事故による背中の痛みはむちうちと関係ある?治療できる通院先も紹介

事故による背中の痛みについて紹介します。事故後の背中の痛みとむちうちの関係をまとめました。また、むちうちによる症状や背中が痛む時の治療の通院先なども掲載しています。さらに、背中に痛みを感じた際の注意点や対処法も載せているので、治療の際は参考にしてください。

事故による背中の痛みはむちうちと関係ある?治療できる通院先も紹介

目次

  1. 事故で背中の痛みを感じる原因と通院先を紹介
  2. 事故で背中に痛みを感じる原因
  3. 事故で背中に痛みを感じた時はどこで治療を受ける?
  4. 事故で背中に痛みを感じた時の注意点
  5. 事故で背中の痛みを感じたらむちうちの可能性がある

事故で背中の痛みを感じる原因と通院先を紹介

交通事故の現場
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

本記事では、交通事故などで背中に発生した痛みについて紹介します。背中が痛くなってしまった場合は、むちうちの可能性があります。むちうちとの関係や他の症状についてもまとめました。

また、痛みを感じた時に治療する方法や、症状が出た際の注意点なども掲載しているので、参考にしてください。

事故で背中に痛みを感じる原因

まずは、背中に痛みが発生してしまった原因を紹介します。背中の痛みに関係性のある症状などを掲載しているので、痛みの原因を調べる際の参考にしてください。

背中に痛みが出るのはなぜ?

背中を痛がる人
Peggy_Marco

背中の痛みは、交通事故などによって、脊柱の筋肉が損傷を起こして炎症している可能性があります。

また、脊柱の筋肉と繋がっている胸椎や腰椎、頚椎や骨盤なども引っ張られてしまい、骨にゆがみが発生します。そのため、事故で直接当たっていないのに、背中に痛みがでる場合があるので、注意しましょう。

背中の痛みはむちうちの可能性もある?

むちうちの症状が出ている人
Sammy-Sander

背中を痛めた場合、むちうちの可能性があります。むちうちといえば、首に痛みを感じる症状と考える人が多いです。しかし、むちうちには、首の他にも腰痛や背中などさまざまな症状があります。また、むちうちの症状が重くなると、耳鳴りや頭痛も発生し、めまいや吐き気なども発生するでしょう。

むちうちの症状はすぐには出ない

事故後に症状が現れた人
naturalherbsclinic

むちうちは、直後に痛みや不調を感じないことが多いです。交通事故などで背中を痛めても、脳が興奮状態になっているので、体の感覚がマヒしている場合があります。

そのため、数日間経過した後に、首の調子や背中の不調が現れて、むちうちと診断されるケースが多いです。しかし、診断書がないと人身事故として扱われない可能性があるので、自覚症状が無くても、必ず病院に行って診断を受けましょう。

むちうちの主な種類

痛みでうずくまる人
HolgersFotografie

むちうちには、5つの種類があります。1つ目は、頚椎捻挫型です。頚椎捻挫型は、むちうちの症状の70%を占めており、首が損傷し炎症が発生しています。主な症状は、首や肩、背中の痛み頭痛です。

2つ目は、神経根症状型です。神経根とは、脊髄の知見神経や運動神経が集まっている場所です。その神経根が圧迫されたり、引き伸ばされたりして、痛みが発生します。主な症状は、しびれや倦怠感、力が入らなくなります。

3つ目は、脊髄症状型です。脊柱管を通る脊髄が傷つき、下肢にある神経が損傷した時に発生します。主な症状は、歩行障害や知覚障害、マヒなどです。

4つ目は、バレー・ルー症候群です。バレー・ルー症候群は、体に衝撃を受けた時に、首の骨を通り越して、自律神経にダメージを受けた症状です。主な症状は、吐き気やめまい、耳鳴りです。

5つ目は、脳髄液減少症です。体に大きな衝撃を受けた際に、脳髄液が漏れている状態です。主に、味覚障害や自律神経症、全身に痛みが発生します。

事故で背中に痛みを感じた時はどこで治療を受ける?

