むちうちの治療について知ろう!注意点も解説

むちうちの治療をどこでするべきかについて解説します。交通事故などが原因で発症する、むちうちの検査内容や注意点を紹介。痛みや手のしびれなどの症状がある際に、どのような治療を受ければいいのか参考にしてください。また、通院に関する重要ポイントも確認しましょう。

むちうちの治療について知ろう!注意点も解説

目次

  1. むちうちの通院先と治療内容を知っておこう
  2. むちうちの症状
  3. むちうちはどこで治療を受けるべき?
  4. むちうちの治療を受けるときの注意点
  5. むちうちはまず整形外科で治療を受けよう

むちうちの通院先と治療内容を知っておこう

レントゲンを確認する医師
EVG Kowalievska Pexels

追突事故などが原因で発症するむちうちですが、具体的にどのような治療を行うのでしょうか?首や手のしびれなどが症状として現れ、時には後遺症が残るのがむちうちの怖いところです。

むちうちの症状や通院先、検査や治療内容について解説します。むちうちを軽いけがだと考えずに、治療の重要性を確認してください。そして、適切な治療を受けて、少しでも早く痛みから解放されましょう。

むちうちの症状

むちうちに見られる症状

むちうちの治療を受ける女性
Karolina Grabowska Pexels

むちうちの主な症状は、首の痛み、肩こり、手のしびれなどがあります。また、頭痛やめまいなどの症状もあり、不眠やうつ状態に陥る人もいるのです。

交通事故によって、首に大きな衝撃が加わるとむちうちを発症します。また、むちうちだけでなく、背中や腰に大きな衝撃が加わると椎間板ヘルニアになることもあるので気をつけましょう。

むちうちには急性期と慢性期がある

病室のベッド
1662222

むちうちは急性期や慢性期で、症状や治療が異なってきます。急性期は身体組織の損傷によって痛みが生じ、慢性期では組織損傷修復後にも残る痛みです。むちうちを発症後、治療期間が3ヶ月ほど経っても痛みが出る場合は慢性期症状に該当します

また、急性期は安静にすることが重要ですが、医師の許可が出たら、軽く身体を動かして筋肉が固まり過ぎるのを防ぎましょう。通院時に自分の症状を明確に伝え、医師のアドバイスを受けながら治療を進めてください。

むちうちはどこで治療を受けるべき?

交通事故によるむちうちはまず整形外科へ行く

カルテを確認する医師
ckstockphoto

交通事故に遭ったら、すぐに病院の整形外科で検査を受けてください。交通事故直後に痛みが無くても、その後にむちうちの症状が現れることがあります。事故直後に検査を受けることで、正確な情報を得られ、適切な治療を行えるのです

むちうちの検査の内容

病院に設置されたMRI
Bokskapet

病院で受けられるむちうちの検査は、レントゲン撮影、CT検査、MRI検査です。むちうちは外からでは原因が分かりにくい怪我であり、MRI検査などによって神経や脊髄の損傷を調査することが重要です

こういった検査は病院でしかできないので、最初は整骨院や接骨院ではなく、必ず病院に通院するようにしましょう。また、頭痛や手のしびれなどがある場合は、そのことを伝えて検査してもらってください。

むちうちの治療の内容

手術をする医者
sasint

むちうちの治療として病院で行われるのは、投薬、ブロック注射、理学療法などです。投薬やブロック注射などは、病院の医師しか行えず、整骨院や接骨院ではできません。また、同様に手術も病院で行う医療行為です。

医師に相談して整骨院や接骨院で施術を受けることも可能

マッサージを受ける女性
Yan Krukov Pexels

さきほどの投薬や注射などは行なえませんが、ストレッチや筋力トレーニングなどは整骨院や接骨院でも受けることが出来ます。病院の通院以外の選択肢として検討しましょう。

ただし、病院以外に通院する場合は、医師の許可をもらいましょう。病院以外に整骨院(接骨院)に行きたいことを相談してください。また、その場合も定期的に病院で診察を受けましょう。同時に保険会社にもその旨を伝えて、病院と整骨院(接骨院)を併用していることを伝えてください。

最初から整骨院や接骨院に通ってしまうと、むちうちの正確な症状が把握できず、治療がうまくいかないことがあります。また、慰謝料などの請求は病院に通院しているかどうかが重要な要素です。そのため、むちうちの治療はまず病院で受けましょう。

むちうちの治療を受けるときの注意点

注意点①症状を医師に正確に伝える

聴診器を下げた医師
orzalaga

むちうちの治療を受けるときの注意点を確認してください。交通事故に遭ったら病院に行き、自分の症状を正確に伝えてください。首だけでなく、手のしびれや頭痛などの症状がある場合、重要な情報になります

その後、時間経過や治療によって、むちうちの症状が変化した場合も医師に相談しましょう。いつ頃から、どのように変化したのかを伝えてください。急性期から慢性期への変化が起きていることが考えられ、治療内容もそれに合わせて調整することになるのです。

注意点②定期的な治療を継続する

病院の受付
mdominguezfoto Unsplash

むちうちの治療では、定期的な通院が非常に重要です。症状を改善するためだけでなく、定期的な通院記録が残ることで、慰謝料などの申請に役立ちます。また、保険会社による治療費が打ち切られるのを防ぐことにつながるのです。

