10対0の事故車は買い替えたほうが良いかを解説!判断基準や注意点も

10対0の事故車は買い替えたほうが良いかを解説します。過失割合が10対0になる事故のケースや、修理費用が高額になるケースなども説明!また、保険会社からもらえる賠償金額や、車を買い替える判断基準についても載せているため、参考にしてください。

10対0の事故車は買い替えたほうが良いかを解説!判断基準や注意点も

目次

  1. 10対0の事故車は買い替えたほうが良い?
  2. 交通事故の過失割合の基本情報
  3. 10対0の事故車を買い替えたほうが良い理由
  4. 10対0の事故車を買い換えるときの判断基準
  5. 10対0の事故車を買い換えるときの注意点
  6. 10対0の事故車を買い換えるかは状況を見て判断しよう

10対0の事故車は買い替えたほうが良い?

前部分が破損した車
652234

交通事故は、加害者と被害者の双方に、過失のあるケースがほとんどです。しかし、中には被害者側に全く過失のない、10対0の事故もあります。

本記事では、10対0になる事故は、車を買い替えたほうが良いか解説します。また、買い替えの判断基準や賠償金額についても説明するため、チェックしてみてください。

事故車の買取は廃車本舗にご相談ください。

・初めての廃車でも手厚いサポートで安心

・他社より高額で車を買い取ることができます

・廃車費用は一切いただきません

どんな状態の車でも高価買取が見込めます。

交通事故の過失割合の基本情報

過失割合とは?

追突事故が起きた様子
JessicaSarahS

交通事故において、加害者と被害者の責任の割合を示したものです。全体を10として、どちらがどのくらいの過失があるのかが、わかります。加害者と被害者の過失割合が10対0の場合は、加害者がすべての責任を負うことになります。

当事者双方の過失を数値でわかりやすくあらわしたのが「過失割合」です。過失割合は、9対1、8対2、7対3といった具合に表現されます。過失割合が大きい方の当事者は事故の加害者、過失割合が小さい方の当事者は事故の被害者と呼ばれるのが一般的です。

出典: atomfirm.com

過失割合の決め方

追突事故が起きた様子
Pixel-mixer

過失割合は、基本的に加害者側の保険会社によって算出されます。被害者側の保険会社は算出された過失割合を受け、過去の判例や事例と照らし合わせて検分します。そして、双方が合意すれば、最終的な過失割合の決定となる流れです。

また、双方が納得できず揉めてしまった場合は、裁判によって裁判官が決定することもあります。なお、警察は民事の過失割合を、決定することはできません。

過失割合が10対0になるケースとは?

事故で破損した車
ArtisticOperations

過失割害が10対0となるケースは、被害者に全く過失がない事故のみです。例えば、赤信号で停止していたときに、後ろから追突された事故などが該当します。他にも、センターラインを越えて、対向車がぶつかってきたケースもあります。

また、被害者の車も走行していた場合は、双方に過失が認められることがほとんどで、10対0になることは稀です。

10対0の事故の損害賠償額

車の置物とお札
QuoteInspector.com

過失割合は、損害賠償の金額を決定する重要な指標となります。過失割合が10対0となる場合は、加害者側が損害金を全額負担するのが一般的です。被害者の損害金額が200万円であれば、加害者側は200万円を支払わなければなりません。

10対0の事故が物損事故の場合は、修理代などの諸費用を請求することが可能です。人身事故の場合は、治療費や慰謝料なども請求できます。

10対0の事故車を買い替えたほうが良い理由

理由①事故車は査定で不利になる

事故で破損した車
Garrette

フレームやエンジンなどの重要な部分を修理した車は、事故車(修復歴車)と判断されます。また、事故車は査定額が大幅に低くなるため、売却するときは不利です。修理しても再び故障する可能性のある車を、高額で査定する買取り店はありません。

車の状況によっては、買取りさえしてくれない店舗もあるでしょう。しかし、事故車に乗り続けても、さまざまな障害が起きる可能性もあります。安くても売却して買い替えたほうが良いケースも多いです。

理由②修理費用が買い替えより高くなることがある

修理中の車
Mídia Pexels

車のダメージが大きい場合は、修理費用が高くつく傾向にあります。特に車のフレーム部分の修理や、エンジンの載せ替え費用などは高額です。金額によっては、新車に買い替えたほうが、安く済むケースもあるでしょう。

