非接触事故で警察を呼ばないとどうなる?リスクや対応策を解説

非接触事故で警察を呼ばないとどうなるか、詳しく解説します。車や歩行者と接触を伴わない交通事故で警察を呼ばないリスクや、加害者が警察を呼ばないで立ち去った際の被害者の対応策も紹介します。非接触事故の概要や事例もまとめているため、参考にしてください。

非接触事故で警察を呼ばないとどうなる?リスクや対応策を解説

目次

  1. 非接触事故で警察を呼ばないときのリスクを解説
  2. 非接触事故の概要と事例
  3. 非接触事故で警察を呼ばないときのリスク
  4. 非接触事故の加害者が警察を呼ばないで立ち去ったときの対応策
  5. 非接触事故でも警察を呼ばないとさまざまなリスクがある

非接触事故で警察を呼ばないときのリスクを解説

駐車場で起きた事故
wanderingone

運転中に車や歩行者と衝突しそうになり、急ブレーキを踏んだ経験がある人も多いでしょう。驚いた歩行者や衝突を回避した車のドライバーが怪我をしてしまうケースも少なくありません。

本記事では、非接触事故で警察を呼ばないときのリスクを解説します。加害者が警察を呼ばないで立ち去ってしまった場合の対応策もまとめています。

非接触事故の概要と事例

非接触事故とは?

駐車場内の様子
State Farm

非接触事故とは、文字通り接触のなかった交通事故のことを言い、誘因事故とも呼ばれます。
物理的にぶつかっていない交通事故や、接触しておらず、接触を避けるために起きてしまった交通事故などが非接触事故に該当します。

出典: amane-law.or.jp

他者や車との接触を伴わない交通事故が非接触事故です。急な飛び出しで驚いて転んでしまった場合も非接触事故に該当します

車や人と接触することで、交通事故に気付くドライバーも多いです。しかし、何の衝撃もない非接触事故は、気づかずに立ち去ってしまう人も少なくありません。

交通事故の現場を1度離れてしまうと、ひき逃げ事故として扱われ、免許取り消し処分となる可能性が出てきます。接触していない場合も、怪我人の救護にあたりましょう。

事例①車同士または車と歩行者の事故

歩行者用の信号機
Darius Krause Pexels

接触寸前の車同士が回避行動をとることで、障害物に激突したり、首を痛める非接触事故も少なくありません

また、歩行者が車と接触しそうになり転倒したり、驚いた勢いで障害物に激突して怪我を負う場合があります。

車と歩行者の非接触事故は、歩行者が横断歩道を横断中に多いです。このような歩行者と車の非接触事故は、安全運転を心がけることで回避できます。

事例②自転車同士または自転車と歩行者の事故

転倒した自転車
vaccinium Unsplash

車同士だけではなく、自転車同士の非接触事故の事例もあります。生身で乗車する自転車は、転倒するだけで、大怪我に繋がることも少なくありません。スピードを出している自転車を避けようとして転倒するケースも多いため、注意が必要です

歩行者と自転車は距離が近く、お互いを避けるために転倒するケースも多いでしょう。歩行者と自転車が非接触事故を起こさないためにも、スピードの出し過ぎや歩きスマホなどに注意してください。

非接触事故で警察を呼ばないときのリスク

リスク①自分の主張が通らなくなる

道路を見ている警察官
spaztacular

非接触事故で警察を呼ばない場合、自分の主張が通らなくなるというリスクが生じます。非接触事故の相手のみが警察に連絡していた場合、相手の言い分をもとに捜査が進められます

相手の言い分だけで捜査されるため、警察にひき逃げや当て逃げをしたと判断されるケースも少なくありません。

リスク②交通事故証明書がもらえない

取り調べを行う警察官
llee_wu

非接触事故を警察に届け出ることで、警察から交通事故証明書が発行されます。交通事故証明書には、交通事故の発生日時や当事者の情報が記載されています

交通事故証明書は、自賠責保険や任意保険の被害者請求で必要です。交通事故証明書がない場合、被害者請求に余計な手間がかかります。

リスク③当たり屋の被害にあうことがある

事故を起こした2台の車
Accretion Disc

非接触事故は、当たり屋の言い分が通じる可能性が出てくるため、注意が必要です。当たり屋の被害に遭わないためには、正しい証拠を提出する必要があります。

警察を呼ぶことで、事故現場の捜査が行われます。当たり屋は事態が長引くことを望まないため、正しい情報を用意して潔白を証明しましょう

非接触事故の加害者が警察を呼ばないで立ち去ったときの対応策

対応策①相手のナンバープレートを記録する

営業用ナンバープレート

非接触事故は、事故を起こしたことに気づかずに立ち去ってしまう人も多いため、当事者を探すことが困難です。

非接触事故の相手がバイクや車の場合、相手のナンバープレートを記録しておきましょう。相手のナンバープレートが分かれば、立ち去ってしまった相手を割り出すことも可能です

