事故車は保険で修理しないで買い替えるべき?判断基準や注意点も解説

事故車は保険で修理しないで買い替えたほうが良いのか解説します。損壊した車両を修理したときの査定額や見積もりについても解説!全損した事故車は、保険で修理しないで買い替えた方が得なのか、迷ったときの判断基準も参考にしてください。

事故車は保険で修理しないで買い替えるべき?判断基準や注意点も解説

目次

  1. 事故車は保険で修理しないで買い替えることができる?
  2. 事故車を修理しないで買い替えるときに保険金は貰える?
  3. 事故車を保険金で修理しないで買い替えた方が良い理由
  4. 事故車を保険金で修理しないか買い替えるかの判断基準
  5. 事故車を保険金で修理しないで買い替えるときの流れ
  6. 事故車を保険金で修理しないで買い替えるときの注意点
  7. 事故車は保険金で修理しないで買い替えることができる

事故車は保険で修理しないで買い替えることができる?

事故で前面が潰れた車
PublicDomainPictures

事故に遭った車両は、修理しないで買い替えるべきか判断基準を詳しく解説します。修理することで買取査定にどのような影響があるのか、また買い替える時に見積もりを依頼する流れもまとめています。買い替えた方が良い理由や、保険を利用するときの注意点も参考にしてください。

事故車を修理しないで買い替えるときに保険金は貰える?

保険金を受け取り、修理しないで買い替えることは可能なのか解説します。また、車両が全損した場合、修理費用は支払われるのかもまとめています。

修理しなくても保険金は貰える

保険金のお札を両手で掴んでいる人
alexandermils Unsplash

保険金は、修理するしないに関わらず支払われます。受け取った保険金は、買い替えに使用しても問題ありません。保険金は、事故が発生したことによる、損害に対して支払われる金額です。

しかし、車両保険の設定金額の範囲内の保険金しか請求できないため、修理費用が補えない可能性もあります。

もし事故車を修理する場合、任意保険の「車両保険」に加入していれば修理費用に相当する保険金を受け取れます。では修理しない場合は請求できるのでしょうか。答えはYESです。車両保険金は発生した損害に対して支払われるもので、必ずしも修理は義務付けられていないからです。

出典: carnext.jp

全損した場合は買い替え費用を貰える

事故でぺしゃんこに潰れた車
karlsolano Unsplash

全損には「経済的全損」と「物理的全損」があります。物理的全損とは、修理できないくらい車両が損壊しているということです。修理できないのですから、修理費用ではなく買い替え費用が支払われます。

経済的全損とは、修理できる状態ではあるが買い替えた方が安い状況です。修理可能であっても、修理費用が高くつく場合は、買い替え費用しかし払ってもらえません。大切な車両など、修理して乗り続けたい場合でも、買い替え費用しか支払ってもらえないため注意しましょう。

事故車を保険金で修理しないで買い替えた方が良い理由

事故車を保険金で修理せずに、買い替えた方が良い理由についてまとめています。事故車と査定金額の関係や、買い替えるメリットについても解説します。

理由①事故車は買取の査定金額が低くなる

棒グラフと折れ線グラフが記された書類
Lukas Pexels

事故に遭って修理した車両には修復歴が付き、査定額が大きく下がります。修復歴がつくことで査定額が下がるだけでなく、場合によっては買い取りすらしてもらえないこともあります。

査定額が大幅に下がるのは、車両の骨格部分など、重要なパーツを修理した場合です。事故を起こして修理した場合でも、損壊したパーツによっては修復歴はつきません。その場合、査定額が大幅に下がることは少ないでしょう。

修復歴がついた車両の査定額が大幅に下がるのは、走行に影響があるからです。たとえ修復しても、元通りに直ったとは言い切れません。そのため査定額は、修復していない車両より低くなります。査定額の目安は、修復歴がない車両の半額程度です。

乗り続けるのであれば修理は必要ですが、買取査定額をアップさせるためにわざわざ修理するのは意味がありません。乗らずに売るのであれば修理せず、そのまま査定に出しても良いでしょう。

