骨挫傷で症状固定になったら後遺症は出る?慰謝料についても説明

骨挫傷で症状固定になったら後遺症は出るのかを解説します。骨挫傷の主な症状や治療内容、症状固定までの時期の目安も説明!また、交通事故による骨挫傷で後遺症が残った場合の、後遺障害等級認定や後遺障害慰謝料についてもまとめています。

骨挫傷で症状固定になったら後遺症は出る?慰謝料についても説明

目次

  1. 骨挫傷で症状固定になったら後遺症は出るか?
  2. 骨挫傷と症状固定とは?
  3. 骨挫傷の症状固定後の後遺症と慰謝料
  4. 骨挫傷で症状固定になったら後遺症が出ることもある

骨挫傷で症状固定になったら後遺症は出るか?

交通事故で骨挫傷をした足
- EMR -

交通事故に遭って怪我をした際、いつまでも痛みが引かず、病院で骨挫傷と診断されることがあります。骨挫傷はあまり聞き慣れない傷病名のため、どのような症状であるのか、不安になる人もいるでしょう。

本記事では、骨挫傷とはどのような状態のことであるのか、治療内容も併せて解説します。また、症状固定と診断されて、後遺症が残ったときの対処法も説明するため、参考にしてください。

骨挫傷と症状固定とは?

骨挫傷の原因と症状

交通事故で骨挫傷をした足
keirstenmarie

交通事故で受けた衝撃によって、関節同士がぶつかったり、腱や靭帯などが骨の表面から剥がれることで発症します。骨自体がボキッっと折れるのではなく、骨の内部が損傷した状態です。

膝や足の関節、手指の中手骨などを屈曲するときに、痛みを伴うことが多いです。また、骨内部の出血や炎症による熱感覚、腫れなどの症状があります。

骨挫傷の検査方法

骨挫傷をした膝
Towfiqu barbhuiya Pexels

骨挫傷は、骨の内出血を起こしている状態です。レントゲンやCT検査では、骨の異常を見つけることができません。交通事故後いつまでも痛みが引かず、原因が分からないことも、あるでしょう。

そのような場合は、MRI装置で骨の内出血の有無を調べる必要があります。MRI検査では、ミクロ単位の細かいヒビまで発見できるため、原因を正確に知ることが可能です。

骨挫傷の治療法

病院の治療室
vitalworks

交通事故で骨挫傷を発症して、24~27時間くらいの初期段階では、RICE療法を行うケースが多いです。RICE療法とは応急処置方法のひとつで、痛みや炎症を和らげることができます。

R(rest)は安静、I(ice)は冷却、C(compression)は圧迫、E(elevation)は挙上を意味します。基本的な応急処置を終えたら、ギプスやテーピングなどを使って、症状に合わせた固定を行うのが一般的です。

固定をされると日常生活で不便になりますが、初期段階で行うと治り方が早いです。また、並行して骨内部の炎症を和らげるために、消炎剤等の投与が行われることもあるでしょう。

他にも、病院によっては、カプセル内で全身に圧をかける酸素カプセルや、超音波治療なども選択できます。また、ある程度痛みが和らいだ時期になると、関節を動かしたり、筋トレなどのリハビリを進めていきます。

症状固定とは?

骨挫傷で足が痛い様子
Kindel Media Pexels

症状固定とは、交通事故による怪我の治療を、これ以上続けても回復の見込みがないと診断された状態のことです。つまり、症状固定になると、その時点で怪我の症状が、後遺症として残ったことを意味します。

また、基本的には症状固定を機に、治療は終了したとみなされます。同時に、加害者側の保険会社から支払われていた、治療費やリハビリ費用も打ち切りです。もしも、引き続き治療を受けたい場合は、被害者が治療費を自己負担をすることになります。

ただし、現状を維持するために、治療やリハビリが不可欠であることを認められた場合は、請求できるケースもあります。そのような状況であれば、主治医へ相談して証明できる書類を作成しなければなりません。

