むちうちの症状にはどういったものがある?治療方法もあわせて紹介

むちうちの症状と治療方法についてまとめています。むちうち症状を引き起こす傷病の種類や、急性期と慢性期における治療方法の違いについても紹介しています。交通事故や転落などむちうちが疑われる出来事を経験したり、現在症状に悩んでいたりする人は、参考にしてみてください。

むちうちの症状にはどういったものがある?治療方法もあわせて紹介

目次

  1. むちうちとは?
  2. むちうちの症状
  3. むちうちの治療方法
  4. むちうちの主な症状と治療方法を知ろう

「数日前の交通事故から腕がしびれているけど、これってむちうち?」

「むちうちの症状って、どんなものがあるの?」

「むちうちの治し方について知りたい」

スポーツ中の事故や自動車の追突事故など、頭を強く揺さぶられるような出来事の後に、痛みやしびれなどの症状が出て困っている人もいるでしょう。

この記事では、むちうちの症状に加えて、むちうちの原因となる病態についても説明しています。むちうちの症状改善に効果があるとされる治療法についても紹介します。

この記事を読むことで、むちうちを引き起こす病態のメカニズムや治療方法に関する知識を得て、自分に合った治し方を見つける助けとなるでしょう。

むちうちについて知りたいと思っている人や、現在むちうちの症状に悩まされている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

むちうちとは?

むちうち治療
Wonderlane

むちうちとは、首に強い衝撃を受けることで引き起こされる様々な症状の総称のことです。正式な傷病名としては「外傷性頚部症候群」「頚椎症性神経根症」「脊髄損傷」などと呼ばれます。

むちうちは、頭が強く揺さぶられて、首が鞭のようにしなったことが原因で引き起こされることが知られています。多くの場合、交通事故や高い所からの転落、スポーツ中に受けた衝撃などがむちうちの原因となります。

むちうちの症状は受傷した直後に出るとは限らず、翌日、または数日たった後から症状として現れるケースがほとんどです。そのため、交通事故などのむちうちを引き起こすような出来事があった時は、様子を見るのではなく、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。

出典・参照:「むち打ち症」|公益社団法人 日本整形外科学会

むちうちの症状

むちうちの症状は、首に強い力が不自然に加わったことが原因で引き起こされます。首は神経が多く集まっている場所なので、そこの怪我は神経を傷つける可能性があるでしょう。その結果、多様なむちうちの症状が見られるのです。

むちうちの主な症状としては「首、頭、腕、腰などの痛みやしびれ」「首や指先などの麻痺」「首、肩、背中のこりや動かしにくさ」「耳鳴り」「めまいや目のかすみ、眼精疲労」「吐き気」「疲労感や倦怠感」です。

むちうちは受傷から症状が出るまでに2~3日程度の期間が空くことが多く、症状の程度も軽いものからそうでないものまで、怪我の具合によって多岐に渡ります。

首を痛めるような出来事があった時は、レントゲンやMRIなどの設備が整っている整形外科を早めに受診して、専門家からのアドバイスを受けるようにした方が良いでしょう。

出典・参照:首の痛み(鞭打ち)|医療法人社団 幸祥会

  • バレリュー症候群
  • 神経根症状型
  • 頚椎捻挫型
  • 脊髄症状型

バレリュー症候群

むちうち症状
Andrea Piacquadio Pexels

バレリュー症候群とは、交通事故や転落など首に強い衝撃を受けるような出来事の後に、めまい、後頭部痛、倦怠感、耳鳴り、動悸など、むちうちの症状が現れたケースに対して診断されることがある病名です。フランス人医師BarréとLiéouの名前にちなんでつけられました。

BarréとLiéouによると、後頚部交感神経系という椎骨動脈(首から脳へ血液を送る血管)の周りにある神経が興奮することが原因となって、バレリュー症候群の症状が引き起こされると説明されています。

しかし、検査で他覚的に傷害を検知できてないことから、バレリュー症候群の存在に疑問を持つ医師もいるのが現状です。症状を訴える患者の検査結果に異常が見られない時「バレリュー症候群」や「自律神経失調症」などと診断し、精神安定剤を処方して済ませる医師もいます。

めまいや気持ち悪い感じがいつまで続くのか不安を感じていたり、仕事に支障が出て困って受診したりした人にとって、まるで嘘の症状を訴えているかのような対応をされると、医療に対する不信感を助長してしまう危険があるでしょう。

