事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

目次

  1. 事故で自転車を買い替える際は補償してもらえるかを解説
  2. 事故で自転車が損傷したときの流れ
  3. 事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?
  4. 事故で自転車の買い替えをする際の注意点
  5. 事故で自転車の買い替えに対する賠償金は時価が原則

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえるかを解説

自転車を巻き込んだ交通事故
illustir

交通事故は自動車だけでなく、自転車に乗っていても起こることがあります。事故で自転車が破損した場合でも、買い替えや修理費用は補償されるのでしょうか?

本記事では、自転車事故の対応の流れや請求できる賠償金について、詳しく解説します。時価額はどのように算定されるのかも説明するため、参考にしてください。

事故で自転車が損傷したときの流れ

流れ①警察へ連絡する

警察官
jl_photos Unsplash

事故の大きさに関わらず、人がケガをしたり自転車が破損した場合は、警察に連絡をすることが重要です。相手によっては警察へ連絡をせずに、示談で済ませようとお願いされることもあります。

しかし、警察へ連絡しなければ、事故に遭ったという証拠が残らず、相手が逃げてしまったら何の補償もありません。通報したら、約15分ほどで警察が現場へ到着するでしょう。その際に警察から、事故の状況や連絡先、どこへ行く途中だったのかなどの質問を受けます。

流れ②相手側と連絡先を交換する

転倒した自転車
vaccinium Unsplash

警察へ連絡をして到着するまでの間に、相手側の連絡先を交換しておきます。相手の氏名や住所、仕事先などを記録しましょう。破損した自転車の写真を、携帯電話のカメラで撮影しておくと良いです。

この時点では、過失の話しなどを相手側としないように、注意してください。なぜなら、あとで自分にとって不利になり、賠償金が減額される可能性もあるためです。過失割合については、必ず保険会社などを介して行うことが重要です。

流れ③保険会社へ連絡する

保険会社の職員が仕事をしているイメージ
advogadoaguilar

事故処理が済んで帰宅をしたら、保険会社にも連絡をします。もしも、自分に過失がない場合は、自分が加入している保険会社を使う必要はありません。また、自分側にも過失がある場合は、保険会社に連絡をして、相手側との示談交渉などを任せます。

ただ、過失の有無に関わらず、自分が加入している保険会社にも、連絡をしておいたほうが安心でしょう

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?

補償してもらうには証拠が必要

事故で転倒した自転車
Hans

事故で自転車が損傷して買い替えや修理をする際は、賠償金を請求することが可能です。ただし、事故に遭って損傷したという証拠が、必要になります。保険会社に補償してもらうには、事故と自転車の損傷の因果関係を示さなければなりません

事故現場や自転車の損傷した部分の写真などは、有力な証拠となります。また、被害にあった自転車を購入したときの領収書があれば、用意しておくと良いでしょう。

賠償金額は事故時の時価が原則

赤い自転車
bowler1996p

自転車の買い替えや修理費用を、加害者側の保険会社に補償してもらう場合は、限度額があります。原則的に、事故に遭った時点での自転車の時価が限度額です。したがって、時価額以上にかかった費用は、自己負担となります。

購入時では高額だった自転車も、時が経ち使用しているうちに、時価額が下がることを認識しておきましょう。また、買い替えをせずに修理をした場合、費用が高額であっても、時価額までしか補償されません

例えば、事故によって壊れた腕時計の修理費用が10万円だったとして、その腕時計の時価が2万円とされたなら、この場合に支払われる賠償額は2万円が限度です。

出典: vs-group.jp

時価額の算定方法は?

青色の自転車
andriklangfield Unsplash

時価額の算定方法は、市場価格方式と減価償却を用いる方法があります。市場価格方式は、時価を評価する際に使う一般的な方法です。事故で損傷した自転車と、同類同型で同じ使用年数のものの価格を時価額とします。

一方、減価償却を使った算定方法は、時間の経過に応じて減少する自転車の価値を算定して、時価額を出します。つまり、購入時の自転車の価格と、使用年数で減少した価格を時価とする方法です。

しかし、あくまでも減価償却は、時価の目安として用いるものです。鑑定評価や参考価格表などで、損傷した自転車の時価を実証できれば、減価償却を使って算出する必要はありません。

