もらい事故で車の修理代を請求する流れは?受け取れる賠償金についても

もらい事故で車の修理代を請求する流れについて解説します。自分に過失がない場合は、保険会社の介入なしで示談交渉を行うなどの、車の修理代を請求する流れでの注意点も説明!また、もらい事故で請求できる賠償金についてもまとめているため、参考にしてください。

もらい事故で車の修理代を請求する流れは?受け取れる賠償金についても

目次

  1. もらい事故で車の修理代を請求する流れを解説
  2. もらい事故とは?
  3. もらい事故後の車の修理から示談交渉までの流れ
  4. もらい事故で修理代以外に請求できる賠償金
  5. もらい事故による修理代を請求するときの注意点
  6. もらい事故で車の修理代を請求する流れを把握しておこう

もらい事故で車の修理代を請求する流れを解説

交通事故が起きた様子
natloans

もらい事故に遭ってしまったら、加害者側に車の修理代を請求することが可能です。しかし、適切な方法で修理代を請求しなければ、本来受け取れるはずの賠償金が、少なくなる場合もあるでしょう。

本記事では、車の修理代を請求する流れについて、詳しく解説しています。また、もらい事故とはどのような事故であるのか、自分にも過失があるケースなども説明します。

もらい事故とは?

被害者側に全く過失のない事故

追突されて破損した車
Pixel-mixer

交通事故のほとんどは、過失が当事者双方にあることが多いです。しかし、中には被害者の過失割合が、ゼロということもあります。もらい事故は、被害者が交通ルールを守っていた上で、加害者の過失によって巻き込まれた事故のことです

例えば、赤信号で停止していた際に、後ろから衝突されたケースです。また、対向車がセンターラインを越えて衝突してきた場合なども、該当します。

もらい事故の被害者でも過失が付くことがある

玉突き事故が起きた様子
tacowitte

もらい事故だと思っていたら、自分にも過失があったり、違反点数が加算されることもあります。それは被害者側も周りに注意をしていれば、避けられた事故だったと判断された場合です具体的には次のようなケースがあります。

  • 被害者が駐車禁止場所に駐車していて起きた事故
  • 被害者が急ブレーキをかけたことで起きた事故
  • 道路の幅が狭くて、対向車がセンターラインを越えて起きた事故
  • 工事中または障害物があることで、対向車がセンターラインを越えて起きた事故

もらい事故で被害者にも過失が付くとどうなる?

もらい事故で破損した車
THE Holy Hand Grenade!

被害者にも過失がある場合は、加害者との過失割合がどのくらいかを判定します。過失割合は、相手側と示談交渉を行い決定するのが一般的です

過失がなかった場合の損害賠償金や慰謝料の金額から、自分の過失割合分を差し引かれることになります。これを過失相殺といいます。

もらい事故後の車の修理から示談交渉までの流れ

流れ①警察へ連絡する

道路に立っている2人の警察官
Darya Sannikova Pexels

交通事故に遭ったら、まずは怪我人がいないかを確認し、必要であれば救護措置をします。事故の再発を防ぐ危険を防止してから、警察へ連絡をする流れです。これは、道路交通法において報告の義務が定められており、怠ると違法行為とみなされます。

もちろん、もらい事故においても同様で、相手側に任せず双方で確認して、警察へ連絡するのが良いでしょう。警察による現場の確認がないと、実況見分調書や交通事故証明書などの書類を、作成してもらえません。

出典:物損事故と報告義務(弁護士法人泉総合法律事務所)

流れ②事故車両を修理工場へ搬入する

車の修理工場
blende12

警察による現場の確認が完了したら、事故車は修理工場へ移送します。もしも、自分が決めているディーラーなどがあれば、そこで修理を依頼することもできます。

また、どこで修理をして良いかわからなければ、保険会社が提携する業者を紹介してくれるでしょう。車を移送する際は、レッカー車を利用することになります。レッカー費用は、相手の保険会社に賠償請求することが可能です。

流れ③修理代の見積もりを取る

車の置物と電卓
free pictures of money

修理をする前に、まずは費用の見積もりを取ります。修理費用は加害者が加入している任意保険に、請求することが可能です。その場合、保険会社側のアジェスターが工場へ来て、事故車の破損状態や修理内容、費用などの確認をします。

そして、その調査結果に基づき、賠償金額を決定するという流れです。加害者が任意保険に加入していない場合は、被害者自身で見積もりを依頼して、賠償額を掲示しなければなりません。

流れ④示談交渉をする

保険会社の人と示談交渉をしている様子
RazorMax

修理費用の算定をしてもらったら、相手側との示談交渉を行います。通常は過失割合について話し合い、お互いが合意すれば示談成立という流れです。

しかし、もらい事故においては、加害者と被害者の過失割合が10:0となります。そのため、賠償額や支払い方法についてお互いが合意すれば、示談成立です。

修理代が車の時価より高額な場合は全損扱いになる

車の修理をしている男性
cottonbro Pexels

車の修理費用額が、時価額よりも高くなってしまうと、保険会社に全損扱いとされます。事故に遭った時点での車の時価額が、原則的に賠償金の上限額となります。

したがって、足りない分の修理費用は、自己負担となるのです。そのため、全損になったら、修理をするよりも買い替えた方が良いでしょう。

車を修理しない場合でも修理代はもらえる?

