事故車を修理しないで現金を受け取れる?手順や注意点についても解説

事故車を修理しないで現金を受け取れるのかを解説します。保険金を修理費用に使わず、買い替えや他のことに充てることができるのかも説明!事故車を修理しないで現金を受け取る手順や見積もり方法や、請求する際の注意点などもまとめています。

事故車を修理しないで現金を受け取れる?手順や注意点についても解説

目次

  1. 事故車を修理しないで現金を受け取れるかを解説
  2. 事故車を修理しないで現金を受け取れる?
  3. 事故車を修理しないで現金を受け取る手順
  4. 事故車を修理しないで現金を受け取るときの注意点
  5. 事故車を修理しないでも現金を受け取ることはできる

事故車を修理しないで現金を受け取れるかを解説

事故で破損した車
652234

交通事故に遭って車が損傷すると、保険金を受け取ることができます。また、保険金額は、修理費用の見積もりに基づいて、決定されます。しかし、受け取った現金は、必ず修理費用に充てる必要があるのでしょうか?

本記事では、修理しないでも保険金を受け取れるのかを、解説します。また、保険金を請求する流れや、気を付けておくポイントも説明するため、参考にしてください。

事故車を修理しないで現金を受け取れる?

修理しない場合でも保険金は受け取れる

車の置物とお金
ElisaRiva

受け取った保険金は、必ず修理代に使わなければならないという、決まりはありません。買い替え資金に充てても、現金だけを受け取っておいても良いです。

受け取る保険金は、事故で損傷した車に対する損害賠償です。そのため、受け取った相手が修理に出さないことを、問題視することはなく、違法行為でもありません。ただ、修理しない場合でも、修理費用の見積もりだけは、出しておくと良いでしょう。

もし事故車を修理する場合、任意保険の「車両保険」に加入していれば修理費用に相当する保険金を受け取れます。では修理しない場合は請求できるのでしょうか。答えはYESです。車両保険金は発生した損害に対して支払われるもので、必ずしも修理は義務付けられていないからです。

出典: carnext.jp

受け取った現金を買い替え資金に充てることもできる

車の置物と白い電卓
free pictures of money

事故による車の破損が大きい、または修理代が高額になるときは、修理しないで買い替えを検討するのも良いです。特に車体の骨格部分が損傷した場合は、注意が必要です。骨格部分は、車の操縦性に関わる重要な部分になります。

骨格部分が一度歪んでしまうと、見た目は元に戻っていても、機能回復が難しいのです。修理後しばらくすると、まっすぐに走行できないなどの、トラブルが生じる可能性もあります。そのため、受け取った現金を、買い替え資金に充てるケースも多いです。

事故車を修理しないで現金を受け取る手順

手順①警察に通報

道路に立っている2人の警察官
papidridri44 Unsplash

事故に遭ったら、まずは怪我人の救護措置をして、警察へ連絡をすることが重要です。相手側が警察へ連絡することを渋り、示談で済ませようとする可能性もあります。

しかし、怪我人の救護や警察への連絡は、道路交通法で定められた、運転者の義務です。これらの義務を怠ると、5万円以下の罰金または3ヶ月以下の懲役を課せられることを、認識しておきましょう。

出典:物損事故と報告義務(弁護士法人泉総合法律事務所)

手順②加害者と自分の保険会社へ連絡

電話をしている弁護士の男性
espartgraphic

警察へ連絡をしたら、相手の免許証と車検証を確認して、必要事項を記録します。主な記録内容は、住所、氏名、自賠責保険会社、任意保険会社、車両ナンバーなどです。

また、それぞれに契約している保険会社にも、連絡してください。その際は、可能な限り詳細に事故の状況を伝えましょう。もしも、修理しない可能性が高い場合は、その旨伝えておくと、あとの手続きがスムーズに行えます

手順③事故車の修理の見積もりをしてもらう

事故で破損した車
baleman

保険会社へ連絡をしたら、担当者が事故現場または修理工場の方へ、事故車の調査に来ます。警察の実況見分が終了していれば、事故車を修理工場へ移送します。修理工場は自分で決めても良いし、保険会社に紹介してもらうことも可能です。

また、修理を依頼する場合は、修理工場側が見積もりを行います。修理しない場合は、保険会社の担当者が、概算見積もりをするのが一般的です。保険会社によってやり方が異なるため、担当者としっかりコミュニケーションをとっておきましょう。