理由②故障の心配がない

事故車のボンネットを開けて修理する作業員
kostanayphotography Unsplash

事故に遭った車両は、修理しても安全に走行できるとは限りません。修理したから問題ないと思われがちですが、全く影響がないとは言い切れないのです。

特に車のフレーム部分は、乗り心地や操縦性能に大きな影響を与えます。元に戻ったように見えても、不具合が起こる可能性も高くなります。修理費用も高くなるため、買い替えを検討した方が良いでしょう。

理由③安く買い替えることができる

新しい青い車
grahamejenkins Unsplash

保険会社から支払われる保険金と、買取金額を合わせることで、車を安く購入できる可能性があります。査定額によって買取金額は変わるため、買い替えを検討している場合は見積もりを依頼してみましょう。

また、ひどい壊れ方をした車両でも、需要がある場合も想定されます。事故車を扱う中古車買取店では、高く買い取ってもらえる可能性があため、買い替えを検討する場合は、少しでも高く買い取ってもらえるよう、慎重に業者を選びましょう。

事故車を保険金で修理しないか買い替えるかの判断基準

状況によって、車両を修理すべきか買い替えるべきか変わります。迷ったときは、5つの判断基準に照らし合わせて検討しましょう。

判断基準①修理費用

机にノートを広げてお金を数える男性
Kuncheek Pexels

事故に遭った車両を修理する際、まずは見積もりを出してもらいます。見積りを出してもらい、修理費用が100万円を超える場合は買い替えた方が良いでしょう

事故の状況にもよりますが、修理費用が100万円を超えるケースは少なくありません。100万円を目安のひとつにして、修理しないか検討すると良いでしょう。

判断基準②補償費用

お札の上に積み上げられたコイン
stevepb

補償金は、加入している保険内容や、事故の過失割合によって変わります。年式の古い車は時価が下がっているため、保険金額も安くなるでしょう。

保険会社によって、全損か分損かの基準も違うため、支払われる金額に差が出ることもあります。補償金で修理費用を賄えない場合は、無理に修理をせずに買い替えを検討しても良いでしょう。

判断基準③ローンの有無

車購入の書類にサインする人
homajob Unsplash

修理費用が高額な場合は、コスト的にも買い替えた方が良いでしょう。しかし、まだローンが残っている場合は、買い替えるか慎重に検討するべきです

二重ローンになることで経済的な負担が増えるだけでなく、信用情報に影響を与えることもあります。二重ローンは金利が高くなることもあるため、注意しましょう。

判断基準④走行距離や車の年式

3台並んだクラシックカー
valdemaras Unsplash

走行距離が長く年式が古い車は、修理しないで買い替えた方が良いでしょう。走行距離10万km、年式が10年を超えた車両は、事故車でなくても査定額が安くなる傾向にあります。修理しても不具合が出る可能性も高く、安全面でも不安が残ります。

判断基準⑤損傷箇所

車のボンネットを開けてエンジンの修理をしている作業員
jumpstarterexpert Unsplash

フレームやダッシュパネル、ルーフパネルなど、重要なパーツが損壊した場合は修理しないで買い替えた方が良いでしょう。買取査定額が下がるだけでなく、走行にも影響を与える可能性があります。

また、エンジンが故障した場合も、修理費用が高額になるため買い替えた方が良いでしょう。エンジンが壊れた車両は不動車扱いとなり、査定額は大幅に下がります。

事故車を保険金で修理しないで買い替えるときの流れ

事故車を修理しないで、買い替えるときの流れを解説します。まずは、修理の見積もりを依頼して、費用がいくらになるのか確認するところから始めましょう。

流れ①修理の見積もりを依頼する

机の上に置かれた修理の見積書とペン
elodiso Unsplash

保険金額は、修理費用の見積もり額によって決まります。そのため、修理しない場合でも、見積もりを依頼する必要があります。しかし、全損事故で、廃車にするしかない場合は、修理の見積もりを依頼する必要はありません。