修理を依頼する前に業者に見積もりを出してもらい、買い替えとどちらが良いかを、検討してください

理由③乗り続けると危険な場合がある

交通事故で破損した車
Dan4th

破損した部分によっては、買い替えをしなければ、危険を伴うこともあります。例えば、車の骨格部分は修理をすると、見た目は元のように綺麗な状態になるでしょう。しかし、内部まで完全に元へ戻すことは不可能です。

修理後しばらく経つと、真っすぐ走行できないなどの、不具合が見られるケースもあります。乗り続けることに不安や危険を感じたら、買い替えをしたほうが良いでしょう。

10対0の事故車を買い換えるときの判断基準

判断基準①修理にかかる費用

修理されている白い車
Artem Podrez Pexels

修理費用は、買い替えにするかどうかの大きな判断基準になります。車のどの部分を修理するのか、破損の程度はどのくらいかによって、費用が異なります。ドアやミラーなどの修理費用は比較的安いですが、走行に関わるフレームやエンジン部分は高額です。

また、高級車や外国の車などは、部品の取り寄せに手間がかかり、高額になるケースが多いです。目安として100万円を超える場合は、買い替えを選択したほうが良いでしょう。 

判断基準②損傷のあった部位

修理をされている車
Mídia Pexels

損傷のあった部位によって、事故車になるかどうかが判断されます。前述のように、車のフレーム部分を修理した場合は、査定額も大幅に下がるため、買い替えたほうが良いでしょう。事故車として扱われる、修復歴のつく箇所は以下の通りです。

  • クロスメンバー
  • サイドメンバー
  • ダッシュパネル
  • インサイドパネル
  • ルーフパネル
  • ピラー
  • トランクフロア
  • フロア

判断基準③修理後の安全性

車を運転している様子
JESHOOTS.com Pexels

修理後でも安心して車に乗れるかも、重要なポイントです。損傷を受けた部分やダメージの大きさによっては、完全に修復できないこともあります

自分以外の人が同乗する場合もあるため、車の安全には注意が必要です。安全面で不安が残る場合は、新車への買い替えを検討したほうが良いでしょう。

判断基準④車の年数や走行距離

道路を走行している車
Onkel Ramirez Pexels

事故車であるかどうかに関わらず、走行距離が10万kmあるいは年式が10年を超えると、査定の金額が大きく下がります。

そのため、走行距離が長く年式の古い車であれば、修理をせずに買い替えるほうがおすすめです。すなわち、このケースに該当しなければ、修理することを視野に入れても良いといえます。

判断基準⑤車のローン

車の置物とお金と鍵
free pictures of money

車のローンが残っているまま新車を買い替えると、二重ローンになってしまいます。今後の支払いに大きな負担がかかるため、買い替えをする前に返済計画を立てることが必要です

しかし、修理費用が高額な場合は、ローンを完済していなくても、買い替えたほうが良いケースもあります。また、車を売却して入ったお金と、加害者側から受け取れる保険金を、残りのローンに充てることも可能です。

10対0の事故車を買い換えるときの注意点

注意点①車両保険への影響を考える

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

車の任意保険には、等級が設定されています。保険を利用しなければ、毎年1つずつ等級が上がります。また、保険を利用した場合は、等級が3つ下がる仕組みです。等級が下がれば、次年度からの保険料の支払いが高くなります。

利用の仕方によっては、受け取る賠償金額よりも保険料の値上がりに影響を受け、損をすることもあります。そのため、保険を利用した場合、どのくらい保険料が上がるのか、保険会社に確認しておきましょう。

注意点②示談交渉は自分で行う

車の置物とコイン
QuoteInspector.com

10対0の事故で被害者になった場合、相手側の保険会社に損害金のすべてを、請求することが可能です。つまり、自分が加入している保険会社からの支出はありません。

そのため、自分側の保険会社は、相手側との示談交渉や請求手続きなどに、介入することができないのです。したがって、自分自身で行う必要があります。スムーズに交渉が進まない場合や、相手側と揉めてしまう可能性もあるでしょう。

自分で進めていく自信がなければ、弁護士に依頼するのも良い方法です。自分または家族が加入している保険に、弁護士特約が付いている場合は、弁護士にかかる費用が補償されます。

注意点③事故車を取り扱っている買取業者を探す

中古車が並んでいる様子
shankar s.

