事故証明なしでも保険金はもらえる?もらえない理由や注意点も

事故証明なしでも、自動車保険や自賠責保険などの会社から、保険金はもらえるかを解説します。申請場所や発行期限、取得する際の注意点なども必見です。また、警察に連絡することの必要性や、事故証明なしで保険金をもらえないケースについても詳しく説明します。

事故証明なしでも保険金はもらえる?もらえない理由や注意点も

目次

  1. 事故証明なしでも保険金がもらえるのか解説
  2. 事故証明とは?
  3. 事故証明なしで保険金がもらえないケース
  4. 事故証明を取得するための注意点
  5. 事故証明なしだと保険金がもらえない可能性が高い

事故証明なしでも保険金がもらえるのか解説

事故で破損した車
cygnus921

事故証明は、保険会社へ保険金を請求するときに必要になる書類です。しかし、中には何らかの理由で、この証明書を取得していない人もいます。

本記事では、事故証明なしで保険金はもらえるのかを、詳しく解説します。また、保険金をもらえる方法やもらえないケースも説明するため、参考にしてください。

事故証明とは?

事故証明は事故を公的に証明する書類

事故証明書のイメージ
skillscouter Unsplash

交通事故に遭うと、まず警察による現場検証が行われます。検証が終了すると、現場は元のように修復されるのが、一般的です。そうすると、交通事故が起きたという現場での証明が、できなくなります。

後々、保険金の請求など、さまざまな手続きをするときに、交通事故に遭ったという証拠が必要になります。

車の破損や自分の怪我を見せるだけでは、信憑性に欠け証拠になりません。そこで、必要になるのが事故証明です。事故証明には、事故に遭った事実だけでなく、日時や場所、関係者などが詳細に記載されています。

交通事故証明書は、自動車保険(任意保険)、自賠責保険(強制保険)において保険金を請求する際に必要となる場合が多い重要な書類です。

出典: www.zurich.co.jp

警察に届ける必要がある

警察官とパトカー
coffeeschmal

道路交通法において、交通事故を起こしたら警察へ連絡することを、義務づけられています。また、警察署へ届出をしないと、事故証明は発行されません。たとえ小さな事故でも、必ず警察に届けてください。

忙しくて警察署へ行く時間がない場合は、加入している保険会社に連絡してみましょう。ほとんどの会社が、申請手続きから取得まで代行してくれます。

出典:交通事故は必ず警察に届け出を(四日市法律事務所)

事故証明の申請期限と申請場所

事故で破損した車
Jeff Milner

申請を自分で行う場合は、各都道府県に所在する自動車安全運転センターの窓口で、手続きをします。もしくは、自動車安全運転センターの公式サイトからも、当事者に限り申し込みが可能です。

また、最寄りの郵便局やゆうちょ銀行から、申請する方法もあります。その場合は、申請用紙に必要事項を記入し、手数料と一緒に申し込みます。申請には期限があり、人身の場合は事故発生から5年で、物損の場合は事故発生から3年です。

事故証明がもらえないこともある

事故で破損した白い車
PhotoDu.de / CreativeDomainPhotography.com

警察への届出を完了し、申請するための書類を揃えても、証明書が発行されないケースがあります。発行されるのは、原則的に公的な道路で発生した事故が対象です。

したがって、私有地や駐車場で発生した場合は、交通事故とみなされず、発行されない可能性があります。多くの人の出入りがある大型ショッピングモールの駐車場などは、適用される場合もあるようです。

事故証明なしで保険金がもらえないケース

ケース①事故があった証明ができない

事故でドア部分が破損した車
shrff14

保険会社は、まず本当に交通事故に遭ったのかという事実確認をします。特に単独事故の場合、証明書なしで事実を調査するのは、非常に困難です。

証明書なしの自己申告だけでは、不正請求とみなされるケースも多いです。また、ドライブレコーダーの記録だけでは不十分で、証拠として採用されない場合もあります。そうなると、保険金も受け取れないため、注意してください。

ケース②事故の調査が進まない

交通事故で破損した車
PublicDomainPictures

証明書には、事故当時の状況が詳細に書かれています。そのため、証明書なしで調査をするのは、非常に時間がかかるでしょう。場合によっては、調査自体をしてくれない可能性もあります。

調査が進まないと、保険金の受け取りもスムーズにできません。確実に受け取るためにも、速やかに手続きをして証明書を取得しましょう。

事故証明なしでも保険金がもらえることもある

赤い車の置物とお札が置かれている様子
free pictures of money

証明書なしのケース全てが、保険金を受け取れない訳ではありません。「人身事故証明書入手不能理由書」という書類に、取得できなかった理由を記入し、保険会社へ提出します。

そうすると、保険会社が調査をしてくれます。事実確認ができれば、保険金を受け取れるでしょう。ただ、事故から時間が経ち過ぎていたり、目撃者がいない場合は、事実確認が困難です。

人身事故証明書入手不能理由書は、保険会社に請求すると郵送されます。保険会社の公式サイトからも、ダウンロード可能です。

事故証明を取得するための注意点

注意点①単独事故でも警察を呼ぶ

2人の警察官
28704869

単独事故を起こしたときに、警察へ連絡しなくても大丈夫だろうという判断は、間違いです。先述したように、運転手には警察へ連絡する義務があります。

また、単独以外でも、相手が逃走した場合はそのまま警察を呼びましょう。可能であれば、相手の車のナンバーを控えておくと、後の調査がスムーズです。

出典:交通事故は必ず警察に届け出を(四日市法律事務所)

