交通事故に遭ったときの病院の選び方とは?治療内容の違いを解説!

交通事故で怪我をしたらどこの病院へ行けば良いのか、適切な選び方を解説します。また、通院先を併用したい時の、医師への相談の仕方や注意点も解説しましょう。併せて、交通事故による診断書が作成できる病院の条件なども説明するので、選び方の参考にしてください。

交通事故に遭ったときの病院の選び方とは?治療内容の違いを解説!

目次

  1. 交通事故の治療は病院の選び方が大切
  2. 交通事故で病院に行く理由
  3. 交通事故に遭ったときの病院は整形外科が良い?
  4. 交通事故に遭ったときに整形外科以外の通院先の選び方
  5. 交通事故の病院の選び方は整形外科を優先するのがおすすめ

交通事故の治療は病院の選び方が大切

病院で2人の医師がカルテを見ている様子
HalcyonMarine

交通事故に遭った時にどの病院へ行ったら良いのか、迷ってしまう方も多いでしょう。本記事では、交通事故に遭った時の病院の選び方を、解説していきます。

また、それぞれの通院先でできる治療法も紹介するので、自分に合った病院の選び方ができるように役立ててください。

交通事故で病院に行く理由

交通事故に遭ったら怪我の大きさに関わらず、病院で受診することが重要です。ここでは、なぜ病院へ行かなければならないのかを、詳しく解説しましょう。

見た目だけでは分からない怪我がある

交通事故で肩を痛めている男性
javaistan Unsplash

交通事故の怪我が軽く、目で見て分かるような大きな外傷がないからと、病院へ行かないのはおすすめできません。なぜなら交通事故の強い衝撃によって、身体の内部の頸椎や神経などを、損傷していることも、考えられるからです。

その場合、日にちが経ってむちうちを発症することもあり、首や背中の痛み、吐き気や手足のしびれなどを伴います。

実際に交通事故に遭った7~8割の人が、むちうちを発症するそうです。外傷だけでなく少しでも身体に異変を感じたら、病院で治療を受けましょう。

あとから悪化することも

交通事故で頭痛がする男性
a_d_s_w Unsplash

交通事故に遭うと、ほとんどの人がパニックになってしまいます。交通事故直後は、ショックや興奮状態の方が大きく、怪我の痛みをあまり感じないことがあります。

そして、数日から数週間経って少し落ち着いた頃に、痛みが悪化するケースが実に多いのです。事故後にあまり痛みを感じないからと病院へ行かず放置しておくと、小さな痛みが悪化する可能性もあります。

重症化すると後遺症になる恐れもあるため、事故に遭ったら痛みの有無に関わらず、必ず病院で検査を受けましょう。

交通事故と怪我の因果関係に関係する

交通事故で体調が悪い女性
Liza Summer Pexels

交通事故に遭ってから日にちが経ちすぎると、交通事故と怪我の因果関係を結べない場合があります。なぜなら、交通事故以外の理由で怪我をしたのかもしれないと、疑われる可能性があるからです。

そうなると、人身事故ではなく物損事故として処理されるため、のちに損害賠償で治療費を請求できなくなります。そのようなことがないように、交通事故に遭ったら、なるべく早く病院へ行き、治療を受けましょう。

交通事故に遭ったときの病院は整形外科が良い?

交通事故に遭った時は、まず整形外科で受診することが重要です。なぜ整形外科が良いのか、その理由を具体的に解説していきます。また、整形外科で受診した時に、診断書を取得しなければならない理由も、チェックポイントです。

専門の検査機器がある

病院の治療室
tetrakiss Unsplash

交通事故に遭うと、脳挫傷のように目で見えない部分を損傷していることがあります。整形外科にはMRIやレントゲン、CTなど専門の検査機器があるため、身体内部の詳細まで調べられるのが特徴です。

また、検査結果に応じて、今後どの病院で治療を受けたらよいのか、適切な病院の選び方ができます。場合によっては、脳外科や神経科、内科などへ通院することになるかもしれません。

医師による診断書の発行

医師が診断書に記入している様子
ckstockphoto

診断書は国家資格の医師免許を持っている医師のみが、作成できる書類です。整形外科は整骨院(接骨院)や針灸院と違って医師が治療をするため、診断書を作成してもらえます。

診断書は、のちに加害者側へ損害賠償を請求する時や交通事故の怪我によって休職する時にも必要になるため、必ず取得しておきましょう。診断書が交通事故と怪我の因果関係を明確にするための、証拠になります。

診断書を取得していなければ損害賠償は請求できず、治療費や通院費などが自己負担になってしまうため、充分注意が必要です。

別の治療法を相談できる

病院で医師と患者が話している様子
nci Unsplash

整骨院 (接骨院) で治療を受けても、なかなか症状が回復しない時や他の治療を試してみたい時などは、整形外科の医師に相談すると良いでしょう。

整形外科で検査をした結果や患者の症状に応じた、他の治療の選び方をアドバイスしてくれます。医師によっては、他の医療機関に紹介状を書いてくれることもあるので、遠慮せず相談してみましょう。

交通事故に遭ったときに整形外科以外の通院先の選び方

交通事故の怪我で、整形外科以外で治療を受けたい時の通院先の選び方を解説します。また、通院先を併用する場合の注意点なども、説明しましょう。

主治医と相談を行う

病院で患者が医師に相談している様子
nci Unsplash

整形外科以外で治療を受けたい場合は、かかりつけの病院の医師に必ず相談し、許可を得ることが重要です。自分の担当医であれば症状をよく把握しているので、どの治療法が、適切か選び方の相談に応じてくれるでしょう。

また、黙って他の医療機関へ通院すると、保険金や慰謝料などにも影響が出てくるケースもあるので、注意してください。

通院先①整骨院(接骨院)

整骨院のイメージ
mdominguezfoto Unsplash

整骨院では柔道整復師によって施術が行われ、接骨院と呼ばれることもあります。痛みのある部分を、集中的に改善を行ってくれるのが特徴です。整骨術の他にも、超音波や電気を使った施術など、患者の症状に合わせて物理療法を行います。

通院先②鍼灸院

頭部に針の施術を受けている女性
keskieve

鍼灸院も、交通事故の通院先として選べる機関の一つです。鍼ははり師、お灸は灸師によって施術が行われます。

鍼やお灸を使って痛みのあるツボを刺激することで、血液やリンパの流れを良くし、痛みを和らげたり身体のバランスを整える効果が期待できます。

通院先の併用は可能?

カルテを見ている医師
nci Unsplash

交通事故の治療で通院先を併用すると、保険会社から治療費が支払われないのではないかと、心配な方もいるでしょう。

結論からいうと、併用しても治療費は支払われます。ただし、いくつか注意しておく点があります。1つ目は同じ日に整形外科と整骨院 (接骨院) へ、通院しないようにしてください。2つ目は加害者側の保険会社に、併用して通院することを連絡しておきます。

3つ目はマッサージを受けるだけのために、整骨院 (接骨院) へ通院しないことです。以上のことをきちんと守れば問題ありませんが、怠ってしまうと治療費が支払われない場合があります。

交通事故の病院の選び方は整形外科を優先するのがおすすめ

病院で女性の医師が立っている様子
Gustavo Fring Pexels

交通事故に遭った時の、病院の選び方を解説しました。交通事故に遭ったら、まずはできるだけ早めに整形外科で受診することがポイントです。その際は診断書を取得することも、忘れないようにしましょう。

その後に通う病院の選び方は、かかりつけの医師に相談するのがベストです。自分の状態に合った病院の選び方をして、症状の回復を目指してください。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事