売却をする際に、事故車の買取りをしない業者も多くあります。業者によっては買取りをせずに、事故車の解体費や移送費用などを、請求してくる可能性もあるでしょう。

自分の条件にあった買取り業者が見つからない場合は、廃車買取りの専門業者を探してみるのも良いです。パーツや素材だけでも売却できると、買取り金額がつくこともあります。専門サイトで信用できる業者を見つけて、相談してみるのも良いでしょう。

10対0の事故車を買い換えるかは状況を見て判断しよう

交通事故で破損した車
NettoFigueiredo

過失割合が10対0の場合、事故で損害した総額を加害者側に請求することができます。しかし、修理をする箇所によっては、事故車として扱われることになります。安全面や費用によっては、買い替えたほうが良い可能性もあるため、よく状況を見てから判断しましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故における加害者の生活への影響は?責任や対応についても解説

この記事では、交通事故を引き起こしてしまった加害者の生活に与える影響や加害者が負う責任について解説しています。 交通事故を起こした場合のリスクを知ることができるほか、加害者になった場合の相談先などをまとめています。ぜひチェックしてみてください。

交通事故の加害者が無保険の場合はどう対応すればいい?リスクや対処方法を紹介

交通事故の加害者が無保険だった場合、どのように対処したらよいのかご存じでしょうか。この記事では、加害者が無保険だった場合のリスクや無保険で考えられるケース、対処方法などを紹介しています。ぜひこちらを参考にしてみてください。

酒気帯び運転・酒酔い運転の刑事罰と行政処分を解説!|運転者以外にも罰則・罰金

飲酒運転の厳罰化が進む一方で、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分などに不安や疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。本記事では、飲酒運転の定義にはじまり、飲酒運転に対する刑事罰や行政処分、また逮捕後の流れなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

自動車×自転車の接触事故で過失割合はどうなる?慰謝料についても解説

自動車×自転車の接触事故の場合、過失割合はどうなるのでしょうか。この記事では、自動車と自転車の接触事故における過失割合や慰謝料の相場についても詳しく解説しています。ご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

交通事故を人身扱いにしない場合の被害者のリスク|切り替えるには

交通事故を人身扱いにしない場合、被害者にどんなリスクがあるかご存じでしょうか。この記事では人身扱いにしない場合に考えられるリスクや、加害者が人身扱いにしたくない理由などについて紹介します。人身事故に切り替えるかお悩みの人は、ぜひこの記事をチェックしてください。

交通事故の慰謝料の相場はどのくらい?ポイントや減額されるケースも

交通事故に遭ったとき、慰謝料の相場はいくらぐらいかご存知でしょうか。本記事では、交通事故の慰謝料の相場や、その種類、受け取るために注意すべき点などを紹介しています。交通事故の慰謝料について疑問や不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

示談金を詳細解説!計算方法や増額するためのポイントも紹介

交通事故の被害者に支払われる示談金がどのようなものかご存じでしょうか?この記事では、示談金の意味や慰謝料との違いなどの示談金の基本情報や示談金の内訳、計算方法、示談交渉の流れなどについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

人身事故の罰金・罰則はどのくらい?点数についても詳しく説明!

人身事故を起こした場合、どのような罰則があるのでしょうか。この記事では、罰金や免許の違反点数など、人身事故の罰則について解説しています。万一の備えとして、人身事故を起こした際の罰金などについて知っておきたい方は、是非ご一読ください。

逸失利益について解説!計算方法や増額させるためのポイントも紹介

交通事故に遭った場合、逸失利益を請求できることをご存じでしょうか。この記事では、逸失利益の意味や種類、請求できる条件、計算方法、増額のポイントなどを紹介していきます。逸失利益について知りたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

事故によるバイクの修理費はどのくらいもらえる?費用の相場も紹介!

事故でバイクが故障したときの修理費についてご存知でしょうか。本記事では、バイクの修理費がどれくらいもらえるのかといった、バイクの事故を起こしたときに知っておきたい情報を紹介しています。バイクの修理費について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事