スポーツ自転車の査定額は低くなることが多い

事故で破損したスポーツ自転車
Fachdozent

被害にあったのが、ロードバイクやマウンテンバイクのようなスポーツ自転車の場合は、ショックも大きいでしょう。もちろん、買い替えや修理にかかる費用の賠償金は、加害者側からもらえます。

しかし、スポーツ自転車でも、査定額はかなり低くなるのが一般的です。できる限り高額に査定してもらうためにも、行きつけの自転車店があれば、修理費用の見積もりを作成してもらうと良いです

自転車のカスタムパーツ代までは補償されない

自転車のサドル部分
TimothyJ

新しく買い替える場合、カスタムパーツ代は補償の対象外になります。保険会社にとっては、買い替え費用を補償したに上に、カスタムパーツも弁償したことになるためです。

新しく買い替えた場合は、事故車は保険会社が所有したことになります。保険会社によっては、まだ使える自転車のパーツを、売却することもあるでしょう。

場合によっては、被害者にそのまま事故車を引き取って良いとされることもあります。その点は、保険会社との交渉次第のため、確認してください。

事故で自転車の買い替えをする際の注意点

注意点①事故後はまず修理業者に点検をしてもらう

事故で転倒した自転車
erix!

事故で自転車が損傷したら、まずは自転車店で点検をしてもらうことが大切です。無傷で見た目は大丈夫でも、事故で衝撃を受けた自転車にそのまま乗るのは危険です。点検の際に、修理費用の見積もりも依頼すると良いでしょう。

事故で被害者になった場合は、相手側が賠償金を支払うため、修理店や保険会社と相談をして示談を進めていきます。また、損傷の程度によっては、買い替えたほうが安く済むケースもあります

注意点②買い替えを決めたら早めに保険会社へ請求する

保険の申請用紙と眼鏡とペン
free pictures of money

交通事故で自転車が破損して買い替えが必要な場合は、早めに加害者側の保険会社へ賠償金を請求してください。事故から時間が経ち過ぎると、市場価格が下がり時価も落ちる傾向があるため、賠償金額も少なくなります

また、時間が経ってから賠償金を請求すると、事故以外の原因で損傷したのではないかと、疑われる可能性も高いです。

事故で自転車の買い替えに対する賠償金は時価が原則

事故で破損した自転車
{Futuretester | Jason Tester}

交通事故で自転車が損傷して、買い替えが必要な場合は、補償金を受け取れることが可能です。補償は、事故で損害を受けた時点の自転車の時価が限度額になります。

そのため、買い替え費用が時価額を越えれば、差額は自己負担になることを、認識しておきましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故の慰謝料の相場はどのくらい?ポイントや減額されるケースも

交通事故に遭ったとき、慰謝料の相場はいくらぐらいかご存知でしょうか。本記事では、交通事故の慰謝料の相場や、その種類、受け取るために注意すべき点などを紹介しています。交通事故の慰謝料について疑問や不安がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

示談金を詳細解説!計算方法や増額するためのポイントも紹介

交通事故の被害者に支払われる示談金がどのようなものかご存じでしょうか?この記事では、示談金の意味や慰謝料との違いなどの示談金の基本情報や示談金の内訳、計算方法、示談交渉の流れなどについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

人身事故の罰金・罰則はどのくらい?点数についても詳しく説明!

人身事故を起こした場合、どのような罰則があるのでしょうか。この記事では、罰金や免許の違反点数など、人身事故の罰則について解説しています。万一の備えとして、人身事故を起こした際の罰金などについて知っておきたい方は、是非ご一読ください。

逸失利益について解説!計算方法や増額させるためのポイントも紹介

交通事故に遭った場合、逸失利益を請求できることをご存じでしょうか。この記事では、逸失利益の意味や種類、請求できる条件、計算方法、増額のポイントなどを紹介していきます。逸失利益について知りたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

事故によるバイクの修理費はどのくらいもらえる?費用の相場も紹介!

事故でバイクが故障したときの修理費についてご存知でしょうか。本記事では、バイクの修理費がどれくらいもらえるのかといった、バイクの事故を起こしたときに知っておきたい情報を紹介しています。バイクの修理費について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事