また、症状固定は、損害賠償面でも意味を持ちます。症状固定は、受けることができる損害賠償金の、内容や金額が変わるタイミングになるからです。

症状固定の時期の目安

骨挫傷をした手首
towfiqu999999 Unsplash

症状固定の時期の目安は、怪我の症状や痛みの原因、個人の体質などによってさまざまです。骨挫傷を発症したことで、神経症状に後遺症が残ることもあるでしょう。

後遺障害等級認定を申請するには、一般的に症状固定まで半年以上必要です。理由は、引き続き治療を受ければ、完治するのではないかと疑われるからです。そして、後遺障害等級を認定するほどの症状ではないと、認識される可能性が高くなります。

また、症状固定まで半年以上かかった場合でも、1ヶ月以上の通院が途絶えると、認定が困難になるでしょう。怪我の種類による、症状固定の目安は以下の通りになります。

打撲

1ヶ月

骨折

6ヶ月

むちうち

3~6ヶ月

高次脳機能障害

1年~数年

症状固定によって請求できる賠償項目が変わる

赤い車とお札
ElisaRiva

症状固定後は、今まで受けていた損害賠償の項目が変わります。症状固定前に支払われていた治療費や休業損害、傷害慰謝料などは、打ち切りになります。

そして、症状固定後は、後遺障害慰謝料や逸失利益などを受け取ることが可能です。ただし、症状固定の診断を受けたら、後遺障害等級に認定されることが条件になります。

また、診断を受けていなくても、保険会社の方から「そろそろ症状固定ではないか?」と打診されることがあります。しかし、症状固定かどうかを決定できるのは、医師のみです。そのため、自己判断で保険会社の打診に応じず、医師に相談をして検討しましょう。

骨挫傷の症状固定後の後遺症と慰謝料

骨挫傷で出やすい後遺症

骨挫傷をした膝
wuestenigel

骨挫傷は、骨の内部が損傷していることで、さまざまな障害を生じます。初期段階で適切な応急処置や治療を行うと、約1ヶ月で治るケースが多いです。しかし、中にはしびれや痛み、麻痺などの神経症状が、後遺症として残る場合もあります。

また、可動域制限のような機能障害に後遺症が残った場合、等級認定されることは、ほとんどないです。骨挫傷による機能的な部分の後遺症は、他の障害と合併している可能性もあります。

認定される可能性がある後遺障害等級と慰謝料

3台の車の置物とお札
QuoteInspector.com

骨挫傷で後遺障害等級に認定される可能性があるのは、神経症状に伴う後遺症です。また、後遺症を医学的に証明できる場合は、12級13号に認定されます。医学的な説明に留まる場合は、14級9号に認定される可能性が高いです。

骨挫傷はもともと治療しやすい傷病で、症状固定時には回復していることも多いです。そのため、器質的損傷の証明をしにくい傾向にあります。したがって、14級9号に認定されるケースのほうが多いでしょう。後遺障害慰謝料の金額については、以下の通りです。

等級

自賠責基準

弁護士基準

12級13号

約94万円

約290万円

14級9号

約32万円

約110万円

出典:障害等級表(厚生労働省)

後遺症が後遺障害として認定されるためのポイント

骨挫傷をして治療を受けている女性
RODNAE Productions Pexels

先述のように、後遺障害として認定されるためには、後遺症であることを証明できるように、準備が必要です。骨挫傷は骨内部の損傷であるため、レントゲンやCT検査で、はっきりと確認することができません。

水分を多く含んでいる骨内部を調べたいときは、MRI検査が良いです。痛みの原因をMRI画像で証明することで、後遺症と認定されるための有用な資料になります。

骨挫傷で症状固定になったら後遺症が出ることもある

骨挫傷をした足
jepoirrier

骨挫傷で症状固定になると、後遺症が出ることもあります。後遺症が残ったら、後遺障害等級認定を申請してください。ただし、認定されやすいのは、機能的なものではなく、神経症状による後遺症のほうになります。