症状に苦しんでいる人に対して、普段以上に伝え方に配慮して接することが、医療従事者には求められるでしょう。

出典・参照:脳神経外科Q&A|独立行政法人国立病院機構 宇多野病院

神経根症状型

むちうち症状
Andrea Piacquadio Pexels

神経根症状型とは、むちうちの症状の原因となる病態の1つです。神経根とは、神経が集まっている部分を指します。神経根症状型では、頸椎内の神経根が圧迫されて、指先や腕の神経痛などといった症状を引き起こすのです。

頸椎の歪みは、交通事故などで強い衝撃を受けた時の怪我がもとで起こったりします。レントゲンやMRIなどを使って検査することで、頸椎の歪みや神経根が圧迫されているのを画像で確認して、診断が確定できます。

出典・参照:頚椎症性神経根症について|医療法人 志匠会

頚椎捻挫型

むちうち症状
shixart1985

頸椎捻挫型は、むちうち症状を引き起こす傷害の中でも、原因のおよそ7割を占めると言われている病態です。外部からの力によって首が捻挫し、それによって頸椎の周囲の靭帯や筋肉が損傷を受けることで、むちうちの症状が現れます。

頸椎捻挫型の主な症状は「首、肩から腕にかけての痛み」「知覚障害」「しびれ」「脱力」です。捻挫によって首周囲に炎症を起こしているため、受傷直後は炎症を抑えるために湿布を貼ったり、消炎鎮痛剤を服用することが有効な対処法になります。

痛みが強すぎて首をほとんど動かせないような状態の時は、頸椎カラーで首を固定することが必要になることもあるでしょう。吐き気やめまいといった症状が強い時は、安静が必要になることもあります。

症状がある程度和らいできたら、首の牽引治療、電気治療、超音波治療など、患者の症状に合わせて医師がピッタリの治し方を判断していくでしょう。

出典・参照:むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頚椎捻挫)|整形外科 浦安サンクリニック

脊髄症状型

むちうち症状
Andrea Piacquadio Pexels

脊髄症状型とは、脊椎内を通っている脊髄が損傷することで、むちうちの症状が出現する病態です。腕や足の痛み、しびれといったものが主な症状です。指先の細かい作業が困難になったり、歩行時のふらつきや、排泄のしづらさが見られたりすることもあります。

脊髄症状型の症状はむちうちの中では重度のものが多く、受傷直後の急性期は安静を保ち、湿布や内服による消炎が対症療法として取り入れられることがあるでしょう。

急性期を過ぎた段階で、医師の指導のもとマッサージや電気療法などを活用し、症状の改善を目指していくことになります。

 出典・参照:むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頚椎捻挫)|整形外科 浦安サンクリニック

むちうちの治療方法

むちうちの治療方法は、さまざまです。むちうちの症状が重い時は、頸椎カラーで首を固定することで首の安静を保つのに役立ちます。

軽いケースでは、数カ月で改善される場合もあります。数カ月たっても症状が残っている時は、リハビリテーションをメインに行っていくことになるでしょう。

リハビリテーションには、凝り固まった筋肉をほぐし、低下した機能の改善が期待できます。医師の指示のもと、リハビリテーションの専門職である理学療法士や作業療法士が治療の助けとなってくれるでしょう。

  • ブロック注射
  • ハイボルテージ療法

ブロック注射

むちうち治療
Army Medicine

ブロック注射とは、局所麻酔によって痛みを和らげる治療方法の1つです。痛みのある部分にピンポイントで麻酔薬を注射するため効果が高く、患部以外への薬の影響が少なくなるといった特徴があります。

ブロック注射は、整形外科で日帰りで行える治療方法です。短期間痛みを麻痺させるといった効果のほか、痛みで凝り固まった筋肉をほぐして血流を良くする効果もあります。

血流が改善されることで、患部に必要な酸素や栄養素がより多く届けられるようになるでしょう。これによって、人が持つ自然治癒力を向上させて、むちうち症状の治癒につながるとされています。

ブロック注射の適応となるのは、「内服薬の効果が不十分な人」「早急に痛みを取り除きたい人」「電気治療やマッサージの効果がない人」「手術、入院で長期間休めない人」「手術後痛みや違和感が残った人」です。主治医と相談して、ブロック注射を受けるか決めていきましょう。