車両の買い取りを依頼する場合は、買取価格の見積もりも依頼します。買い取りと修理の見積もりを元に、買い替えるか検討しましょう。

流れ②保険会社へ連絡する

衝突した車と保険会社へ電話している女性
Tumisu

修理の見積もり金額を、保険会社に連絡します。費用の支払いを依頼後、指定の口座に保険金が入金されます。入金依頼をするときに、今後の保険料についてや、相手側の保険会社から支払われる賠償金についても確認しておきましょう。

流れ③新しい車に買い替える

ショップに並んだ新車
Pixabay Pexels

事故を起こした車は、売却するか廃車にするか決めます。見積もり金額に納得し、売却する場合は売却処理を行います。

売却処理を終えたら、保険金と売却費用を元に新車を購入しましょう。購入する車が決まったら、必要書類を用意して手続きを行います。

事故車を保険金で修理しないで買い替えるときの注意点

保険金を使用するときに、注意すべきポイントについて解説します。保険金で損をしないためにも、注意点を確認しておきましょう。

注意点①もらい事故の場合は被害者自身で示談交渉を行う

パソコンを見ながら保険会社と話し合いをしている男性
headwayio Unsplash

過失割合10対0のもらい事故の場合、示談交渉は被害者自身で行わなければなりません。保険のプロと示談交渉することになるため、相手の都合の良いように言いくるめられる可能性もあります。交渉が難航する可能性もあるため、弁護士を依頼することも検討しましょう。

注意点②車両保険を使うと等級が下がる

修理費用が書かれた書類と電卓とペン
777546

修理や買い替えに保険を使うと、等級が下がることになります。等級が下がると保険料が値上がりするため、結果的に損をする可能性もあります

保険料が上がることも視野に入れた上で、保険を使用するか検討しましょう。3等級下がる場合は、3年間保険料が値上がりするため、特に注意が必要です。

事故車は保険金で修理しないで買い替えることができる

事故で前面が潰れた黒い車両
michaeljinphoto Unsplash

保険金は、修理しないで買い替える場合でも受け取ることができます。修理しない場合でも見積もりが必要であるため、まずは修理工場に見積もりを依頼しましょう。

修理しても買取査定額が下がり、損をする可能性もあります。修理と買い替えどちらが得か、しっかり検討してください。

伊藤

この記事のライター

伊藤

女の子と男の子の子育てをしながら、フリーライターをしています。交通事故や怪我に関する疑問を解決できるよう、主婦目線でわかりやすく説明していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

物損事故で使える保険の種類を解説!請求の手順や注意点も紹介!

物損事故で使うことができる保険の種類を、詳しく解説します。警察への連絡や交通事故証明書の重要性なども説明!保険金に関わる事故後の処理の流れもまとめています。物損事故で自分または加害者側の保険会社へ、請求する流れや注意点も載せています。

後遺障害等級について解説!認定が必要な理由や等級別の症状も紹介

後遺障害等級について徹底解説します。交通事故で後遺症が残った場合の症状別等級や、慰謝料など損害賠償の金額の相場も説明!後遺障害等級の申請手続きの方法や、認定されやすいポイントなども載せているため、ぜひ参考にしてください。

破産管財人は何をする人?基本情報や業務内容を詳しく説明!

破産管財人とはどのような役割を担い、何をする人なのか詳しく解説します。破産管財人が財産に対して持つ権限や、地位や立場、業務内容について説明!破産管財人が選任されたときの、破産者の注意点もまとめているため、参考にしてください。

自損事故の修理代にかかる費用は?相場や使える保険について解説

自損事故の修理代としてかかる費用について、詳しく解説します。損傷箇所別の修理代の相場や、費用の変動要因を説明!また、自動車保険を自損事故の修理代に充てる時の補償範囲についても、合わせて紹介します。保険を使うかどうかの判断基準も挙げているため、ぜひ参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事