交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

目次

  1. 交通事故の治療費打ち切り後に通院する方法を解説!
  2. 交通事故の治療費打ち切りには目安がある
  3. 交通事故の治療費打ち切り後も通院を継続するべき理由
  4. 交通事故の治療費打ち切りで自費通院を回避する方法
  5. 交通事故の治療費打ち切り理由が症状固定の場合は?
  6. 交通事故の治療費打ち切り後も通院は継続した方が良い

交通事故の治療費打ち切り後に通院する方法を解説!

交通事故を起こし、保険会社に電話する男性

この記事は、交通事故の治療費を打ち切りされた後も通院するべきかどうかに解説です。交通事故の治療を継続しているときに、相手側の保険会社から治療費の打ち切りを打診されることがあります。

しかし、その打診が来たからといって、すぐにそれに従う義務はありません。自費負担を回避する方法についても詳しく紹介しますので参考にしてください。

交通事故の治療費打ち切りには目安がある

交通事故を起こしてしまった女性

保険会社の用語で「症状固定」という言葉がよく出てきます。「症状固定」とは、治療や通院をいくら続けても痛みに変化がなく、治療の効果が実感できない状態のことです。

交通事故でのケガについては治療や通院をすることで完治するのが理想でしょう。しかし、後遺症が残ってしまう場合も残念ながらあります。保険会社が負担する治療の費用はケガが完治するまでか、もしくは症状固定までに治療した分のみです。

症状固定の後からかかる治療費については原則、負担はしません。保険会社は交通事故によるケガの程度や場所により、治療費の打ち切りを打診してくる一定の目安があるようです。


打ち切りの目安は、例えば打撲なら1ヶ月ほど、むち打ちなら3ヶ月ほど、骨折なら6ヶ月ほどなどです。なお、交通事故による後遺症などがある場合は別途の後遺症慰謝料や損害賠償を受けることになります

治療費の打ち切りとは?

交通事故後に通院していた病院

交通事故でケガをしてしまった被害者は損害賠償請求として、そのケガの治療や通院にかかった費用などを加害者に請求することが可能です

一般的に交通事故を起こした加害者側は任意で自動車保険に加入しているはずなので、被害者はそこから治療や通院の費用をもらうことになります。

しかし、軽症に対する治療や通院に長期間かかっている場合、保険会社から治療や通院にかかる費用負担の打ち切られてしまうことがあるので注意が必要です。

治療費が打ち切りになるタイミング

交通事故の被害者を治療する医師

保険会社による治療や通院の費用負担の打ち切りは、「DMK136」という目安によって打診する時期を決めることが多いです。

「D」とは「打撲」で1か月、「M」とは「むち打ち」で3か月、「K」とは「骨折」で6か月という治療期間になります。ケガの治療は、完治もしくは症状固定で終わりとみなされます。

交通事故を起こした加害者側の保険会社は、DMK136を基準にして治療や通院の費用負担の打ち切りを打診してくるのが一般的です。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を継続するべき理由

交通事故の被害者を治療する医師

もし保険会社から交通事故によるケガの治療費を打ち切られたとしても、まだ症状が残っているのであれば、治療や通院を継続した方がよいです。

その理由は後遺症を残さないため、または完治させるために通院を継続することにあります。しかし、それとは別に通院を続けることによって適切な賠償金額を受けられるようにするためです。

まだ治療や通院が必要な状況なのにそれをやめてしまうと、治療が十分でなかったことや治療期間の短さを理由に、後遺障害を認定してもらえないケースがでてくるでしょう。また、治療期間を基準に計算される慰謝料が、本来もらえる額よりも低くなってしまう可能性もでてきす。

理由①後遺障害等級が認定されやすくなる

交通事故後に通院している男性

後遺症を回避するため、長い期間の通院や治療を受けた履歴があれば、後遺障害等級の認定が受けやすくなる可能性が出てきます。そのため、痛みや後遺症などを感じる限りはできるだけ治療を継続しましょう。

症状固定した後に後遺障害認定を受けると、治療費や慰謝料に加え、後遺障害慰謝料と逸失利益も請求が可能になります。

理由②通院期間の長さで傷害慰謝料の金額が決定される

交通事故にもらえる慰謝料

交通事故のケガに対する治療や通院の期間が長い期間になると、保険会社から支給される傷害慰謝料も増えます。

例えば、重傷による3ヶ月の通院と6ヶ月通院を比較してみた場合、差額は弁護士の基準で43万円です。

通院月数が3ヶ月なら傷害慰謝料は73万円、6ヶ月なら116万円にもなります。治療期間が長くなるほど、1日あたりの慰謝料は少ないです。しかし、その合計分の損害賠償金は大きく増えるため、やはり勝手に治療をやめるべきではありません。

傷害による慰謝料(入通院慰謝料)|橋本行政書士事務所

交通事故の治療費打ち切りで自費通院を回避する方法

交通事故後に被害者を治療する医師

交通事故による治療費は、加害者側の保険会社が支払うことが一般的です。しかし治療期間が長くなると、保険会社が治療費支給の打ち切りを打診してくることがあります。

このような打診に対して、どう対応すればよいのか困惑する人もたくさんいるでしょう。そういった場合の対処方法について解説します。

方法①任意保険会社との延長交渉を弁護士に依頼する

任意保険会社との延長交渉をする弁護士

医者が症状固定の段階ではないと判断しても、保険会社がそれを認めず早期に治療費の支給打ち切りをするケースもあります。

しかし、症状固定の段階に至るまでは治療費の全額を保険会社に請求することが可能です。そこで、交通事故に詳しい弁護士に保険会社との交渉を依頼する方法もあります。

弁護士は担当の医者から必要な情報を聞きだし、診断書の作成をお願いしたりすることができます。また、保険会社に対して治療が必要な根拠を示し、交渉することも可能です。その結果、保険会社が治療費の支払い継続に合意してくれることがあります。