対応策②目撃者の連絡先を聞いておく

人身事故の現場
f999999_key

車にドライブレコーダーや防犯カメラを設置している人は、映像が証拠になります。事故を証明できる映像がない場合は、損害賠償請求を行うためにも、交通事故の目撃者の連絡先を聞いておきましょう。

目撃者の証言があることで、事故と怪我の因果関係の証明ができます。目撃者の証言や証拠となる映像がない場合、事故との因果関係が証明困難になり、損害賠償の請求ができません。

事故に遭ったら、その場で交通事故の目撃者の連絡先を聞き、なるべく多くの証言を集めておきましょう。

対応策③警察に通報する

警察官とパトカー
coffeeschmal

非接触事故でも怪我人がいる場合は、警察に通報して、交通事故証明書を発行してもらいましょう。車や人との接触の有無にかかわらず、事故を起こした場合は警察への通報が義務付けられています

警察への通報を怠ると、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられるため、注意が必要です。警察へ通報しないと、リスクが生じることを覚えておきましょう。

出典:第百十九条(e-gov 法令検索)

対応策④被害者等通知制度を確認する

事故で破損した車
Brett L.

被害者等通知制度は、被害者が希望する場合に、警察の捜査した事件の処分結果が確認できる制度です。被害者等通知制度から非接触事故の加害者が罰則を受けている場合、過失が加害者にあることが確認できます。

被害者等通知制度によって、事故との因果関係を明らかにでき、損害賠償請求を有利に進められます。被害者等通知制度を利用する場合は、警察庁への連絡が必要です。

出典:被害者等通知制度実施要領(法務省)

非接触事故でも警察を呼ばないとさまざまなリスクがある

あおり運転を取り締まる警察
mattpopovich Unsplash

非接触事故でも警察を呼ばないと、交通事故証明書が発行されないなどのリスクが生じます。また、自分の主張が通らなくなる可能性が出てくるため、注意が必要です。

加害者が警察を呼ばないで立ち去ってしまった場合は、相手のナンバープレートの記録や目撃者と連絡先の交換を行ってください。そこから、事故との因果関係を証明して、解決に繋げましょう。

M.U

この記事のライター

M.U

システムエンジニアの経験もあり、パソコンやプログラミングも興味がある、主婦ライターです。 休日は子どもとお出かけをしたり、料理や工作をして楽しんでいます。 さまざまな知識をいかして、多くの情報を発信していきます!

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

物損事故で使える保険の種類を解説!請求の手順や注意点も紹介!

物損事故で使うことができる保険の種類を、詳しく解説します。警察への連絡や交通事故証明書の重要性なども説明!保険金に関わる事故後の処理の流れもまとめています。物損事故で自分または加害者側の保険会社へ、請求する流れや注意点も載せています。

後遺障害等級について解説!認定が必要な理由や等級別の症状も紹介

後遺障害等級について徹底解説します。交通事故で後遺症が残った場合の症状別等級や、慰謝料など損害賠償の金額の相場も説明!後遺障害等級の申請手続きの方法や、認定されやすいポイントなども載せているため、ぜひ参考にしてください。

破産管財人は何をする人?基本情報や業務内容を詳しく説明!

破産管財人とはどのような役割を担い、何をする人なのか詳しく解説します。破産管財人が財産に対して持つ権限や、地位や立場、業務内容について説明!破産管財人が選任されたときの、破産者の注意点もまとめているため、参考にしてください。

自損事故の修理代にかかる費用は?相場や使える保険について解説

自損事故の修理代としてかかる費用について、詳しく解説します。損傷箇所別の修理代の相場や、費用の変動要因を説明!また、自動車保険を自損事故の修理代に充てる時の補償範囲についても、合わせて紹介します。保険を使うかどうかの判断基準も挙げているため、ぜひ参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事