手順④保険金の請求書を提出する

書類に記入をしている様子
Sora Shimazaki Pexels

概算見積もりを行ったら、保険金額が決まります。被害者は金額を確認してから、保険金を請求する手続きが必要です。

また、申請に必要な書類は、保険金請求書や事故証明書、事故車の写真などです。提出期限や必要書類も、保険会社によって異なるため、事前に確認してください。

手順⑤保険金を受け取る

お札とコイン
stevepb

必要書類を全て提出したら、保険金を受け取れます。受け取り方法は、指定口座へ現金で振り込まれるのが一般的です。保険金額は、車の時価や損害範囲内で、保険会社が決定しています。

そのため、中古者相場価格と同額になるわけではありません。振り込まれた現金が、見積もりの金額と同じであるかも、確認しましょう。

事故車を修理しないで現金を受け取るときの注意点

注意点①実際に修理するよりも補償金額が減る

車の置物とコイン
QuoteInspector.com

修理しないで現金を受け取る場合は、実際に修理するよりも、補償金額が少ないケースもあります。なぜなら、修理しない場合は、保険会社の調査員が、概算で修理代の見積もりを出すからです。また、見積もりから調査費用を、差し引かれることもあります

他にも、見積もり書に記載されている消費税は、補償金額には含まれません。実際は修理しないため、部品代や修理費用にかかる消費税は、必要ないからです。

注意点②免責金額を設定していると保証金額が減る

車の置物と書類とお札
free pictures of money

自動車保険には「車両保険の免責金額」という項目があります。免責金額とは、事故車の修理代の中で、自分が負担する金額のことです。免責金額を設定していると、保険料の支払いが安くなるため、契約時に設定する人もいます。

自分が加入している自動車保険は、免責金額を設定しているかどうかを、確認してください。もしも、免責金額を設定している場合は、修理しないで受け取れる現金が、少なくなる可能性が高いです。

注意点③翌年からの保険料が上がる

3台の車の置物とお札
QuoteInspector.com

自分が加入している車両保険を使用すると、次年度の等級が1等級または3等級下がります。どちらの等級で下がるのかは、事故の内容によって決まります。1等級下がる場合は1年間、3等級下がる場合は3年間適用され、保険料が上がる仕組みです。

保険金を受け取った場合は、どのくらいの保険料が値上がりするのかを、事前に確認する必要があります。場合によっては、保険金を受け取らない方が良いこともあるため、しっかり検討しましょう。

事故車を修理しないでも現金を受け取ることはできる

事故で破損した車
ArtisticOperations

交通事故による車の損傷で、保険金を受け取った場合、必ずしも修理費用に充てなくても良いです。買い替えをしても、ただ現金を受け取るだけでも、当事者に任されています。

修理しない可能性が高い場合は、保険会社に知らせておくほうが、あとの手続きがスムースです。ただし、状況によっては、保険金額が少なくなったり、次年度の等級が下がるリスクもあることを、認識しておきましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

物損事故で使える保険の種類を解説!請求の手順や注意点も紹介!

物損事故で使うことができる保険の種類を、詳しく解説します。警察への連絡や交通事故証明書の重要性なども説明!保険金に関わる事故後の処理の流れもまとめています。物損事故で自分または加害者側の保険会社へ、請求する流れや注意点も載せています。

後遺障害等級について解説!認定が必要な理由や等級別の症状も紹介

後遺障害等級について徹底解説します。交通事故で後遺症が残った場合の症状別等級や、慰謝料など損害賠償の金額の相場も説明!後遺障害等級の申請手続きの方法や、認定されやすいポイントなども載せているため、ぜひ参考にしてください。

破産管財人は何をする人?基本情報や業務内容を詳しく説明!

破産管財人とはどのような役割を担い、何をする人なのか詳しく解説します。破産管財人が財産に対して持つ権限や、地位や立場、業務内容について説明!破産管財人が選任されたときの、破産者の注意点もまとめているため、参考にしてください。

自損事故の修理代にかかる費用は?相場や使える保険について解説

自損事故の修理代としてかかる費用について、詳しく解説します。損傷箇所別の修理代の相場や、費用の変動要因を説明!また、自動車保険を自損事故の修理代に充てる時の補償範囲についても、合わせて紹介します。保険を使うかどうかの判断基準も挙げているため、ぜひ参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事