むちうちのリハビリ方法は?施術の内容や費用についても解説!

むちうちのリハビリ方法について紹介します。交通事故が原因でむちうちになった場合、どういった治療を受ければいいのか解説!整形外科に通院する上でのポイントや、症状や費用請求、リハビリ内容についてまとめているので参考にしてください。

むちうちのリハビリ方法は?施術の内容や費用についても解説!

目次

  1. むちうちのリハビリ方法について把握しよう!
  2. むちうちのときの通院先
  3. むちうちのリハビリ方法の種類
  4. むちうちのリハビリ費用について
  5. むちうちのリハビリを受けるときの注意点
  6. むちうちのリハビリは自分の症状に合った方法で受ける

むちうちのリハビリ方法について把握しよう!

むちうちに苦しむ女性
nastya_gepp

むちうちは交通事故が原因で発症しやすい症状です。事故後に放置していると、症状が悪化し、後遺症になることもあります。そうならないためにも、病院に通ってリハビリをすることが大切です。

むちうちのリハビリ内容や、費用について解説するので参考にしてください。自分に合ったリハビリ方法を主治医と選択し、症状を改善しましょう。

むちうちのときの通院先

通院先①整形外科

タオルを使ったリハビリ
Karolina Grabowska Pexels

むちうちの症状を改善するためには、リハビリが重要です。理学療法士や電気治療など、さまざまな選択肢が存在します。そういった中で、まずは病院に通院し、自分のむちうちの症状を診断してもらいましょう。

リハビリの通院先として、整形外科がおすすめです。後ほど解説する、保険会社に連絡するときに重要な診断書にも関係します。診断書は医師だけが発行できるものなので、整形外科に通院することが重要です

整形外科では、医師による投薬や手術などが受けられます。また、リハビリでは理学療法士が適切なサポートを行ってくれるのでおすすめです。通院間隔を空けずに、しっかりと主治医に完治や症状固定を判断してもらうまで通うようにしましょう。

通院先②鍼灸院

鍼灸院で治療を受ける女性
Wonderlane

むちうちの治療やリハビリとして、鍼灸院を紹介されることがあります。首の痛みを緩和させるために、鍼灸師による、はりやお灸を使った施術が受けられるのです

症状が落ち着いてきたら、首の筋肉をほぐして機能を回復させるリハビリを開始します。首の機能を回復させるためには、時間をかけてゆっくりと行っていくことが必要です。鍼灸師と、むちうちのリハビリを焦らずに行ってください。

通院先③整骨院

むちうちのリハビリを受ける女性
Karolina Grabowska Pexels

通院先として、整骨院もおすすめです。整骨院は柔道整復師による施術が受けられます。手技療法や物理療法が取り入れられているのです。また、柔道整復師は国家資格なので、そういった点も通院先として、安心できる要素でしょう。

ただし、整骨院はレントゲンやMRI検査などは行うことはできません。そのため、病院の主治医に相談して、整骨院へ通っても問題がないか相談しましょう。

むちうちのリハビリ方法の種類

種類①電気療法

医療用の機械が置かれた病室
vitalworks

むちうちのリハビリの種類を確認しましょう。いくつかの方法があり、むちうちの症状や施設によって受けられるものが異なります。

低周波治療器や干渉波治療機などを使用するのが、電気療法です。筋肉に電気の刺激を与えることで、血行を改善させます。また、むちうちの痛みを緩和するだけでなく、人間の持つ自然治癒力を促進する効果があるのです。

座ったまま、寝転んだまま装置を付けて行うだけなので、患者の負担も少ないです。週に2~3回行うのが基本となっているので、むちうちのリハビリとしても受けやすい治療になっています。

種類②牽引療法

ベッドで横になる女性
Andrea Piacquadio Pexels

むちうちのリハビリでは、牽引治療も一般的な治療法です。首を引っ張ることで、神経が通る椎間孔という部分を広げます。また、交通事故によって変形した頚椎椎間板関節の矯正も行うのです。

この牽引治療は、むちうちだけでなく、頚椎椎間板ヘルニアにも行われる治療になっています。手で行う場合や器具を使うことがあり、じっくりと期間をかけて行われる治療法です。

種類③温熱療法

問診を行う医者
valelopardo

温熱療法は、首の筋肉を温める治療法です。筋肉は温まることで、血液の循環が良くなります。むちうちでは、首の筋肉が動かしくなっているので、温めることで痛みを緩和できるのです。

個人で温めたタオルなどで行うのとは異なり、ホットパックや赤外線、マイクロウェーブなどが使用されます。赤外線やマイクロウェーブは、専用の機械を使用して、患部の皮膚に照射を行う方法です。マイクロウェーブは、金属を反射してしまうので、人工関節やペースメーカーを使用している人は別の方法になることがあります。

むちうちのリハビリ期間は?

