に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

むちうちの症状にはどういったものがある?治療方法もあわせて紹介

むちうちの症状と治療方法についてまとめています。むちうち症状を引き起こす傷病の種類や、急性期と慢性期における治療方法の違いについても紹介しています。交通事故や転落などむちうちが疑われる出来事を経験したり、現在症状に悩んでいたりする人は、参考にしてみてください。

むちうちを早く治すには?セルフケアや治療の方法を紹介

交通事故で負ったむちうちの症状に悩んでいる方はいませんか。この記事では、むちうちの早期回復を目指すための方法を中心に、症状の種類や治療期間の目安、通院先などについて紹介していきます。 むちうちの症状を緩和したい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

むちうちになったら整形外科に行くべき?整骨院・接骨院との違いも解説

むちうちになった時、整形外科の他に整骨院や接骨院という選択肢もありますが、その違いをご存じでしょうか。この記事では、整形外科と整骨院などの違い、整形外科での治療法や整骨院などに通院する際の注意点について解説しています。むちうちになった方は、ぜひご確認ください。

軽い症状のむちうちの有効な治し方とは|治療法や費用などについて解説

むちうちになった時の有効な治し方をご存じでしょうか。今回の記事ではむちうちの治療法やむちうちを疑われた時の対処法、むちうちにならないための予防法などについて紹介しています。むちうちになった方、むちうちを予防したい方はぜひご覧になってみてください。

むちうちの通院期間の目安は?治療法や慰謝料の相場・注意点も解説

むちうちになったとき、どの位の頻度でどの位の期間通院すればよいのかご存じでしょうか。むちうちの症状から通院先について、慰謝料とそれ以外に請求できる賠償金の情報などもまとめています。もし交通事故にあってむちうちになったら、こちらの記事を参考にしてみてください。

むちうちでの入院で請求できる損害賠償|慰謝料の相場もあわせて紹介

むちうちで入院しても賠償金はもらえるかを解説します。事故によるむちうちで入院が必要なケースや、保険会社からもらえる賠償金の種類も説明!後遺障害が残った場合の等級認定の申請方法や、慰謝料の相場もまとめているため、参考にしてください。

むちうちの原因はレントゲンでわかる?症状や他の検査についても解説

むちうちの症状が出た時に、レントゲンで異常が見つからなかった経験はありませんか。この記事では、むちうちの症状やレントゲン以外の検査の種類、病院の選び方から、留意点について説明しています。正しい知識を習得し理解を深めて、適切な対応ができるようになりましょう。

むちうちの診断書の重要性とは?作成ポイントや後遺障害診断書も解説

むちうちの診断書の提出先や注意点をまとめています。治療期間などむちうちの診断書に記入する内容や、作成費用も説明します。また、症状固定と診断された際に後遺障害診断書を作成してもらえない場合、その対処法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

むちうちの症状と請求できる費用|打ち切りや後遺症があるときは?

むちうちになる原因や症状、むちうちになったときに請求できる費用についてまとめました。治療費が打ち切られる場合があるならどういうケースなのか、その対処法や後遺症になったときの対応についても解説しています。むちうちになったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

むちうちの人気記事

よく読まれている記事