事故車は修理と買い替えのどちらを選ぶべき?メリットやデメリットも

事故車は修理と買い替えのどちらを選ぶべきかを解説します。事故車の修理と新車への買い替えの判断基準や、メリットとデメリットも説明!また、費用に関する保険会社の補償内容や、二重ローンなどの注意点も載せているため、参考にしてください。

事故車は修理と買い替えのどちらを選ぶべき?メリットやデメリットも

目次

  1. 事故車は修理と買い替えのどちらが良い?
  2. 事故車を修理するか買い替えるかの判断基準
  3. 事故車の修理と買い替えのメリット
  4. 事故車の修理と買い替えのデメリット
  5. 事故車の修理と買い替えに使える保険
  6. 事故車の修理と買い替えはメリット・デメリットをよく考えよう

事故車は修理と買い替えのどちらが良い?

前面が破損した事故車
elishka

交通事故で車が損傷すると、修理と買い替えのどちらにすべきか、悩む人も多いでしょう。それぞれのメリットとデメリットを理解しておけば、適切な判断ができます。

本記事では、修理にするか買い替えにするかの判断基準や、利用できる保険について解説します。事故の状況や事故車の状態、加入している保険によって、どちらが良いか違ってくるため、確認してみてください。

事故車を修理するか買い替えるかの判断基準

判断基準①修理費の金額

前面が破損した事故車
652234

費用がどのくらいかかるかによって、修理するより新車に買い替えたほうが、安く済むこともあります。事故車の損傷が大きいほど、費用は高額になるでしょう。

特に、車の骨格部分の修理や、エンジンの載せ替えになると、費用が高額になる傾向です。事故車の状態によっては、修理に100万円以上かかるケースもあります。そのため、業者に見積もりを出してもらってから、どちらにするか判断すると良いです。

判断基準②修理箇所や破損状況

破損した黒い車
blende12

事故車の破損状態により、どの部分の修理が必要なのかも判断基準になります。例えば、車の骨格部分は、見た目は元のように修復できたようでも、機能的な部分を完全に元へ戻すのは困難です。

修理後しばらくすると、真っすぐ走行できないなどのトラブルも見られます。大事故にも繋がる可能性があるため、骨格部分のダメージが大きければ、買い替えを検討する必要があるでしょう。

判断基準③過失割合

車2台とバイクの交通事故
nSeika

交通事故での過失割合によって、保険会社から受け取れる補償金額が異なります。過失割合とは、交通事故における自分と相手の過失の度合いを、割合で示したものです

特に自分の過失が大きい場合は、どのくらいの補償を受けられるのかを確認しましょう。おおよその補償額を知った上で、新車を買い替えることが可能なのか判断してください。

判断基準④車のローン

車の置物とお札
QuoteInspector.com

事故車のローンがまだ残っている場合は、注意が必要になります。なぜなら、ローン返済が完了するまで、車の所有権はローン会社やディーラ側になるからです。そのため、勝手に売却したり廃車にすることもできません。

保険会社へ連絡を取り必要な手続きをすれば、ローンが残っていても、新車へ買い替えることは可能です。車の修理費用より買い替えたほうが安い場合は、検討すると良いでしょう。

判断基準⑤車の走行距離や年式

車内の様子
Riccardo Pexels

事故車が古い年式のもので走行距離も長い場合は、修理が可能であっても、買い替えたほうが良いケースも多いです。古い年式の車は、交換する部品を手配するのも困難で、時間や費用がかかることもあります

年式が約10年で、走行距離が約10万km以上になると、事故車に関わらず査定金額も大幅に下がるのが一般的です。

判断基準⑥加入している保険の補償内容

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

当事者が被害者または加害者であるか、事故の状況などによっても、保険で補償される内容が異なります。事故車の時価額も、補償金額に大きく影響することを認識しておきましょう。

