交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説します。受け取れる慰謝料の種類や、算定方法ごとにどのくらいの相場になるのかも説明!交通事故で入院したときに保険会社へ請求できる費用や、その他の賠償金についても載せているため、参考にしてください。

交通事故で入院したときの慰謝料の相場を解説!他の賠償金についても

目次

  1. 交通事故で入院したときに慰謝料はどのくらいもらえる?
  2. 交通事故で入院したときに請求できる慰謝料
  3. 交通事故の入院でもらえる慰謝料の相場
  4. 交通事故の入院で慰謝料以外に請求できる費用
  5. 交通事故で入院したら慰謝料を請求しよう

交通事故で入院したときに慰謝料はどのくらいもらえる?

交通事故で車同士が衝突した様子
Pixel-mixer

交通事故による損傷で入院が必要になったら、まずは適切な治療をして回復することが重要です。そして、しかるべき慰謝料や損害金を請求して、納得できる解決を図りましょう。

本記事では、交通事故の入院で請求できる慰謝料や損害金の種類について、徹底解説します。また、慰謝料の請求方法によって、相場はどのくらいであるかも紹介します。

交通事故で入院したときに請求できる慰謝料

慰謝料とは?

車の置物とお札
QuoteInspector.com

慰謝料は、交通事故に遭ったことで生じた精神的苦痛を、金銭に変えたものです。人身事故に遭った場合に、相手側に請求することができます。

物損事故の場合は、相手側の保険会社が、損傷した車の修理費用などを補償します。それで、物的損害が回復すれば、精神的苦痛は解消されると捉えるのです。そのため、物損事故の場合、慰謝料は支払われないのが、一般的です。

交通事故によってケガをして人身的な被害を受けた場合、請求できる可能性のある慰謝料は、「入通院慰謝料(傷害慰謝料)」「後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)」「死亡慰謝料」の3種類あります。

出典: www.adire.jp

入通院慰謝料

聴診器を持っている医師
voltamax

交通事故による怪我の治療で、入院や通院をしたことによって生じた、精神的苦痛に対する慰謝料のことです。入通院が必要なほど受傷したということから、傷害慰謝料とも呼ばれています。

相手側の保険会社と示談交渉をして金額が確定したら、入通院慰謝料を請求します。示談交渉が成立すると示談書に署名と押印をして、約2週間後に指定の銀行へ振り込まれる流れです。

後遺障害慰謝料

後遺障害で車いすに乗っている人
stevepb

交通事故による怪我の症状が完治せずに、後遺症として残ることがあります。その場合は、後遺障害として慰謝料を請求することが可能です。ただし、請求するには後遺障害等級に認定される必要があります。

病院で医師に症状固定と診断を受けたら、後遺障害診断書を作成してもらいましょう。診断書を入手したら、後遺障害等級認定の申請手続きを、忘れないようにしてください。

出典:後遺障害等級表(国土交通省)

交通事故の入院でもらえる慰謝料の相場

慰謝料の算定基準

車の置物とお札
ElisaRiva

交通事故で入院したときにもらえる慰謝料の相場は、算定基準によって、どのくらいになるかが決まります。算定基準は、自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準の3通りです。慰謝料の相場は、自賠責基準が最も低く、弁護士基準が最も高くなります

したがって、入院でもらえる慰謝料の相場は、被害者の症状や年齢、立場などで、変わるものではありません。被害者がどのようにして慰謝料を請求したのかが、大きく影響します。

目安①自賠責基準

車の置物と電卓
free pictures of money

自賠責保険の入通院慰謝料は、1日あたり4,300円と定められています。4,300円に入通院日数をかけた数字が、慰謝料の相場です

ただし、自賠責保険の賠償金は、入通院慰謝料以外の休業損害なども含めて、上限が120万円と決まっています。それ以上の金額は支払われないため、注意しましょう。詳しい計算方法は、次の通りです。1と2の計算方法で、金額の少ない方が慰謝料額とされます。

  1. 【入院日数+(実通院日数×2)】×4,300円
  2. 治療日数×4,300円
出典:自賠責保険の支払基準が変わりました(交通事故弁護士ALG)

目安②任意保険基準

車の置物とお札と保険の書類
free pictures of money

任意保険基準は、加害者側の任意保険会社が、示談交渉の際に掲示してくる慰謝料額の算定基準です。

各任意保険会社によって、基準が異なり非公開のため、慰謝料の相場がどのくらいかは定かでありません。おおまかにいえば、自賠責基準よりは高額で、弁護士基準よりは低額です

