駐車場の事故で警察を呼ばなかったらどうなる?4つのリスクを解説

駐車場で事故が起こった際に警察を呼ぶべきか、どう対応するべきかをまとめています。駐車場の事故は、道路交通法が適応されるかについてや、呼ばなかった場合のリスクを人身、物損事故の観点から詳しく解説。警察を呼ばなかった場合の保険利用についても紹介します。

駐車場の事故で警察を呼ばなかったらどうなる?4つのリスクを解説

目次

  1. 駐車場の事故で警察を呼ばなかったらどうなるのか?
  2. 駐車場で事故が起きたら警察を呼ぶべき?
  3. 駐車場の事故で警察を呼ばなかった場合のリスク
  4. 駐車場の事故で警察を呼ばなかった場合は多くのリスクがある

駐車場の事故で警察を呼ばなかったらどうなるのか?

車が多く停車している駐車場
michaelfousert Unsplash

道路上で交通事故が起こった場合は、警察へ連絡することが義務付けられています。では、駐車場で事故が起こった場合はどうでしょうか?

本記事では、駐車場で事故が起こった際に、警察へ連絡すべきか詳しく解説します。警察を呼ばなかった場合のリスクもまとめているため、参考にしてください。

駐車場で事故が起きたら警察を呼ぶべき?

道路交通法が適用の駐車場と適用でない駐車場がある

高い場所から見下ろした駐車場
john_matychuk Unsplash

道路上で交通事故が起こった場合、警察へ連絡することが義務付けられています。しかし、個人の駐車場や月極駐車場は、道路ではなく私有地です。私有地は道路交通法が適用されないため、警察が対応してくれないこともあります。

しかし、不特定多数の人が行き交う駐車場は、道路交通法が適用されます。道路交通法が適用されるのか私有地なのか、正しく判断することは難しいです。そのため、どのような駐車場でも、すぐに警察へ連絡しましょう。

車を運転して交通事故が発生した場合、警察に通報しなければならないという報告義務が道路交通法に規定されています。

出典: atomfirm.com

出典:交通事故は必ず警察に届け出を(四日市法律事務所)

駐車場の事故でも保険は使える?

デスクで字を書く人とノートパソコン
jeshoots Unsplash

駐車場で起きた事故でも、人身事故の場合は自賠責保険の対象です。また、任意保険に加入している場合は、契約内容によって対象となります。

しかし、私有地での事故は、交通事故証明書が発行されません。交通事故証明書がなければ、保険適用にならないため、人身事故証明書入手不能理由書が必要です。

人身事故の場合は保険対象になりますが、物損事故の場合は自賠責保険の対象にはなりません。任意保険の場合は、契約内容によって補償されます。

駐車場の事故で警察を呼ばなかった場合のリスク

リスク①慰謝料請求できない

慰謝料請求のための書類
Mikhail Nilov Pexels

事故が起きたときに警察を呼ばないと、事故証明書を発行してもらえません。事故証明書がなければ、慰謝料の請求ができないため、警察を呼んで対応してもらいましょう。

また、事故証明書がなければ、通院治療にかかった費用や、休業損害慰謝料の請求もできなくなります。相手が警察を呼ぶのを嫌がる場合もありますが、示談に応じることは避けてください。

リスク②物損事故から人身事故への切り替えができない

交通事故でレントゲン撮影する人
RODNAE Productions Pexels

怪我人がいない事故の場合は、物損事故となります。「修理代を払えば警察を呼ばなくてもいい」と考える人もいますが、物損事故でも警察に対応してもらいましょう。

もしも後から怪我に気づいても、事故証明書がなければ、人身事故への切り替えができません。また、自動車の損壊などがある場合、当事者同士で示談交渉しても、のちにトラブルへ発展する可能性もあります。

被害者が泣き寝入りするケースもあるため、警察に連絡をして交通事故として記録してもらうことが大切です。

リスク③車両保険の利用ができない

交通事故で大破した車
snapsbyclark Unsplash

電柱や塀、車庫などに接触する自損事故の場合、被害者がいないから警察を呼ばなくてもよいと、考える人もいるでしょう。しかし、自損事故でも、警察を呼ばずに立ち去ることは当て逃げとなり、道路交通法違反の対象です

また、車両保険は、警察に連絡しないと利用できないこともあります。後日連絡することも可能ですが、なぜすぐに呼ばなかったのか、あらぬ疑いをかけられるリスクを伴います。