加入している保険で免責を設定している場合は、補償金額から差し引かれるため安くなります。また、保険会社が事故車を全損と分損のどちらで取り扱うかで、補償金額に違いが出るため、確認が必要です。

事故車の修理と買い替えのメリット

修理のメリット①負担額を抑えられる

交通事故で破損した車
NettoFigueiredo

修理をする最大のメリットは、事故による負担額を軽減できることです。車の走行に影響が出ない軽度の損傷であれば、費用も安く済みます。

任意保険で保険金をもらえれば、修理費用に充てることが可能です。特に、購入して間もない車であれば、修理をしたほうが良いでしょう。

修理のメリット②お気に入りの車に乗り続けられる

交通事故で破損した車
rhonda_jenkins

事故車になったとはいえ、愛着がある場合は、できる限り手放したくない人もいるでしょう。修理をすれば、お気に入りの車に乗り続けられるという、メリットがあります。

修理費用が高額な場合は、売却も視野に入れますが、自分でカスタムした愛車は要注意です。カスタムした車のため、買取金額が0円だったという失敗例もあります。

買い替えのメリット①新車を安く購入できる

赤い車
free pictures of money

保険会社からもらえる賠償金と、事故車を売却した資金を元手に、新車へ買い替えることも可能です。場合によっては、普通に新車を購入するよりも、安くなるというメリットもあります。

修理に出すと保険金を使うことは可能ですが、それで終わりです。しかし、修理してから買取をしてもらえば、新車へ買い替えられるくらいの、金額になる可能性もあります。

買い替えのメリット②故障の心配がない

新車の横に立っている男性
houdoken

事故車を修理すれば、見た目は綺麗に戻ることもあります。しかし、内部の機能的な部分を元通りにするのは、大変困難なことです。

しばらくは状態が良くても、次第に真っすぐ走行できないなどの、支障が出てくるケースも多くあります。新車に買い替えてしまえば、事故による故障のリスクがないため、心配する必要がありません。

買い替えのメリット③精神的苦痛がなくなる

新車の前に立っている男性
Adam Keys

事故車に乗ると縁起が悪いと感じて、精神的な苦痛を伴う人もいるでしょう。また、元のように修復しても、事故で破損した車の姿を見てしまうと、愛着が湧かなくなることもあります。

新車に買い替えると、精神的な苦痛を払拭できて、気持ちを切り替えられることがメリットです。

事故車の修理と買い替えのデメリット

修理のデメリット①車に修復歴がつく

修理中の事故車
Devolk

事故車を修理すると、修復歴がつきます。また、修復歴がついた車は、のちに売却する時の査定額が、大幅に下がるというデメリットがあります

ちなみに、ドアやミラーなど、車の走行に影響のないパーツだと、修復歴はつきません。修復歴車として取り扱われる場合は、廃車専門の買取業者へ相談すると良いです

修理のデメリット②故障のリスクが高くなる

修理をされている事故車
SinayKata

損傷した箇所を修理したとしても、その後しばらくしてから、走行に支障が出てくる可能性は高いです。小さくてもダメージが蓄積すると、別のパーツへも悪影響を与え、故障することもあります。また、その都度修理に出せば、かえって費用がかかるでしょう。

修理のデメリット③修理期間が長くなることがある

事故車を修理している男性
Joenomias

依頼する業者によっては、繁盛期などで修理完了まで時間がかかる場合もあります。長期休暇や年末年始前などは、特に時間がかかりやすいため、注意が必要です。また、事故車が古いタイプだったり、特殊な部品を取り寄せる場合は、時間がかかる傾向にあります。

