交通事故で転院するメリット・デメリットは?被害者がやるべきことも

交通事故による治療中の転院について、通院先を変えるメリットとデメリットをまとめました。また、保険会社へ連絡をしておくなど、交通事故の被害者が転院前にやらなければならないことも紹介します。病院を変える前に知っておきたい情報が満載ですので、ぜひ参考にしてください。

交通事故で転院するメリット・デメリットは?被害者がやるべきことも

目次

  1. 交通事故の治療中に転院できる?
  2. 交通事故で転院するメリット
  3. 交通事故で転院するデメリット
  4. 交通事故で転院する場合に被害者がやるべきこと
  5. 交通事故による怪我での転院について知ろう

交通事故の治療中に転院できる?

車とバイクの交通事故
f999999_key

交通事故の被害者になった場合、診断書をもらうためにも必ず病院を受診しなければなりません。しかし、その病院が自分に合っていなかったら、交通事故の治療中でも転院することはできるのでしょうか?

本記事では、交通事故の治療中に病院を変えることによるメリットやデメリットについてまとめました。病院を変えるときにやるべきことについても説明しているので、交通事故の怪我で転院を検討している人はぜひチェックしておいてください。

交通事故で転院するメリット

メリット①通院しやすくなる

病院の外観
teofilo

交通事故で怪我をした場合は、症状が重いと現場近くの病院へ運ばれる可能性が高くなります。交通事故の現場が家から近ければ良いのですが、遠かったときはそれ以降の通院がとても大変です。

こういったケースでは、転院先を家の近くの病院にすることで通院しやすくなるというメリットがあります。通院にかかる時間が短いだけで労力がだいぶ減るので、普段の生活の負担を減らすことができるでしょう。

メリット②転院前よりも効果的な治療を受けることができる

レントゲンを見ながら患者に説明をする医師
LinkedIn Sales Navigator Pexels

初診先の病院で満足のいく治療が受けられなかったときは、転院するのもひとつの手です。病院を変えることで、転院前よりも満足のいく治療を受けられる可能性があります

治療方針に不満を抱いたまま通院しているとストレスもたまるので、治療に納得ができない場合は転院を検討してみると良いでしょう。

メリット③診断書の内容が良くなることがある

聴診器と書類
DarkoStojanovic

診断書の内容はどの病院でも同じではなく、作成する医師によっても内容が変わってきます。交通事故で後遺障害の慰謝料を請求する場合は、特に診断書の内容が重要です。

後遺障害の等級によって交通事故の慰謝料は変わってきますが、この等級を認定してもらうためにも医師からの後遺障害診断書が必要となります。この診断書の内容が正しくないと低い等級で認定されてしまい、慰謝料が下がってしまうこともあります。

逆に、診断書の内容が良くなれば、慰謝料を多めにもらうことが可能です。しっかりとした診断書の作成を重視するのであれば、良い診断書を書いてくれる病院に転院するのがおすすめです

交通事故で転院するデメリット

デメリット①転院先が良い病院とは限らない

待合室の椅子で眠る男性
huyenthanh1128 Unsplash

初診時の治療に納得ができずに転院したとしても、転院先の病院のほうが必ず良いとは言い切れません。転院してみたら、前の病院のほうが良かったということもあります

いくら評判の良い病院だったとしても、実際に通ってみない限りは自分に合っているかどうかはわかりません。転院する際は、転院先の病院が自分に合わないリスクもあるということを頭に入れておきましょう。

デメリット②後遺障害診断書の作成に支障が出る

紙にペンで文字を書く医師の手
ckstockphoto

交通事故の直後から症状固定までの経過をずっと診た医師であれば、問題なく後遺障害診断書を作成してくれるでしょう。しかし、転院すると症状固定までの推移がわからないという理由で、後遺障害の診断書を書いてもらえないことがあります

また、交通事故の被害者に非協力で、後遺障害診断書を書きたがらない病院もあります。そういった病院にかかってしまうと後遺障害等級認定の審査を受けられず、被害者側が受け取るべき慰謝料も請求できません。

転院を考えるときは、その病院が交通事故の被害者に対して親身であるかどうかも視野に入れて選ぶ必要があります。後遺障害診断書を作成してくれるかどうか、あらかじめ確認しておいても良いでしょう。

デメリット③交通費が上がる場合がある

バス
Celestina.Kurba

転院先が今までの病院よりも遠かった場合、転院することで交通費が上がってしまいます。通院の際の交通費は保険会社から支払ってもらえますが、これまでの交通費とあまりにも差があるときは保険会社からクレームがくる可能性もあります。

どうしてもその病院でなければならない場合は、あらかじめ保険会社に交通費のことも相談したほうが良いでしょう。ただ、特別な事情がない限りは、できるだけ交通費のかからない場所にある病院を選ぶのがおすすめです。

交通事故で転院する場合に被害者がやるべきこと

転院することを保険会社に伝える

書類を見ながら話し合う2人の女性
gabriellefaithhenderson Unsplash

交通事故の治療で転院するときは、保険会社に必ずそのことを伝えなければなりません。保険会社にあらかじめ伝えておかないと、転院先での治療費を保険会社に負担してもらうことでができません。

病院を変える理由とともに、転院先の病院名と受ける予定の治療や検査内容などを伝えておくと良いでしょう。ただし、場合によっては保険会社が転院を認めないこともあります。もしも転院のことでトラブルになりそうだったら、早めに弁護士に相談するのがおすすめです。

通院している病院から紹介状をもらう

封筒に入った手紙
Delwin Steven Campbell

転院をしたいのであれば現在の病院に黙って転院するのではなく、主治医から紹介状をもらっておくのが無難です。転院をしなければならない事情や理由などを説明し、紹介状を書いてもらうとスムーズに転院することができます

また、紹介状があることで医師が転院を認めたという証拠にもなり、保険会社からも転院を認めてもらいやすくなります。病院を変えると言い出しにくいこともあるかもしれませんが、できるだけ紹介状をもらってから転院しましょう。

何度も転院しないようにする

3人の医師と2人の看護師
RODNAE Productions Pexels

必要があれば転院するのは患者の自由ですが、何度も繰り返し転院することはあまりおすすめしません。何回も転院をしていると、それが故意によるものだと保険会社から誤解される場合があるからです

転院が故意によるものだと判断されると、治療費の支払いを打ち切られてしまう可能性が出てきます。また、交通事故から時間が経ってからの転院も、保険会社からの治療費が打ち切られる原因となることがあります。

転院を検討している場合は、交通事故に遭ってからできるだけ早い段階で病院を変えるようにしましょう。また、治療間際に転院すると、後遺障害診断書を書いてもらえない場合もあるので注意が必要です。

交通事故による怪我での転院について知ろう

聴診器をかまえる医師
usmanyousaf Unsplash

交通事故による怪我での転院についてまとめました。交通事故の治療中に病院を変えることは可能ですが、転院にはメリットだけでなくデメリットもついてきます。

ただ、どのようなデメリットがあるのかを把握しておくことで、余計なトラブルも回避することができます。転院するときは不利益が出ることも念頭に、後悔のない病院選びをしましょう。

NR4712

この記事のライター

NR4712

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事