むちうちの安静期間はいつまで?痛みが引かない場合や補償についても

むちうちの安静期間がいつまでなのか解説します。交通事故などでむちうちになった場合、どのように安静にしていればいいかを紹介!むちうちの急性期や慢性期の期間の違いもまとめています。むちうちの痛みや頭痛の症状を含め、仕事をいつまで休めばいいかの参考にしてください。

むちうちの安静期間はいつまで?痛みが引かない場合や補償についても

目次

  1. むちうちの安静期間はいつまでなのか解説!
  2. むちうちの症状と安静期間
  3. むちうちの安静期間を過ぎても痛みが引かない場合
  4. むちうちの安静期間に仕事を休んだ場合の補償
  5. むちうちの安静期間は症状によって異なる

むちうちの安静期間はいつまでなのか解説!

むちうちに苦しむ女性
nastya_gepp

むちうちになってしまった場合、いつまで安静にしていれば良いのでしょうか?頭痛や手のしびれなどの症状が出ることもあるむちうちですが、安静にしている期間を確認しておきましょう。

また、安静期間が過ぎてもむちうちの症状が改善されない場合の、補償についても解説します。仕事を休むことを考えている人も、むちうちの安静期間を参考にしてください。

むちうちの症状と安静期間

むちうちになる原因と症状

木に激突した車
Rico_Loeb

むちうちは交通事故などで、首や背中に強い衝撃を受けると起きる症状で「むちうち症」とも呼ばれています。むちうち症は複数のむちうちによる症状をまとめた総称になるため、正しい名称ではないことを覚えておきましょう。

交通事故以外にも、スポーツや仕事中の災害などで、むちうち症になる可能性があります。無理な動作もむちうちの原因であり、ストレッチやヨガで強い負荷をかける際も注意しましょう。

むちうちは、首や頭などに痛みがあり、めまいや吐き気などを伴います。その他の症状では、手や足にしびれが出て、日常生活や仕事に影響が出ることもあるのです。整形外科でレントゲンやMRI検査で調査する必要があり、症状が長引くこともあります。

むちうち症の種類

むちうち症の種類には頸椎捻挫や頸部挫傷、外傷性頸部症候群などが挙げられます。中でも一般的なむちうち症と呼ばれているのが、頸椎捻挫です。頸椎捻挫は名前の通り、頸椎が捻挫症状を起こすことです。首などに衝撃が加わることで、むちうち症状を起こします。

頸椎捻挫は軽度であっても加療して、医師の指示を受けるのが賢明でしょう。交通事故、スポーツなどで症状が出ることがあるため、いつから症状があるのかを伝えます。頸椎捻挫の中には合併症を起こしている可能性もあるため、加療の上適切な診断が必要です。

むちうちはいつまで安静にするべき?

病院の診察室
vitalworks

交通事故などでむちうちになった場合、最低でも2週間は安静期間にしましょう。この安静期間では、仕事を休職するのが賢明です。むちうちは、つらい痛みがあり、症状を悪化させないために、頚椎カラーを装着することもあります。

医師から仕事の復帰の許可をもらうまでは悪化しないように安静期間にし、仕事や家事は休むようにしましょう。また、通院は月10回ほど通って加療し、交通事故とむちうちの因果関係が確認できるようにしておきましょう。

むちうちを発症してから2週間以上経過すると、急性期から慢性期に変化します。慢性期の場合は、首の筋肉が固くなるのを防ぐために、悪化しない・負荷をかけすぎない程度に通常通りに生活してください。

無理をすると仕事への出勤も危うくなり、休職期間が長引く可能性があります。復帰を急ぐのではなく、まずは自身を好調に戻した上でいつから仕事に出勤できるのか医師と相談するのも良いでしょう。

そもそも安静とはどのような状態?

