物損事故で警察を呼ばなかったらどうなる?連絡するときのポイントも

物損事故で警察を呼ばなかったとき、加害者と被害者にどのようなリスクがあるのかまとめています。警察を呼ばなかったことで起こりうるトラブルや、後日連絡した際の慰謝料についても解説。物損事故で連絡するポイントも説明しているため、交通事故にあった際の参考にしてください。

物損事故で警察を呼ばなかったらどうなる?連絡するときのポイントも

目次

  1. 物損事故の連絡をせずに警察を呼ばなかったときのリスクを解説
  2. 物損事故で警察を呼ばなかったときのリスク
  3. 物損事故で警察に連絡するときのポイント
  4. 物損事故の連絡をせず警察を呼ばなかったらリスクがある

物損事故の連絡をせずに警察を呼ばなかったときのリスクを解説

事故に遭って潰れた黒い車
blende12

物損事故が起きたとき、負傷者がいないことや軽微な事故という理由で、警察を呼ばないケースがあります。しかし、負傷者がいない物損事故であっても、警察を呼ばなければなりません。

なぜ連絡が必要なのか、警察を呼ばなかった場合のリスクについて解説します。物損事故で警察に連絡するときのポイントも、併せて参考にしてください。

物損事故で警察を呼ばなかったときのリスク

後から怪我がわかっても慰謝料を請求できなくなる

交通事故に遭って怪我をした頬をタオルで押さえる男性
Sammy-Sander

負傷者がいない事故の場合、警察へ連絡する必要がないと考える人もいるでしょう。しかし、その場では怪我をしていないと判断しても、後日、痛みが出ることもあります。そうすると、物損事故から人身事故へ切り替える手続きが必要です。

人身事故への切り替えには、交通事故証明書が必要です。しかし、警察を呼ばなかった場合、交通事故証明書を発行してもらえません。

また、交通事故証明書がなければ、治療費や慰謝料の請求もできなくなります。後日発行してもらうこともできますが、スムーズに発行してもらえない可能性もあります。そのため、軽微な事故であっても示談交渉には応じず、すぐに警察へ連絡しましょう。

警察への届け出がその場でできなかったときは、後日、事故の当事者のいずれかが最寄りの警察署に届け出ることもできます。ただし、日時が経過していると事故現場の傷跡が薄れ過失認定ができない、身体に痛みが出ても交通事故との因果関係が証明できないなどのトラブルになる可能性が高いため注意が必要です。

出典: www.zurich.co.jp

損害賠償請求でトラブルになる可能性がある

物損事故のトラブルで困っている男性
Andrea Piacquadio Pexels

車の破損などがある場合、被害者は加害者へ修理費や買替差額費を、請求することができます。損害賠償を請求する場合も、交通事故証明書が必要です。

警察を呼ばずに示談交渉に応じた場合、加害者と連絡が取れない、事故で不利な立場になるなどのトラブルになることもあります。修理費用など、実際にかかった損害を支払ってもらうためにも、警察を呼んで適切に対応してもらいましょう。

当て逃げとして扱われることがある

当て逃げされて後部がへこんだ車
artistmac

自損事故で被害者がいないため、警察へ連絡しなくてもよいと考える人もいるようです。しかし、自損事故であっても、警察へ連絡しなければなりません。

ガードレールやフェンスなどが破損したにもかかわらず、警察を呼ばずに立ち去れば、当て逃げになります。また、車両保険は、交通事故証明書がなければ、利用できない可能性もあります。

道路交通法違反になる

物損事故の調書をとる警察官
cottonbro Pexels

たとえ物損事故であっても、交通事故を起こしたら、警察へ連絡することが道路交通法で定められています。そのため、警察へ連絡しない(事故不申告)ことは、道路交通法違反に該当します。

場合によっては、刑事処罰の対象になることもあるため、事故が起こったらすぐに警察へ連絡しましょう。

道路交通法第七十二条(e-GOV法令検索)

物損事故で警察に連絡するときのポイント

ポイント①事故の発生場所を伝える

物損事故の連絡を警察にする人
hazardos Unsplash

まずは事故が発生した場所を、警察へ伝えます。土地勘がない場所であっても、目印になる建物や道路標識がないか、確認してみてください。また、スマートフォンアプリを使う、近くにいる人へ確認してみるなどの方法も良いでしょう。

ポイント②現場の状況を正確に伝える

黄色い車に追突した赤い車
Pixel-mixer

場所を知らせたら、事故現場の状況も正確に伝えましょう。負傷者や物損の有無を確認した上で、警察へ分かりやすく状況を伝えます。物損事故の場合、負傷者はいませんが、状況によっては救急車へ連絡することも必要です。