車の置物とお札
QuoteInspector.com

もらい事故に遭った車が古い場合は、修理をせずに買い替えたい人もいるでしょう。受け取った賠償金は、修理費用に使用せず、新車の買い替えに充てても問題ありません。

賠償金の使用用途は被害者の自由です。ただ、修理をする予定がないと決定している場合は、その旨保険会社に伝えておくと、手続きなどがスムーズに行えます。

もらい事故で修理代以外に請求できる賠償金

請求できる賠償金①積極損害

車の置物と書類とお札
free pictures of money

もらい事故が原因で、被害者が支払った費用に対する損害です。もらい事故で被害に遭わなければ、支払う必要のなかった費用が該当します。請求できる主な積極損害の内容は、以下の通りです。

  • 治療費
  • 入通院治療費
  • 入院雑費
  • 付添看護費
  • 家屋等の改造費

「積極損害」とは、事故が起こらなければ出費しなかったであろう費用のことです。
たとえば治療費やそれに伴う交通費、また介護費や家屋改修費などがあります。

出典: www.hiramatsu-go-law.com

請求できる賠償金②消極損害

車の置物とお札
ElisaRiva

もらい事故に遭わなければ、被害者が将来で得られるはずだった、収入に対する損害のことです。消極損害には、休業損害、後遺障害逸失利益、死亡逸失利益の3種類があります。

休業損害は、事故で怪我をしたことで休業せざるを得ず、失ってしまった利益に対する損害です。後遺障害逸失利益は、事故によって後遺障害が残り仕事ができず、将来得られるはずだった利益に対する損害になります。

死亡逸失利益は、被害者が死亡することで失った、将来得られるはずの収入のことを指します。

請求できる賠償金③慰謝料

札束が重ねられている様子
free pictures of money

慰謝料とは、もらい事故によって生じた、精神的な苦痛に対する賠償金のことです。死亡慰謝料においては、残された遺族も請求することが可能です。慰謝料は、次のように3種類に分類されています。

入通院慰謝料

怪我による入通院で生じた精神的な苦痛に対する賠償金

後遺障害慰謝料

後遺障害が残ったことで生じた精神的な苦痛に対する賠償金

死亡慰謝料

被害者が死亡したことで生じた精神的な苦痛に対する賠償金

もらい事故による修理代を請求するときの注意点

注意点①加害者と過失割合で揉めることがある

もらい事故で破損した車
652234

もらい事故であれば被害者側は、自分に非がないと思うでしょう。しかし、客観的な判断をされたときに、過失が認められることもあります

被害者と加害者の過失割合について、お互いの主張が噛み合わず、トラブルになるケースもあります。このような場合、事故状況に関する正確な知識がいるため、弁護士へ相談するのが安心です。

注意点②保険会社は示談交渉に介入できない

もらい事故で破損した車
Marufish

もらい事故は、被害者に過失が全くない事故のため、加害者に損害した分をすべて請求できます。そのため、自分が加入している保険には、利害が生じません。同時に、加害者との示談交渉にも介入できなくなります。

すなわち、被害者は自分で加害者側と示談交渉を行い、賠償金を請求しなければなりません。自分で行うのが不安な場合は、弁護士に依頼する方法もおすすめです。

注意点③保険会社からの賠償金の掲示額が低い

保険の書類と電卓
QuoteInspector.com

保険会社は、あくまでも営利企業のため、賠償金額を低めに掲示してくる可能性があります。なぜなら、賠償金が低ければ、保険会社の支出も少なくて済むためです。

また、被害者に過失割合があると、過失相殺によって保険会社が支払う賠償金も少なくなります。そのため、「もらい事故でも本当は過失があるのではないか」と言ってくることもあるでしょう。示談がスムーズにいかない場合は、弁護士に相談するのも一つの方法です

注意点④加害者が任意保険に加入していないことがある

加害者の車と巻き込まれた車
quicksandala

もらい事故の被害者で損害金を受け取れる立場でも、加害者が任意保険に加入していなかった場合は、どうなるのでしょうか?