横になる女性
jtownsend22 Unsplash

加療後の安静期間はどのような過ごし方が良いか確認しましょう。そもそも安静とは、激しい運動を控えて、身体に衝撃がかからないようにすることです。また、このときは車の運転や飲酒は控えましょう。

車の運転は普段の生活よりも、身体への衝撃が加わる可能性が高いです。職場などの出勤時に車を運転される方も、できる限り避けるのが良いでしょう。

また、飲酒をして酔っている状態では痛みを感じにくくなり、無理に身体を動かしてしまう可能性があります。中には、「飲酒をすることで痛みが強くなった」という声も少なくありません。飲酒によって血流が良くなり、痛みが出ることがあります。

安静期間では飲酒はせず、復帰をするまでは身体が休む期間と受け止めましょう。また、職場への出勤で車を使用する際は、できるだけ身体に衝撃がかからないようにカラーで頚部を固定しましょう。病院の整形外科で相談すると、固定用具としてカラーを装着してくれます。

安静にするべき理由

安静にして眠る女性
xiangying_xu

むちうちで安静にする必要があるのは、軽い症状と思っていたものが悪化するためです。むちうちは詳しい検査でも原因が見つからないこともあり、治療を行っても後遺症が残ることがあります。

むちうちの原因と考えられているのは、首にある神経や頚椎の損傷です。また、肩や背中の損傷も考えられます。こういった状態で身体を無理に動かすと、症状が残ってしまうことがあるのです。そのため、急性期は安静にして身体を休めましょう。

職場への休職対応などについては、補償が適用される可能性があります。安静期間は身体がしっかり休むよう心掛けて、職場には休職の対応などをしてもらいましょう。

むちうちの安静期間を過ぎても痛みが引かない場合

市販の痛み止めを利用する

薬の錠剤に乗せられた体温計
stevepb

安静期間を過ぎても痛みが引かない場合、医師に相談しながら、市販の痛み止めを利用してください。用法用量を守り、痛みがつらいときに使用しましょう。薬で痛みが和らいでいることを忘れずに、強い負荷をかけすぎないようにしてください。

市販の痛み止めを使用するのに抵抗がある方は、加療している病院等でも処方してもらえます。医師に相談をして、市販ではなく病院からの薬が欲しい旨を伝えると良いでしょう。

湿布を使い分ける

問診を行う医師
ckstockphoto

痛みを和らげるために湿布もおすすめです。炎症が起きて患部が熱くなっているときは冷湿布を、痛みが引いて回復してきたら温湿布を使いましょう

湿布は筋肉などの表面的な部分に作用するため、神経を痛めている場合は効果がでません。むちうちは神経を痛めていることが多く、湿布を使っても効果がでない場合は医師に伝えておきましょう。

無理せず医療機関を受診する

カルテを確認する医師
Gustavo Fring Pexels

安静期間を過ぎても症状が改善されない場合は、無理をせずに医療機関を受診してください。また、治療は医師から完治や症状固定を告げられるまで、定期的に受けましょう。会社勤めの方は、職場へ迷惑をかけたくないという理由から、通院を避ける方も少なくありません。

休職するほどではなくとも痛みが続く場合には、職場にいつから痛みがあってどのような症状なのかを伝えましょう。その上で、通院ができる出勤時間などに変更してもらうのも一つの方法です。

むちうちは患部の痛みだけでなく、頭痛や倦怠感などさまざまな症状を併発します。軽い追突事故に遭った場合でも、必ず医療機関を受診してください。

むちうちの安静期間に仕事を休んだ場合の補償

休業補償と休業損害の違い

病院のベッド
1662222

安静期間の間、しっかりと身体を休めるために仕事を休む人も多いです。交通事故に遭った場合は、休業補償を申請をして仕事を休む方向へ持っていきましょう。復帰を急ぐ方もいますが、まずは仕事ができる万全の身体に戻しましょう。

休業補償は、厚生労働省が管理する労災保険で保証されるものです。休業損害は、国土交通省が管理する自賠責保険または任意保険で保証されるものが該当します。休業補償は勤務中や出勤中の事故に限定される点に注意してください

補償に必要な証明書

書類をチェックする男性
Aymanejed

休業補償を受けるためには、自分の症状と交通事故による因果関係の証明が重要です。補償の申請には、医師による診断書やいつから通院をしているかなど証明する領収書を用意しましょう。また、勤務先にいつから休み、いつまでに復帰なのかという休業日数の証明書も発行してもらってください。

保険会社も不正請求を厳しく審査するようになっており、証明書がないと申請が通らなかったり、減額される事例が増えています。もし、自分だけで対応することに不安がある場合、弁護士に相談することも検討しましょう。

出典:労働災害が発生したとき(厚生労働省)

専業主婦も補償される

相談を受ける女性
nastya_gepp

休業補償はサラリーマンなどだけでなく、専業主婦でも申請できます。つまり、家事や育児も労働として扱われて、休業補償を受けることができるのです

専業主婦の場合は、休業日数の証明書を除き、診断書や通院の領収書を用意しておきましょう。補償の基準になるのは、女性労働者の全年齢平均給与額または年齢別平均給与額から計算されます。