任意保険基準は、本来被害者がもらうべき慰謝料額よりも、非常に低い金額で掲示してくることが多いでしょう。そのため、安易に受け入れないように、注意してください。示談交渉によって、実際の慰謝料の金額は決定されます。

目安③弁護士基準

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

弁護士基準による算定方法は、算定表を使用して慰謝料額の相場を計算します。骨折や内臓損傷など重傷のケースと、むちうちなど軽傷のケースの算定表が2種類あるため、注意してください。弁護士基準による入院慰謝料の相場は、次の通りです。

軽傷の場合

重傷の場合

1ヶ月

19万円

28万円

3ヶ月

53万円

73万円

4ヶ月

67万円

90万円

6ヶ月

89万円

116万円

出典:慰謝料算定表の使い方|弁護士基準の表を見る方法(交通事故弁護士ALG)

交通事故の入院で慰謝料以外に請求できる費用

費用①入院治療費

入院中の女性が治療を受けている様子
RODNAE Productions Pexels

入院治療費の主な内容は、検査料や診察料、投薬料、手術料などです。必要かつ相当な範囲内でかかった費用に対して、補償されます。費用を請求する際は、病院の診断書や診療報酬明細書などが、必要になる可能性が高いです。

また、治療として医学的に必要性のない場合や、過剰診療、高額診療においては、必要かつ相当な範囲内として認められません。そのため、賠償金はもらえないでしょう。

入院治療費の請求は、事故日から3年以内に申請するようにしてください。なぜなら、損害賠償請求権が時効になるためです。

費用②入院雑費

病室の中の様子
Presidencia de la República Mexicana

入院雑費は、1日あたり約1,500円を基準として、請求することが可能です。入院をするために必要な寝具や衣類などの日用品、栄養補給などの費用が賠償されます。

なお、損害が少額であり立証することも困難な場合は、基準額の約1,500円とされます。そして、入院期間に応じて、どのくらいであるかを算定することが多いです。

費用③交通費

道路を走行している公共バス
allenthepostman

被害者が入院や退院をする際に必要な交通費は、公共交通機関の料金を基準とした損害金をもらえます。ただし、タクシーを利用する場合は、視力を失う、盲導犬を連れているなど、相当の理由が必要です。

また、自家用車を使った場合は、1kmあたり約15円で計算されます。ちなみに、近親者が付添や見舞いをするための交通費は、原則として損害賠償の対象にはなりません。

費用④個室・特別室料

病院のベッドで横になっている女性
Parentingupstream

医師による指示があった場合には、特別室や個室にかかった費用も請求可能です。他にも、怪我の症状が重篤であったり、特別室以外に空きがなかったという理由でも、賠償が認められるでしょう。

例えば、高次脳機能障害の影響で脱抑制症状が見られ、個室の必要があったケースなどです。また、被害者が話すことができない状態で、文字のやりとりが治療で必要なケースなども該当します。

費用⑤付添看護費

患者と看護をする人
Prairiekittin

付添看護費とは入院や通院をするにあたり、被害者の家族や職業付添人が付き添うことで、必要なった費用です。ただし、補償される費用は、医師の指示があったり、必要性が認められる場合に限ります。

また、近親者の付き添いの場合は、1日あたり約6,500円が認められています。被害者の症状によっても、どのくらいの費用が補償されるのか異なるでしょう。通常、職業付添人の場合は、実費全額の賠償金が支払われます。

費用⑥器具・装具などの購入費

交通事故で松葉杖が必要な女性
Vic_B

器具や装具などは、必要かつ相当な範囲内で補償が認められます。また、回復までの相当期間で、器具や装具の交換が必要な場合も、将来費用として請求が認められる可能性も高いです。器具や装具の主な種類は、次の通りです。

  • 義歯・義眼・義手・義足
  • 眼鏡・コンタクトレンズ
  • 車いす・歩行訓練器
  • 電動ベッド・介護支援ベッド

費用⑦休業損害

入院をして仕事ができない女性
KkleinRN

休業損害とは、交通事故による怪我によって休業を余儀なくされ、本来得られるはずの収入を損失したことに対しての補償です。

労働者はもちろんのこと、専業主婦なども条件を満たせば、休業損害が認められます。また、交通事故に遭っても、被害者に損失がなければ休業損害は認められません。

費用⑧逸失利益

交通事故で入院をしている女性
porkbellysteve Unsplash

逸失利益は、交通事故で受傷したことにより、将来得られるはずの収益を失ってしまったことに対する損害です。得られなくなった収益分が、支払われます。基礎収入、労働能力喪失率、労働能力喪失期間、中間利息などを参考にして、損害金の相場が算定されます。