症状を説明する医者
fernandozhiminaicela

交通事故が原因でむちうちを発症した場合、治療やリハビリにどれぐらいの期間が必要なのでしょうか?一般的なむちうちの治療やリハビリ期間は、3ヶ月程度といわれています

病院への通院は週に2~3回程度継続して行いましょう。また、リハビリを継続してもむちうちの症状が完治しないことがあります。リハビリを初めて6ヶ月ほど通院を続けても改善されない場合、症状固定と診断されるのです。

これは、治療やリハビリを行っても、それ以上症状が変化しない状態を意味します。症状固定は、後遺障害等級認定や治療費請求にも大きく関係する部分です。医師の診断書に、症状固定を記載してもらうためには、継続した通院が重要です。

むちうちのリハビリ費用について

リハビリにかかる費用は損害賠償で請求可能?

電卓と積み上げられたお金
Bru-nO

リハビリを行うために、通院費や治療費などさまざまなお金がかかります。数ヶ月に渡って治療をすると費用も大きくなるので、交通事故を起こした加害者側に請求を行いましょう。

このような交通事故でむちうちになった場合、治療やリハビリ費用は加害者側の保険会社に請求できます。むちうちが完治するか、症状固定と診断されるまで、リハビリ費用を請求しましょう。

交通事故のむちうちで請求できる損害賠償の種類

サインを行う裁判官
EKATERINA BOLOVTSOVA Pexels

交通事故によってむちうちを発症した場合、いくつかの損害賠償を請求できます。その種類は、慰謝料、休業損害、後遺障害逸失利益です

慰謝料では、入通院の費用や後遺症に関して請求することができます。また、交通事故が原因で仕事などを休んだ場合、収入が減った分に対する請求も行いましょう。自分だけで請求するのが難しいと感じた場合は、弁護士に相談して協力してもらってください。

リハビリの通院先が2つ以上ある場合

腕組をする医者
Karolina Grabowska Pexels

通院の際に、複数の病院で治療を受けたいこともあるでしょう。交通事故の治療において、病院と整骨院の2つの通院先があるのは、問題ありません。

注意したい点は、まずは病院で診察を受けましょう。その上で、主治医に整骨院などに通いたいことを伝えてください。むちうちのリハビリでは、連携が重要であり、受けられる治療の内容も異なるからです。

また、2つの通院先がある場合、加害者側の保険会社に連絡しましょう。連絡を忘れた場合、併用先の治療費が自己負担になってしまうからです。注意するポイントは、病院と整骨院で同日に治療を受けてはいけません。

同日に治療やリハビリを受けた場合、整骨院での治療費が自己負担になります。そうならないためにも、主治医に相談すること、日にちを分けることは忘れないようにしましょう。

むちうちのリハビリを受けるときの注意点

注意点①保険会社への連絡

相談を受ける男性
Sozavisimost

交通事故に遭ってむちうちのリハビリをする際、そのことだけに気を取られてしまうことがあります。しかし、治療費などを請求するためにも、保険会社に連絡することは必須です。

正確に情報を伝えて、補償を受けられるようにしてください。そのためにも、医師による診断書は必ず使うことになるので、事故直後からしっかりと通院をしましょう

注意点②整形外科での受診は必須

ベッドが並んだ診察室
vitalworks

病院にある整形外科は、むちうちのリハビリで重要な場所です。整形外科では、痛み止めや湿布の処方だけでなく、MRIやレントゲンの検査が受けられます

直接目で見るだけではむちうちの診断は難しく、慰謝料請求においても重要な検査です。こういった検査や手術は医師免許が必須です。そのため、軽い追突事故でも、整形外科を受診して、レントゲンやMRI検査を受けましょう。

注意点③完治するまでリハビリを続ける

患者に寄り添う医師
fernandozhiminaicela

むちうちの症状は重いときもあれば軽く感じることもあります。しかし、主治医から完治や症状固定を診断されるまでは、定期的に継続して通院しましょう。治療期間に空きができると、慰謝料や後遺障害等級が認定されないこともあります。

保険会社も不正請求が増えており、被害者から提出された診断書を細かくチェックしています。むちうちのリハビリを行っていても、事故直後から継続して受けていないと、請求が通らないこともあるのです。そうならないためにも、通院は期間を空けないように気をつけましょう。

むちうちのリハビリは自分の症状に合った方法で受ける

むちうちのリハビリを受ける女性
Karolina Grabowska Pexels

むちうちの治療やリハビリについて解説しました。交通事故でむちうちになった場合、整形外科で治療を受けるのが重要です。また、治療法やリハビリとして、電気療法や牽引治療が行われます。

むちうちの治療期間は3ヶ月程度かかるので、この間は定期的に通院を行いましょう。そのうえで、必要な慰謝料や治療費を加害者側の保険会社に請求してください。しっかりとしたリハビリを受けて、むちうちの症状が悪化しないようにしましょう!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

むちうちの人気記事

よく読まれている記事