近年、治療費の不正請求が頻発しており、保険会社も厳しく審査するようになっています。その弊害で、治療を本当に必要としている人が打ち切られる事例も起きているのです。

そのときに、定期的に治療を継続していることが証明できれば、打ち切りを防げます。交通事故直後に病院に行かなかったり、頻度がばらばらな場合、交通事故とむちうちの因果関係を証明できないとして、打ち切られるので注意しましょう。

注意点③神経学的検査を受ける方法もある

治療を受ける人
olga_kononenko Unsplash

どの治療法が自分に最適化はわかりません。そのため、さまざまな検査や治療を試すことがおすすめです。たとえば、むちうちのように外から見て分かりにくい怪我は、神経学的検査を受けても良いでしょう。

神経学的検査は、神経症状に対して検査を行い、症状を確認することができます。神経学的検査はジャクソンテスト、スパーリングテスト、ジョルダーデプレッションテストなどがあります。首や肩を動かして、その痛みや反応を確認する検査です。

検査結果は主観的なものであり、客観性が必ずしも認められるとは限りません。しかし、自身のむちうちの症状を確認するために、こういった方法も検討しましょう。

むちうちはまず整形外科で治療を受けよう

マスクをした医者
bermixstudio Unsplash

むちうちの治療はどこですべきかについて解説しました。むちうちは、交通事故に遭ったら、すぐに病院の整形外科で検査を受けましょう。病院では、投薬やブロック注射による治療が行われ、早ければ数週間、長い場合は3ヶ月から半年ほどで症状が改善されます。

大切なことは病院にしっかりと定期的に通院し、医師のアドバイスを受けながら治療を続けることです。自分で判断せず、最後までしっかりと治療を受けましょう。

GGMediaライター

この記事のライター

GGMediaライター

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちの通院期間の目安は?治療法や慰謝料の相場・注意点も解説

むちうちになったとき、どの位の頻度でどの位の期間通院すればよいのかご存じでしょうか。むちうちの症状から通院先について、慰謝料とそれ以外に請求できる賠償金の情報などもまとめています。もし交通事故にあってむちうちになったら、こちらの記事を参考にしてみてください。

むちうちで入院しても賠償金はもらえる?慰謝料の相場も紹介!

むちうちで入院しても賠償金はもらえるかを解説します。事故によるむちうちで入院が必要なケースや、保険会社からもらえる賠償金の種類も説明!後遺障害が残った場合の等級認定の申請方法や、慰謝料の相場もまとめているため、参考にしてください。

むちうちの原因はレントゲンでわかる?症状や他の検査についても解説

むちうちはレントゲン検査で異常なしと診断できるのか、詳しく解説します。むちうちの原因や、レントゲン以外の後遺障害等級申請に必要な検査もまとめています。むちうちでMRIやスパーリングテストが必要な理由と注意点も解説しているため、参考にしてください

むちうちの診断書の重要性とは?作成ポイントや後遺障害診断書も解説

むちうちの診断書の提出先や注意点をまとめています。治療期間などむちうちの診断書に記入する内容や、作成費用も説明します。また、症状固定と診断された際に後遺障害診断書を作成してもらえない場合、その対処法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

むちうちの症状と請求できる費用|打ち切りや後遺症があるときは?

むちうちになる原因や症状、むちうちになったときに請求できる費用についてまとめました。治療費が打ち切られる場合があるならどういうケースなのか、その対処法や後遺症になったときの対応についても解説しています。むちうちになったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

交通事故でむちうちになったらどうする?後遺症の対処法も解説

交通事故でむちうちになった場合の対処法について詳しく解説しています。むちうちになった際の治療法や賠償金、治療費を打ち切られそうになった場合の対処法についてもまとめています。むちうちでお困りの方に役立つ情報を詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

むちうちの慰謝料の計算方法を解説!後遺障害になったときの相場も

交通事故でむちうちになった際の慰謝料の相場や計算方法について解説します。自賠責基準や弁護士基準の計算方法についても紹介。交通事故に遭い、むちうちにより後遺障害が残った場合の慰謝料や、通院する際の注意点などについても知ることができます。

転倒でむちうちになる?原因や対処法・医療機関受診の目安も紹介

スポーツ中の転倒など、交通事故以外でもむちうちを発症することをご存じでしょうか。この記事では、転倒中に起こるむちうちの原因や症状、自宅でできる対処法などについて紹介しています。「むちうちなのでは?」と感じる症状がある方は、ぜひ参考にしてください。

頚椎捻挫の症状や原因は?治療期間や予防方法についても解説!

頚椎捻挫の原因やどのような症状が現れるのか詳しくまとめました。ストレッチやリハビリテーションなど、治療方法の内容も解説。治療期間や予防方法といった情報も紹介しているため、頚椎捻挫に関して知りたい方はぜひ参考にしてください。

むちうちの後遺障害認定確率は?低い理由と対処法について解説

むちうち症状の後遺障害認定の確率は低いことをご存じでしょうか。この記事では後遺障害認定確率が低い原因や認定確率を上げる方法、認定されなかった場合の対処法についてまとめています。むちうちが後遺症になりそうな方、なっている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください

むちうちの人気記事

よく読まれている記事