このような場合は、自分が加入している車両保険を、利用することができます。もらい事故後はできる限り早く、自分が加入している保険会社と連絡を取りましょう。また、自分がどのような補償を受けられるのか、契約内容の確認をすることも重要です。

もらい事故で車の修理代を請求する流れを把握しておこう

車の置物と保険の書類
QuoteInspector.com

もらい事故は、被害者に過失のない事故です。しかし、もらい事故と自己判断をしていたら、自分にも過失があったというケースもあるため、注意が必要です。

また、もらい事故で過失があると判断され、過失割合にどうしても納得がいかない場合は、弁護士に依頼する方法もあります。本記事の賠償金を請求する流れを参考にして、スムーズに手続きを行えるようにしましょう。

宮内直美

この記事のライター

宮内直美

最新の情報や疑問に思ったことなど、調べることが好きなフリーライターです。交通事故の防止や対処法に役立つ情報を収集して、分かりやすく執筆します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

交通事故で請求できる休業損害とは?計算方法や請求のポイントも

交通事故で請求できる休業損害と、請求のやり方について詳しく解説します。また、休業損害の金額の計算方法を説明!主婦や家事従事者、個人事業主、アルバイトの方が交通事故に遭った際の請求方法も併せて紹介します。請求に必要な日数や、いつまでもらえるのか、ぜひ参考にしてください。

事故で自転車を買い替える際は補償してもらえる?賠償金額についても

事故で自転車を買い替える場合は、補償してもらえるのかを解説します。事故で自転車が損傷したときの対応の流れも説明!買い替えや修理費用に対する賠償金を、保険会社へ請求するときのポイントや注意点も紹介しています。また、自転車の時価額の算定方法も載せています。

交通事故で保険会社が嫌がることとは?起こりうるトラブルを解説

交通事故で保険会社が嫌がることには、どのようなものがあるかを解説します。被害者側・加害者側それぞれの保険会社からみた嫌がることの内容と、そうした対応を取る理由も合わせて紹介します。保険会社や弁護士に、交通事故の対応を依頼する際の参考にしてください。

上肢機能障害とは?測定方法や後遺障害等級についても解説!

上肢機能障害について詳しく解説します。上肢機能障害の定義や、関節ごとの可動域の測定方法を説明!また、交通事故による上肢機能障害として認定される、後遺障害等級の基準も合わせて紹介します。交通事故での損害賠償の目安も挙げますので、ぜひ参考にしてください。

交通事故の被害者になったときの対応は?通院のポイントや注意点も

交通事故の被害者になったときの対応について解説します。加害者が加入している任意保険会社へ、請求できる損害賠償についても説明!交通事故の被害者が治療で通院する際のポイントも、まとめています。また、被害者に後遺障害が残った場合の対応についても載せています。

物損事故でも治療費は請求できる?人身事故との違いについても解説

物損事故でも治療費が請求できるか解説します。物損事故と人身事故の違いや、保険会社へ連絡するなど、物損事故に切り替える手順も紹介!交通事故を物損事故にするデメリットも解説しているため、物損事故でも治療費請求が可能か気になる人は、参考にしてください。

物損事故で使える保険の種類を解説!請求の手順や注意点も紹介!

物損事故で使うことができる保険の種類を、詳しく解説します。警察への連絡や交通事故証明書の重要性なども説明!保険金に関わる事故後の処理の流れもまとめています。物損事故で自分または加害者側の保険会社へ、請求する流れや注意点も載せています。

後遺障害等級について解説!認定が必要な理由や等級別の症状も紹介

後遺障害等級について徹底解説します。交通事故で後遺症が残った場合の症状別等級や、慰謝料など損害賠償の金額の相場も説明!後遺障害等級の申請手続きの方法や、認定されやすいポイントなども載せているため、ぜひ参考にしてください。

破産管財人は何をする人?基本情報や業務内容を詳しく説明!

破産管財人とはどのような役割を担い、何をする人なのか詳しく解説します。破産管財人が財産に対して持つ権限や、地位や立場、業務内容について説明!破産管財人が選任されたときの、破産者の注意点もまとめているため、参考にしてください。

自損事故の修理代にかかる費用は?相場や使える保険について解説

自損事故の修理代としてかかる費用について、詳しく解説します。損傷箇所別の修理代の相場や、費用の変動要因を説明!また、自動車保険を自損事故の修理代に充てる時の補償範囲についても、合わせて紹介します。保険を使うかどうかの判断基準も挙げているため、ぜひ参考にしてください。

交通事故の手続き・知識の人気記事

よく読まれている記事