ポイント③壊れたものの破損状況を伝える

車が激突して大きな穴が空いた壁
speak_memory_ Unsplash

物損事故の場合、車両の他に破損しているものと状態を、警察に伝えます。電柱やフェンス、ガードレールなど、何がどのように破損しているか、具体的に伝えます。

また、車両に積載物があるかどうかも、併せて説明しましょう。事故を起こすとパニックになりますが、落ち着いて伝えることが大切です。

物損事故の連絡をせず警察を呼ばなかったらリスクがある

交通事故の連絡を受けてパトカーで駆けつけた警察官
diegoparra

物損事故の場合、示談で済ませようとしたり、警察へ連絡せずに立ち去ってしまう人もいます。しかし、物損事故であっても、警察への連絡は必要です。

警察を呼ばないことは、加害者にとっても被害者にとっても、多くのリスクがあります。慰謝料請求ができない、人身事故へ切り替えできないこともあるため、必ず警察を呼びましょう。

伊藤

この記事のライター

伊藤

女の子と男の子の子育てをしながら、フリーライターをしています。交通事故や怪我に関する疑問を解決できるよう、主婦目線でわかりやすく説明していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

労災指定病院について解説!他の病院を受診した場合の手続方法も紹介

労災指定病院について詳しく解説します。労災指定病院とはどのような医療機関であるのか、受診するメリットや労災病院との違いも説明!また、労災保険の使い方や、他の病院を受診した場合の申請手続き方法もまとめているため、参考にしてください。

10対0の事故車は買い替えたほうが良いかを解説!判断基準や注意点も

10対0の事故車は買い替えたほうが良いかを解説します。過失割合が10対0になる事故のケースや、修理費用が高額になるケースなども説明!また、保険会社からもらえる賠償金額や、車を買い替える判断基準についても載せているため、参考にしてください。

もらい事故で車の修理代を請求する流れは?受け取れる賠償金についても

もらい事故で車の修理代を請求する流れについて解説します。自分に過失がない場合は、保険会社の介入なしで示談交渉を行うなどの、車の修理代を請求する流れでの注意点も説明!また、もらい事故で請求できる賠償金についてもまとめているため、参考にしてください。

事故車は保険で修理しないで買い替えるべき?判断基準や注意点も解説

事故車は保険で修理しないで買い替えたほうが良いのか解説します。損壊した車両を修理したときの査定額や見積もりについても解説!全損した事故車は、保険で修理しないで買い替えた方が得なのか、迷ったときの判断基準も参考にしてください。

事故車は買い替えと修理のどちらが良い?判断基準や注意点について解説

事故車は買い替えと修理のどちらが良いかを徹底解説します。買い替えか修理かを判断する基準や、全損した場合に活用できる保険も紹介!買い替え費用を、車両保険から受け取るまでの手順も説明します。事故で請求できる損害賠償の範囲もまとめているため、参考にしてください。

10対0の事故に遭ったときの修理費用を解説!買い替えの判断基準も

10対0の事故に遭った車両の修理費用について詳しくまとめています。過失割合が10対0の事故の場合、車両は買い替えた方が良いのか解説。保険会社と示談交渉する際の注意点や、修理費用を踏み倒されたときの対処法も取り上げているので参考にしてください。

事故車は修理と買い替えのどちらを選ぶべき?メリットやデメリットも

事故車は修理と買い替えのどちらを選ぶべきかを解説します。事故車の修理と新車への買い替えの判断基準や、メリットとデメリットも説明!また、費用に関する保険会社の補償内容や、二重ローンなどの注意点も載せているため、参考にしてください。

もらい事故で修理費用は請求できる?使える保険や相場についても説明

もらい事故で修理費用は請求できるのかを解説します。もらい事故に遭ってから修理費用が確定するまでの流れや、車両のパーツごとに費用相場も説明!また、もらい事故で利用できる保険や、被害者が請求可能な補償内容もまとめているため、参考にしてください。

事故車は廃車と修理のどちらにすべき?方法や注意点・賠償金についても

事故車は廃車と修理のどちらにすべきかを解説します。廃車か修理かを判断する基準や、買取業者に依頼する費用面でのメリットも説明!廃車と修理の手続き方法や、事故車の全損扱いで請求できる保険金についてもまとめているため、参考にしてください。

事故車を修理しないで現金を受け取れる?手順や注意点についても解説

事故車を修理しないで現金を受け取れるのかを解説します。保険金を修理費用に使わず、買い替えや他のことに充てることができるのかも説明!事故車を修理しないで現金を受け取る手順や見積もり方法や、請求する際の注意点などもまとめています。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事