方法②任意保険会社の打ち切りの申し出をすぐに受けない

支援の打ち切りをしてくる保険会社

後遺症があっても治療期間が過ぎたことなどを理由に、保険会社が治療費の打ち切りを打診してくることがあります。そのように保険会社から打ち切りの打診があっても、すぐに応じないようにしましょう。

被害者自身がまだ治療が必要だと反論をしても、保険会社はその客観的な根拠を確認できないため、説得力が不十分です。

医者が症状固定の段階ではないと診断したとき、それを根拠にして保険会社に伝えるようにしましょう。保険会社が治療費の支払継続に応じてくれる可能性があります。

方法③自分の人身傷害保険を利用して通院する

交通事故後に通院する病院

相手側の保険会社から治療費の打ち切りをされたとしても、被害者側の保険に「人身傷害保険」があれば、被害者側の保険から治療費を受けることができます

方法④健康保険を利用して後から請求する

交通事故を起こした男性

もし仮に治療費の打ち切りがあったとしても、被害者側の健康保険で後遺症を回避するための治療を継続することができます。健康保険で被害者の負担額を3割にとどめ、負担も軽くすることも可能です。とりあえず被害者が治療費を払い、後で相手側の保険会社に治療費を請求しましょう。

「交通事故では健康保険が適用されない」というケースもなかにはありますが、交通事故による負傷であっても健康保険の利用は可能です。また犯罪や自動車の事故などの被害による傷病も、医療保険の支給対象とされています。

方法⑤加害者側の自賠責保険に被害者請求をする

交通事故後に運ばれた病院

健康保険を利用し治療をした後、保険会社に治療費を請求したにもかかわらず支払いをしてもらえなかった場合、相手側の自賠責保険に被害者請求をする方法があります。被害者請求とは、被害者が自ら必要書類を準備し、相手側の自賠責保険の会社に補償を直接請求することです。

ただし、自賠責保険で請求できる上限額は、治療費、休業損害、慰謝料などの合計120万円までになります。よって、既に支払ってもらった費用と、打ち切り後に被害者自ら立て替えた費用の合計金額が120万円以上の場合、その超過分は自賠責保険から支給してもらえない点にご注意ください。

また、被害者請求をしたとしても、自賠責保険の会社側の判断で治療費の支払いを認めてもらえないことがある点も注意が必要です。

交通事故の治療費打ち切り理由が症状固定の場合は?

交通事故後の車

医者から症状固定の診断をされたら、後遺障害の等級認定の申請を行いましょう。後遺障害認定を受けられれば、後遺障害の分として後遺症慰謝料及び逸失利益の賠償を請求することが可能になります。

症状固定と診断されたら打ち切り後の通院費を請求できる

交通事故後に診察をする医師

治療費が打ち切りされた後も自費で通院し、その後に症状固定と診断されたとき、保険会社に対して症状固定日までの未払いの治療費を請求しましょう。

保険会社との交渉で示談が成立すれば、症状固定日までの治療費も請求できます。保険会社が支払いをしてくれない場合、裁判所に賠償請求の訴訟をするとよいでしょう。

後遺障害認定を申請する

後遺障害認定の申請書

後遺障害認定の手続きをするには2つ方法があります。後遺障害認定を受けるためには、各等級の認定要件を満たす根拠が必要です。

出典:後遺障害の等級(国土交通省)

後遺障害認定の手続き方法①事前認定

後遺障害認定された男性の車いす

まず一つ目は、加害者側の保険会社に後遺障害診断書を出し、認定の手続きを依頼する方法です。本人の負担が軽いことがメリットです。

本人は、医者かもらった後遺障害診断書を用意するだけでいいので、病院から他の書類などを準備する必要はありません。

デメリットとしては、保険会社は賠償金を払う側であり、被害者とは利害が対立する関係になります。そのため、保険会社が被害者にとって有利となる資料を能動的に扱ってくれることはあまり期待できません。

後遺障害認定の手続き方法②被害者請求

後遺障害認定に至る事故を起こした車

2つ目の方法は、被害者側が病院からもらった後遺障害診断書を加害者側の自賠責保険の会社へ提出する方法です。

この方法のメリットは、自分で資料を用意するため、自分が納得のいくものを提出することができる点にあります。医者から症状固定である診断を受けたら、早急に資料を用意して請求するとよいでしょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院は継続した方が良い

交通事故でむち打ちを被った男性

交通事故の治療費を保険会社から打ち切りされた後の対処法について説明しました。くり返しになりますが、打ち切りをされた後も通院を続けましょう。

いったんは自費になりますが、後に回収して自己負担を回避する方法あることも説明しました。症状固定や後遺障害等級の認定は複雑であるため、自己判断せず、まず専門家に相談することが重要です。

専門的知識がないにもかかわらず自分で保険会社を相手に交渉をすすめてしまうと、自分が不利な状況に陥ってしまう恐れもあります。

田中雄太

この記事のライター

田中雄太

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院できる?治療法の違いや注意点も解説!

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院することができるのか、保険で治療費を請求できるのかなどを、詳しく解説します。また、接骨院(整骨院)と整形外科の治療法の違いや同時通院を医師に相談する必要性、通院先を選ぶポイントなども説明するので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事