また、MRI画像を準備したり、症状固定まで定期的に通院することも、認定されやすいポイントであるため覚えておきましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちが治らないときの対処法|やるべきことを解説

交通事故にあって首の痛みや背中に違和感があるという場合にはむちうちを疑い、整形外科を受診しましょう。この記事ではむちうちについての基礎知識やむちうちが治らない場合の保険会社への対処法などを紹介しています。いざという時に対処できるようご一読ください。

交通事故による骨盤骨折の後遺症について解説!慰謝料の相場も紹介

交通事故の骨盤骨折で後遺障害等級を認定してもらうためにはどうしたら良いのでしょう。この記事では、交通事故の骨盤骨折による後遺症で認定される後遺障害等級や等級申請の手順、慰謝料の相場などを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

症状固定とはどういう意味?時期の目安や損害賠償についても紹介!

症状固定とはどういう意味であるのか、詳しくまとめました。交通事故による怪我の種類別にみた、症状固定の時期の目安も解説!症状固定後の治療費はどうなるのか、後遺障害等級認定や後遺障害慰謝料についても説明するため、参考にしてください。

労災認定後に症状固定になったらどうする?対処法や給付金額を解説

労災認定後に症状固定になったとき、取るべき手続きや対処法について詳しく解説します。症状固定のしくみを説明!また、後遺障害手続きに必要な申請書類や様式、等級ごとの給付金額も合わせて紹介します。症状が再発した後の労災認定要件もまとめているため参考にしてください。

側面に衝突された際のむちうちの症状とは?検査内容や治療法も解説

側面に衝突されたときのむちうちは、どのように起こるかを解説します。むちうちの症状や側面衝突された場合によく見られる症状、検査内容や治療法、時期に応じた治療や後遺障害等級認定についてもまとめています。むちうちになった方は、ぜひご覧になってみてください。

交通事故で足の痛みが続くのはなぜ?原因や受けるべき検査を解説

交通事故で足の痛みが続く原因を徹底解説します。骨折や膝関節のしびれ、椎間板ヘルニアなど、症状によって受けるべき検査も紹介!また、交通事故による足の痛みで後遺障害が残った場合の、等級認定や慰謝料についても説明するため、参考にしてください。

交通事故で手首の痛みが出る原因を解説!治療法や後遺障害についても

交通事故で手首に痛みが出る理由について、詳しく解説します。交通事故により、手首の関節がどのような損傷を受けたのか、痛みの原因と具体的な症状を説明!また、検査方法と治療法も紹介します。手首の痛みによる後遺障害等級や、慰謝料の目安も記載しているため、参考にしてください。

症状固定は誰が決める?後遺障害等級認定の手順やトラブルも紹介!

症状固定は誰が決めるのか解説しています。交通事故で症状固定となったときに医師と起こりうるトラブルや、損害賠償請求権の時効についても解説。症状固定までの期間を決めるのは誰なのか、後遺障害が残ったときの流れも参考にしてください。

交通事故で股関節に痛みが出る原因は?通院先や後遺障害についても

交通事故で股関節に痛みが出る原因を解説します。機能障害など股関節を損傷することで引き起こす症状や、通院先、治療内容も詳しく説明!交通事故で股関節の痛みに関する後遺症が残った場合の、等級認定や慰謝料の相場も紹介するため、参考にしてください。

交通事故で胸の痛みが出る原因を解説!症状や治療法についても説明

交通事故で胸の痛みが出る原因をまとめています。交通事故で外傷を受けるパターンや、痛みが出やすい症状も説明!また、痛みの原因に応じた検査内容と治療法も紹介します。胸部打撲による後遺障害が残ったときの、等級認定についても解説するため、参考にしてください。

交通事故の怪我・症状の人気記事

よく読まれている記事