リスク④刑事処分が課せられる可能性もある

駐車違反を取り締まっている警察官
Utility_Inc

交通事故が起きた場合、警察へ連絡することが、道路交通法第72条で定められています。コンビニやスーパーなど、不特定多数の人が行き交う駐車場は、道路交通法が適用されます。

事故が起きても警察を呼ばなかった場合は、道路交通法違反に該当し処罰の対象です。また、道路交通法が適用されなくても、刑罰の対象となったり、民事損害賠償が適用されることもあります。

道路交通法第七十二条(e-GOV法令検索)

駐車場の事故で警察を呼ばなかった場合は多くのリスクがある

高級車が停まっている駐車場
jae park Pexels

駐車場で事故が起きたら、たとえ軽微でも速やかに警察を呼ぶことが大事です。自己判断で呼ばなかったら、後で大きなトラブルに繋がる可能性もあります。

警察を呼ばないことは、多くのリスクを伴います。自損事故や物損事故でも、警察を呼んで対応してもらいましょう。

伊藤

この記事のライター

伊藤

女の子と男の子の子育てをしながら、フリーライターをしています。交通事故や怪我に関する疑問を解決できるよう、主婦目線でわかりやすく説明していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故における加害者の生活への影響は?責任や対応についても解説

この記事では、交通事故を引き起こしてしまった加害者の生活に与える影響や加害者が負う責任について解説しています。 交通事故を起こした場合のリスクを知ることができるほか、加害者になった場合の相談先などをまとめています。ぜひチェックしてみてください。

交通事故の加害者が無保険の場合はどう対応すればいい?リスクや対処方法を紹介

交通事故の加害者が無保険だった場合、どのように対処したらよいのかご存じでしょうか。この記事では、加害者が無保険だった場合のリスクや無保険で考えられるケース、対処方法などを紹介しています。ぜひこちらを参考にしてみてください。

酒気帯び運転・酒酔い運転の刑事罰と行政処分を解説!|運転者以外にも罰則・罰金

飲酒運転の厳罰化が進む一方で、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分などに不安や疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。本記事では、飲酒運転の定義にはじまり、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分、また逮捕後の流れなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

自動車×自転車の接触事故で過失割合はどうなる?慰謝料についても解説

自動車×自転車の接触事故の場合、過失割合はどうなるのでしょうか。この記事では、自動車と自転車の接触事故における過失割合や慰謝料の相場についても詳しく解説しています。ご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

交通事故を人身扱いにしない場合の被害者のリスク|切り替えるには

交通事故を人身扱いにしない場合、被害者にどんなリスクがあるかご存じでしょうか。この記事では人身扱いにしない場合に考えられるリスクや、加害者が人身扱いにしたくない理由などについて紹介します。人身事故に切り替えるかお悩みの人は、ぜひこの記事をチェックしてください。

交通事故の慰謝料の相場はどのくらい?ポイントや減額されるケースも

交通事故に遭ったとき、慰謝料の相場はいくらぐらいかご存知でしょうか。本記事では、交通事故の慰謝料の相場や、その種類、受け取るために注意すべき点などを紹介しています。交通事故の慰謝料について疑問や不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

示談金を詳細解説!計算方法や増額するためのポイントも紹介

交通事故の被害者に支払われる示談金がどのようなものかご存じでしょうか?この記事では、示談金の意味や慰謝料との違いなどの示談金の基本情報や示談金の内訳、計算方法、示談交渉の流れなどについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

人身事故の罰金・罰則はどのくらい?点数についても詳しく説明!

人身事故を起こした場合、どのような罰則があるのでしょうか。この記事では、罰金や免許の違反点数など、人身事故の罰則について解説しています。万一の備えとして、人身事故を起こした際の罰金などについて知っておきたい方は、是非ご一読ください。

逸失利益について解説!計算方法や増額させるためのポイントも紹介

交通事故に遭った場合、逸失利益を請求できることをご存じでしょうか。この記事では、逸失利益の意味や種類、請求できる条件、計算方法、増額のポイントなどを紹介していきます。逸失利益について知りたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

事故によるバイクの修理費はどのくらいもらえる?費用の相場も紹介!

事故でバイクが故障したときの修理費についてご存知でしょうか。本記事では、バイクの修理費がどれくらいもらえるのかといった、バイクの事故を起こしたときに知っておきたい情報を紹介しています。バイクの修理費について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事