費用⑨その他

交通事故で入院をしている女性
RODNAE Productions Pexels

交通事故で受傷したことにより、さまざまな損害を被ることになります。交通事故での受傷が原因で転居を余儀なくされた場合は、因果関係が認められる範囲で転居費用も請求可能です

上記の他にも、必要かつ相当な範囲内で請求できる損害金が多くあります。主な内容は以下の通りです。

  • 【学生・生徒の学習費】授業料・通学定期代・保育料など
  • 【葬儀関係費用】葬儀費用・墓石建立費など
  • 【文書料】診断書料・照会費用・刑事記録謄写代など

交通事故で入院したら慰謝料を請求しよう

交通事故を起こした白い車と赤い車
free pictures of money

交通事故で入院をしたときに請求できる慰謝料は、大きく分けて入通院慰謝料と後遺障害慰謝料です。また、慰謝料の請求方法によって、どのくらいの金額で受け取れるかが異なります。

可能であれば、弁護士基準で算定すると、最も高額になる可能性が高いです。慰謝料以外にも請求できる費用があるため、本記事を参考に確認してみてください。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故後の通院は整骨院より整形外科がいい?違いや治療の注意点も解説

交通事故にあった後、整骨院と整形外科のどちらに通院すればよいのでしょうか。今回は整骨院よりも整形外科に行った方がよい理由と整骨院や接骨院を利用する際の注意点、交通事故後の基本的な流れなどを紹介しています。交通事故にあった際の、参考にしてみてください。

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら慰謝料はどうなる?注意点も解説!

交通事故で整骨院や接骨院へ通ったら、保険会社に慰謝料の請求ができるのかを解説します。交通事故後は、まず整形外科で受診することや、病院と併用することなど、整骨院や接骨院へ通院する際の注意点を説明!また、慰謝料の3つの算定基準もまとめています。

交通事故で怪我をしたら整体院へ通うべき?保険や通院の流れも

交通事故で怪我をしたら、整形外科と整体院どちらに通院すべきか詳しく解説します。整体院での治療内容や、整体院と整骨院(接骨院)との違いも紹介します。交通事故で整体院に通院した際、保険適用されるかについてもまとめているので、参考にしてください。

交通事故で接骨院と整形外科を併用する手順は?トラブルや注意点も解説

交通事故で接骨院と整形外科を併用して通院する方法と手順を、詳しくまとめています。交通事故による怪我の治療は、まず整形外科で受けることの重要性も説明!接骨院と併用する場合で、後遺障害慰謝料を受け取るためのポイントや注意点も解説します。

交通事故で整形外科を受診すべき理由とは?後遺症で困らないポイントも

交通事故で整形外科を受診すべき理由を解説します。交通事故による後遺症で整形外科の医師とトラブルになる原因や、後遺症が残ったときの慰謝料も紹介します。治療や通院しているにもかかわらず、後遺障害診断書が書いてもらえない時の対処法もまとめています。

交通事故にあったらどこで治療を受けるべき?治療時の注意点も

交通事故に遭った場合の治療先や治療費などについて、解説します。整骨院に通院する場合の注意点や、後遺障害が出た場合の流れ、ケガに対する慰謝料の決め方についてもまとめました。交通事故でケガをした際の治療について、深く理解して備えておきましょう。

交通事故の治療費打ち切り後も通院を続けるべき?自費を回避する方法も

交通事故後に保険会社から治療費を打ち切りがあった場合、通院を続けるべきかどうかについて解説します。交通事故後の自費負担を回避する方法も紹介!打ち切りを打診されたら、すぐに通院はやめるべきなのかなどについてもまとめていますので、チェックしてください。

交通事故は痛くない場合も通院しよう!病院に通う期間はどれくらい?

交通事故に遭った際、痛くないときの通院先について紹介します。交通事故の際に怪我の症状がなく、痛くない場合でも病院に通う必要性や通院先の病院をまとめました。また、通院する場合の期間や、慰謝料の請求に必要な書類も掲載しています。

交通事故で精神科に通院する理由は?発症する精神疾患や治療法も

交通事故で精神科へ通院する理由についてまとめました。交通事故が原因で発症する可能性のある精神疾患の種類と、治療先について解説します。精神疾患が後遺症となった場合の後遺障害等級の認定や、慰謝料についても解説しているので精神科を受診する際の参考にしてください。

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院できる?治療法の違いや注意点も解説!

接骨院(整骨院)と整形外科は同時通院することができるのか、保険で治療費を請求できるのかなどを、詳しく解説します。また、接骨院(整骨院)と整形外科の治療法の違いや同時通院を医師に相談する必要性、通院先を選ぶポイントなども説明するので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の通院の人気記事

よく読まれている記事