整骨院(接骨院)にレントゲンはあるのか?整形外科との違いや料金の目安も

整骨院(接骨院)でレントゲンは受けられるのか、整形外科との違いやレントゲン検査の料金目安についてまとめました。さらに、整骨院(接骨院)の施術内容やレントゲン検査でどのようなことがわかるのか解説します。整骨院(接骨院)で健康保険を使用できるのかについても解説しているので参考にしてください。

整骨院(接骨院)にレントゲンはあるのか?整形外科との違いや料金の目安も

目次

  1. 整骨院(接骨院)でレントゲン検査は可能なのか解説
  2. レントゲン検査の目的と料金
  3. 整骨院(接骨院)でレントゲン検査は受けられる?
  4. 整骨院(接骨院)にはレントゲン検査はない

整骨院(接骨院)でレントゲン検査は可能なのか解説

レントゲン画像を見る医師
nci Unsplash

整骨院 (接骨院) と整形外科は似ていますが、治療内容は全く違います。しかし、具体的にどのような違いがあるのか、わからないという人も多いでしょう。

本記事では、整骨院 (接骨院) と整形外科の違いや、レントゲン検査について詳しく解説していきます。整骨院 (接骨院) で受けられる施術内容についてもまとめているので、参考にしてください。

レントゲン検査の目的と料金

交通事故で負傷した場合、レントゲン検査を行うことがあります。レントゲン検査でどのようなことがわかるのか、詳しく解説していきます。

レントゲン検査でわかること

レントゲン画像を見て症状を説明する医師
cottonbro Pexels

レントゲンはX線を用いることで、体内の臓器や骨の位置、変化を知ることができます。交通事故で負傷した場合、骨や筋に異常がないか、骨折していないか確認するためにレントゲン検査を行います。

骨折は本人に自覚症状がないケースも多く、目視や触診だけでは詳しいことは分かりません。レントゲンを用いることで身体の状態を細かく把握でき、適切な治療を行うことができます。

レントゲン検査の料金の目安

レントゲン料金を支払うため財布から紙幣を取り出す人
Karolina Grabowska Pexels

レントゲン検査の診療報酬点数は、撮影した部位や枚数によって異なります。例えば、胸部エックス線検査は、1枚85点630円(3割負担の場合)です。肘や膝などは、1枚43点で料金は500円(3割負担の場合)です。レントゲン1〜5枚の撮影であれば、500円から2千円以内の料金で済むでしょう。

整骨院(接骨院)でレントゲン検査は受けられる?

適切な治療を受けるために、レントゲンはとても有効です。では、整骨院 (接骨院) でもレントゲンは受けられるのでしょうか?

レントゲン検査は整形外科へ

カルテを見ている医師
Gustavo Fring Pexels

交通事故で負傷した場合、怪我の程度を詳しく知るためにレントゲン検査は有効です。しかし、整骨院 (接骨院) でレントゲン検査は受けられません。レントゲンは医師のいる、医療機関でのみ受けることができます。整骨院 (接骨院) は病院ではないので、レントゲン検査を受けたい場合は整形外科へ行く必要があります。

整形外科と整骨院(接骨院)の違い

MRI技師とMRIを受けている患者
MART PRODUCTION Pexels

整形外科では主に、筋肉や骨、関節、手足の神経を専門に診察、治療してくれます。整形外科は医師が居る病院ですので、レントゲンの他にCTやMRIを使って詳しい検査をすることができます。

検査以外にも、注射や手術といった医療行為や、湿布薬や痛み止めなど、薬の処方ができるのも医師だけです。さらに、診断書も、医師しか書くことはできません。診断書は相手の保険会社から、交通事故の慰謝料を支払ってもらうために必要な書類です。

整骨院や接骨院には医師は居らず、国家資格である柔道整復師が骨折、脱臼、打撲などの症状に合わせて施術してくれます。医療行為はできませんが、手技療法を中心に、物理療法や運動療法を用いた施術を行うのが特徴です。

整骨院 (接骨院) は病院ではありませんが、健康保険を使用できます。しかし、健康保険の利用には条件があります。日常生活での不調や、過去の事故等では健康保険の使用は認められていません。

整骨院(接骨院)で受けられる施術

整骨院で施術を受ける男性
Ryutaro Tsukata Pexels

柔道整復師は「整復法」「固定法」「後療法」という3つの施術を行います。整復法とは、骨折や脱臼をした時に、手で揉んだり伸ばしたりして元の状態に戻します。固定法は、脱臼、骨折した箇所を包帯やギブスで固定する方法です。後療法とは、患部を復活させるため、刺激を与える施術方法です。

柔道整復師が行う手技療法は、患部に直接触れます。そのため、整形外科ではわからなかった痛みの原因を、突き止めることができることもあります。

整骨院(接骨院)にはレントゲン検査はない

女性にマッサージを施す整骨院の柔道整復師
Karolina Grabowska Pexels

整形外科は医師が医療行為を行い、整骨院 (接骨院) は柔道整復師が手技を用いて施術するという違いがあります。整骨院 (接骨院) でレントゲンは撮影できないので、まず整形外科を受診しましょう。また、慰謝料の請求には、医師による診断書も必要です。

伊藤

この記事のライター

伊藤

女の子と男の子の子育てをしながら、フリーライターをしています。交通事故や怪我に関する疑問を解決できるよう、主婦目線でわかりやすく説明していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事