注意点②できるだけ事故現場を保存しておく

駐停車している白い車
AaronLMGoodwin

警察が到着するまでは、なるべく現場をそのままの状態にしておきましょう。現場検証の内容も、証明書作成に大きく関わってきます。

正確な証拠を残すためにも、極力現場を動かさない方が良いです。もちろん、二次災害を及ぼす危険を伴う場合は、安全を最優先にして車両などを移動させてください。

注意点③警察と保険会社に早めに連絡する

電話をしている保険会社の男性
espartgraphic

証明書の重要ポイントは、被害者と加害者の証言および現場の状況です。事故直後は、当事者も気が動転しているでしょう。そのため、警察や保険会社への連絡が遅くなると、記憶も曖昧になっていく可能性があります。

曖昧な証言をすると、証明書と整合性が取れなくなります。そのような事態を避けるためにも、早めに連絡を取ることが大切です。

注意点④事故状況を正確に伝える

2人の男性が話し合っている様子
StockSnap

警察が到着したら現場検証が行われ、事故の状況について聴取を受けます。この時に証言した内容を、警察が調書に記録し、証明書作成の参考にします。したがって、正確な証言をすることが重要です。

もし相手側が反論してきたとしても、警察が作成した証明書があれば、反証できる材料になります。自分の立場を正当化するためにも、おおいに役立つでしょう。

事故証明なしだと保険金がもらえない可能性が高い

事故を起こした青い車
rhonda_jenkins

事故証明は、交通事故に関するさまざまな手続きで、必要になることが多いです。また、証明書なしでは、保険金がもらえなかったり、示談交渉がスムーズに進まないリスクも伴います。

また、警察や保険会社に聞かれた質問には、正確に証言することもポイントです。信憑性の高い証明書を作成するためにも、早めに警察や保険会社に連絡しましょう。

もし交通事故に遭って痛みを感じる場合はドクター交通事故に相談してみてください。

おすすめの通院先を無料で案内してくれます。

お急ぎの方も安心!24時間365日対応

0120-013-780 完全無料

【営業時間】 平日 10:00〜21:00 土日 10:00〜19:00

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故における加害者の生活への影響は?責任や対応についても解説

この記事では、交通事故を引き起こしてしまった加害者の生活に与える影響や加害者が負う責任について解説しています。 交通事故を起こした場合のリスクを知ることができるほか、加害者になった場合の相談先などをまとめています。ぜひチェックしてみてください。

交通事故の加害者が無保険の場合はどう対応すればいい?リスクや対処方法を紹介

交通事故の加害者が無保険だった場合、どのように対処したらよいのかご存じでしょうか。この記事では、加害者が無保険だった場合のリスクや無保険で考えられるケース、対処方法などを紹介しています。ぜひこちらを参考にしてみてください。

酒気帯び運転・酒酔い運転の刑事罰と行政処分を解説!|運転者以外にも罰則・罰金

飲酒運転の厳罰化が進む一方で、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分などに不安や疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。本記事では、飲酒運転の定義にはじまり、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分、また逮捕後の流れなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

自動車×自転車の接触事故で過失割合はどうなる?慰謝料についても解説

自動車×自転車の接触事故の場合、過失割合はどうなるのでしょうか。この記事では、自動車と自転車の接触事故における過失割合や慰謝料の相場についても詳しく解説しています。ご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

交通事故を人身扱いにしない場合の被害者のリスク|切り替えるには

交通事故を人身扱いにしない場合、被害者にどんなリスクがあるかご存じでしょうか。この記事では人身扱いにしない場合に考えられるリスクや、加害者が人身扱いにしたくない理由などについて紹介します。人身事故に切り替えるかお悩みの人は、ぜひこの記事をチェックしてください。

交通事故の慰謝料の相場はどのくらい?ポイントや減額されるケースも

交通事故に遭ったとき、慰謝料の相場はいくらぐらいかご存知でしょうか。本記事では、交通事故の慰謝料の相場や、その種類、受け取るために注意すべき点などを紹介しています。交通事故の慰謝料について疑問や不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

示談金を詳細解説!計算方法や増額するためのポイントも紹介

交通事故の被害者に支払われる示談金がどのようなものかご存じでしょうか?この記事では、示談金の意味や慰謝料との違いなどの示談金の基本情報や示談金の内訳、計算方法、示談交渉の流れなどについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

人身事故の罰金・罰則はどのくらい?点数についても詳しく説明!

人身事故を起こした場合、どのような罰則があるのでしょうか。この記事では、罰金や免許の違反点数など、人身事故の罰則について解説しています。万一の備えとして、人身事故を起こした際の罰金などについて知っておきたい方は、是非ご一読ください。

逸失利益について解説!計算方法や増額させるためのポイントも紹介

交通事故に遭った場合、逸失利益を請求できることをご存じでしょうか。この記事では、逸失利益の意味や種類、請求できる条件、計算方法、増額のポイントなどを紹介していきます。逸失利益について知りたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

事故によるバイクの修理費はどのくらいもらえる?費用の相場も紹介!

事故でバイクが故障したときの修理費についてご存知でしょうか。本記事では、バイクの修理費がどれくらいもらえるのかといった、バイクの事故を起こしたときに知っておきたい情報を紹介しています。バイクの修理費について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事