出典・参照:ブロック注射|いがらし整形外科スパインクリニック

ハイボルテージ療法

むちうち治療
shixart1985

むちうちの治し方の1つに、ハイボルテージ療法があります。これは高い電圧を使用することで、むちうちの症状の改善を図る治療法です。

外部から電気を流し、筋肉を緩めて、血液の循環を促していくことで、痛みが和らぐ効果が期待できます。

ハイボルテージ療法は肩こりや膝痛にも効果を発揮するとされています。むちうちに適した治療法と言えるでしょう。

出典・参照:低周波|おやま整形外科クリニック

むちうちの主な症状と治療方法を知ろう

むちうち
Shutterbug75

交通事故など首に強い衝撃を受けた後は、その時に痛みを感じていなくても、後からむちうちの症状が現れることがあります。受傷した後すぐに病院を受診するようにしましょう。

むちうちの治し方は、さまざまです。主治医とよく相談して、自分の症状に合った治療法を選択していきましょう。

ドクター交通事故運営

この記事のライター

ドクター交通事故運営

交通事故の痛みの緩和に最適な通院先をご紹介!業界最高水準の通院サポートをご提供します。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

むちうちで自然治癒する場合とは?起こりうる症状や治療法も解説

むちうちによる症状は自然治癒が可能なのか気になる人もいるでしょう。この記事では、むちうちの症状や治療法、治癒までに要する期間の目安、自然に症状が改善する可能性などについて紹介します。首の痛みといったむちうちの症状に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

むちうちを早く治すには?セルフケアや治療の方法を紹介

交通事故で負ったむちうちの症状に悩んでいる方はいませんか。この記事では、むちうちの早期回復を目指すための方法を中心に、症状の種類や治療期間の目安、通院先などについて紹介していきます。 むちうちの症状を緩和したい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

むちうちになったら整形外科に行くべき?整骨院・接骨院との違いも解説

むちうちになった時、整形外科の他に整骨院や接骨院という選択肢もありますが、その違いをご存じでしょうか。この記事では、整形外科と整骨院などの違い、整形外科での治療法や整骨院などに通院する際の注意点について解説しています。むちうちになった方は、ぜひご確認ください。

軽い症状のむちうちの有効な治し方とは|治療法や費用などについて解説

むちうちになった時の有効な治し方をご存じでしょうか。今回の記事ではむちうちの治療法やむちうちを疑われた時の対処法、むちうちにならないための予防法などについて紹介しています。むちうちになった方、むちうちを予防したい方はぜひご覧になってみてください。

むちうちの通院期間の目安は?治療法や慰謝料の相場・注意点も解説

むちうちになったとき、どの位の頻度でどの位の期間通院すればよいのかご存じでしょうか。むちうちの症状から通院先について、慰謝料とそれ以外に請求できる賠償金の情報などもまとめています。もし交通事故にあってむちうちになったら、こちらの記事を参考にしてみてください。

むちうちでの入院で請求できる損害賠償|慰謝料の相場もあわせて紹介

むちうちで入院しても賠償金はもらえるかを解説します。事故によるむちうちで入院が必要なケースや、保険会社からもらえる賠償金の種類も説明!後遺障害が残った場合の等級認定の申請方法や、慰謝料の相場もまとめているため、参考にしてください。

むちうちの原因はレントゲンでわかる?症状や他の検査についても解説

むちうちの症状が出た時に、レントゲンで異常が見つからなかった経験はありませんか。この記事では、むちうちの症状やレントゲン以外の検査の種類、病院の選び方から、留意点について説明しています。正しい知識を習得し理解を深めて、適切な対応ができるようになりましょう。

むちうちの診断書の重要性とは?作成ポイントや後遺障害診断書も解説

むちうちの診断書の提出先や注意点をまとめています。治療期間などむちうちの診断書に記入する内容や、作成費用も説明します。また、症状固定と診断された際に後遺障害診断書を作成してもらえない場合、その対処法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

むちうちの症状と請求できる費用|打ち切りや後遺症があるときは?

むちうちになる原因や症状、むちうちになったときに請求できる費用についてまとめました。治療費が打ち切られる場合があるならどういうケースなのか、その対処法や後遺症になったときの対応についても解説しています。むちうちになったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

交通事故でむちうちになったらどうする?後遺症の対処法も解説

交通事故でむちうちになった場合の対処法について詳しく解説しています。むちうちになった際の治療法や賠償金、治療費を打ち切られそうになった場合の対処法についてもまとめています。むちうちでお困りの方に役立つ情報を詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

むちうちの人気記事

よく読まれている記事