次は、背中に痛みを感じた時の対処法を紹介します。背中に痛みを感じた時は、整形外科などの病院に通院しましょう。また、背中に痛みを感じた際に治療を受ける前の対処法などもまとめました。

背中の痛みを治療できる通院先

病院の診察
valelopardo

背中の痛みを治療できる場所は、主に3つあります。1つ目は病院や整形外科です。病院や整形外科は、医師が治療します。また、MRIやレントゲンの検査があり、シップや痛み止めなどの処方をしてくれます。

2つ目は、整骨院や接骨院です。整骨院や接骨院は、柔道整復師が在住しており、手を使ったマッサージを行ってくれます。さらに、電気を使った改善方法もあります。

3つ目は、鍼灸院です。鍼灸院は鍼師と灸師が在住しており、体に鍼や灸を使って施術をします。全て通院が必要なので、長期的な治療・改善を想定しています。

治療を開始する前にするべきことは?

事故後に提出するべき書類
darkside-550

背中を痛めた時は、治療する前にするべきことが2つあります。1つ目は、医師の診断書をもらいましょう。医師の診断書をもらい、警察に提出すると、物損事故から人身事故に切り替えることが可能です。

物損事故だと、痛みを感じても、賠償が受けられません。必ず医師の診断書を取得しましょう。2つ目は、保険会社に連絡をしましょう。保険会社には、事故にあった相手に治療をすることを伝えます。

また、自分が入っている保険会社には、加害者の情報や交通事故の内容、現在の状況をしっかり伝えましょう。

事故で背中に痛みを感じた時の注意点

次は、背中に痛みが発生した時の注意点を紹介します。事故で背中に痛みを感じた場合は、医師の診断を必ず受けましょう。また、むちうちの時は、整形外科に行き、通院をして治しましょう。

注意点①事故直後は医師の診断を必ず受ける

病院で検査している様子
DarkoStojanovic

交通事故などに遭ってしまった時は、医師の診断を必ず受けましょう。事故直後に医師の診断を受けておくと、日にちが経過して痛みが発生した場合でもすぐに対応してくれます。

そして、背中に痛みを感じた場合、むちうちと判断されやすいです。むちうちは、頭痛や肩こり、背中の痛みなど症状はさまざまです。しっかり診断を受けて、因果関係などをハッキリさせましょう。

注意点②むちうちの場合はまず整形外科に行く

整骨院の看板
sabamiso

事故などでむちうちと判断された場合は、整形外科に行きましょう。交通事故による損害賠償の請求には、診断書が必要です。そのため、整形外科に行き、診断書をもらいましょう。

そして、背中の痛みが落ち着いてきたら、整骨院や接骨院に通院し、じっくり改善を目指しましょう。整体やカイロプラクティックは資格を持っている人がいないので、保険が適用されないため、注意が必要です。

注意点③治療を途中で諦めない

腕を治療している様子
geraldoswald62

背中を痛めて、治療を行っている時は、最後までしっかり通院しましょう。むちうちで背中を痛めた際は、日常生活に支障がでない場合もあります。その場合でも、事故前と比べて体に負担がかかっていたら、損害賠償を請求できる可能性があります。

請求できるように、しっかり通院を続けることが大切です。また、1度通院を止めてしまうと、損害賠償や後遺障害認定が受けられなくなる可能性があります。しっかり通院して、治療をしましょう。

事故で背中の痛みを感じたらむちうちの可能性がある

交通事故の現場に向かう救急車
ElyPenner

事故で背中に痛みが発生したらむちうちの可能性があります。むちうちは5つの種類に分かれており、症状はさまざまです。

また、背中に痛みを感じた時は、整形外科などに行き、しっかり治療を受けましょう。そして、最後まであきらめずに通院して、しっかり治しましょう。

あずき

この記事のライター

あずき

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

その他の人気記事

よく読まれている記事