修理のデメリット④修理費が高額になることがある

事故車を修理している人
HutchRock

ディーラーに依頼する場合は、手数料が発生し費用が高額になることもあります。費用を抑えたい場合は、修理業者へ直接依頼したほうが良いでしょう。

また、修理費が高額になると、保険金だけでは足りないこともあります。その場合、足りない差額は自己負担になるため、注意してください。

買い替えのデメリット①二重ローンになる可能性がある

車の置物とコイン
QuoteInspector.com

事故車のローンが完了していないまま、新車を買い替えた場合は、二重ローンになる可能性があります。任意保険会社から受け取った補償金を、ローンの残りの支払いに充てる人も多いです。

買い替えをする前に、まずは事故車のローンのほうを完済するなど、返済計画をしっかり立てておきましょう。

買い替えのデメリット②車の購入代金以外の費用がかかる

新車の中の様子
Mike Pexels

車体そのものの購入価格は、あらかじめ知ることができます。しかし、車を購入するにあたり、さまざまな費用が必要になることも、認識しておかなければなりません。

例えば、税金や自賠責保険などの費用です。車を買い替えるために、どのくらいの費用がかかるのか確認しておきましょう。

事故車の修理と買い替えに使える保険

保険①車両保険

車の置物と保険の書類とお札
free pictures of money

車両保険は、車の修理などを補償する任意保険です。事故の状況に応じて、買い替え費用も補填してくれます。

また、契約内容によって、自分が起こした事故に関しては、補償してくれないこともあります。加入する際は、自分の運転のスキルなどを考慮した上で、内容を確認して契約しましょう。

保険②対物損害賠償保険

保険の書類と電卓
QuoteInspector.com

交通事故で自分が加害者の立場になったときに、利用できる保険です。相手の車や所有物を破損させてしまった場合に、補償してくれます。

また、被害者が事故によって休業した際の損失額も、補償の対象となります。対物損害賠償保険は、相手がいる事故に限り適用される保険です。

対物賠償責任保険とは、自動車事故により他人の財物に与えた損害に対して、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。

出典: www.sompo-japan.co.jp

車両保険の等級に注意する

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

車両保険を利用すると等級が下がり、次年度の保険料の支払いが上がります。そのため、小さな破損の修理費用などに利用した場合、かえって高くつく可能性もあるのです。

車両保険を利用する場合は、次年度の保険料がどのくらい上がるのかを確認して、検討することをおすすめします

事故車の修理と買い替えはメリット・デメリットをよく考えよう

交通事故で破損した車
cygnus921

事故車の修理と買い替えは、損傷の程度や保険の補償内容が大きく影響します。どちらを選ぶとメリットがあるのか、デメリットは何かなども確認して、判断すると良いでしょう。それぞれの状況によって、どちらが良いかは違うため、最良の判断をしてください。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

物損事故で使える保険の種類を解説!請求の手順や注意点も紹介!

物損事故で使うことができる保険の種類を、詳しく解説します。警察への連絡や交通事故証明書の重要性なども説明!保険金に関わる事故後の処理の流れもまとめています。物損事故で自分または加害者側の保険会社へ、請求する流れや注意点も載せています。

後遺障害等級について解説!認定が必要な理由や等級別の症状も紹介

後遺障害等級について徹底解説します。交通事故で後遺症が残った場合の症状別等級や、慰謝料など損害賠償の金額の相場も説明!後遺障害等級の申請手続きの方法や、認定されやすいポイントなども載せているため、ぜひ参考にしてください。

破産管財人は何をする人?基本情報や業務内容を詳しく説明!

破産管財人とはどのような役割を担い、何をする人なのか詳しく解説します。破産管財人が財産に対して持つ権限や、地位や立場、業務内容について説明!破産管財人が選任されたときの、破産者の注意点もまとめているため、参考にしてください。

自損事故の修理代にかかる費用は?相場や使える保険について解説

自損事故の修理代としてかかる費用について、詳しく解説します。損傷箇所別の修理代の相場や、費用の変動要因を説明!また、自動車保険を自損事故の修理代に充てる時の補償範囲についても、合わせて紹介します。保険を使うかどうかの判断基準も挙げているため、ぜひ参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事