専業主婦として「収入はないから休業補償は出ない」と思わずに、補償の申請を行いましょう。自治体や弁護士に相談し、手続きを手伝ってもらうのがおすすめです。

むちうちの安静期間は症状によって異なる

レントゲンを確認する医師
EVG Culture Pexels

むちうちの安静期間は2週間ほどです。症状によって1週間ほどで慢性期になることもあります。逆に2週間を超えても痛みが改善されず、最終的には後遺症になることもあるのです。大切なことは、自分で判断せずに、病院で診察を受けてください。

安静期間は無理をせず、仕事を休むことも視野に入れて症状が悪化しないようにしてください。そして、定期的に通院を行って、むちうちの症状を改善しましょう!

GGMediaライター

この記事のライター

GGMediaライター

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちの通院期間の目安は?治療法や慰謝料の相場・注意点も解説

むちうちになったとき、どの位の頻度でどの位の期間通院すればよいのかご存じでしょうか。むちうちの症状から通院先について、慰謝料とそれ以外に請求できる賠償金の情報などもまとめています。もし交通事故にあってむちうちになったら、こちらの記事を参考にしてみてください。

むちうちで入院しても賠償金はもらえる?慰謝料の相場も紹介!

むちうちで入院しても賠償金はもらえるかを解説します。事故によるむちうちで入院が必要なケースや、保険会社からもらえる賠償金の種類も説明!後遺障害が残った場合の等級認定の申請方法や、慰謝料の相場もまとめているため、参考にしてください。

むちうちの原因はレントゲンでわかる?症状や他の検査についても解説

むちうちはレントゲン検査で異常なしと診断できるのか、詳しく解説します。むちうちの原因や、レントゲン以外の後遺障害等級申請に必要な検査もまとめています。むちうちでMRIやスパーリングテストが必要な理由と注意点も解説しているため、参考にしてください

むちうちの診断書の重要性とは?作成ポイントや後遺障害診断書も解説

むちうちの診断書の提出先や注意点をまとめています。治療期間などむちうちの診断書に記入する内容や、作成費用も説明します。また、症状固定と診断された際に後遺障害診断書を作成してもらえない場合、その対処法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

むちうちの症状と請求できる費用|打ち切りや後遺症があるときは?

むちうちになる原因や症状、むちうちになったときに請求できる費用についてまとめました。治療費が打ち切られる場合があるならどういうケースなのか、その対処法や後遺症になったときの対応についても解説しています。むちうちになったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

交通事故でむちうちになったらどうする?後遺症の対処法も解説

交通事故でむちうちになった場合の対処法について詳しく解説しています。むちうちになった際の治療法や賠償金、治療費を打ち切られそうになった場合の対処法についてもまとめています。むちうちでお困りの方に役立つ情報を詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

むちうちの慰謝料の計算方法を解説!後遺障害になったときの相場も

交通事故でむちうちになった際の慰謝料の相場や計算方法について解説します。自賠責基準や弁護士基準の計算方法についても紹介。交通事故に遭い、むちうちにより後遺障害が残った場合の慰謝料や、通院する際の注意点などについても知ることができます。

転倒でむちうちになる?原因や対処法・医療機関受診の目安も紹介

スポーツ中の転倒など、交通事故以外でもむちうちを発症することをご存じでしょうか。この記事では、転倒中に起こるむちうちの原因や症状、自宅でできる対処法などについて紹介しています。「むちうちなのでは?」と感じる症状がある方は、ぜひ参考にしてください。

頚椎捻挫の症状や原因は?治療期間や予防方法についても解説!

頚椎捻挫の原因やどのような症状が現れるのか詳しくまとめました。ストレッチやリハビリテーションなど、治療方法の内容も解説。治療期間や予防方法といった情報も紹介しているため、頚椎捻挫に関して知りたい方はぜひ参考にしてください。

むちうちの後遺障害認定確率は?低い理由と対処法について解説

むちうち症状の後遺障害認定の確率は低いことをご存じでしょうか。この記事では後遺障害認定確率が低い原因や認定確率を上げる方法、認定されなかった場合の対処法についてまとめています。むちうちが後遺症になりそうな方、なっている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください

むちうちの人気記事

よく読まれている記事