薬のネット販売解禁・利用前に伴うリスクの確認を!

薬のネット販売が解禁になることが決まったそうです。インターネットで手軽
に薬が買えるようになると、何かと便利なのではないかな~なんて単純に思っ
てしまったのですが、いろいろそうでもなさそうです。
ネット通販と対面での販売との一番の違いは、購入にあたり相談ができるかど
うか、の点です。つまり、対面の場合は、例えばどんな症状なのか、アレルギ
ーはあるか等を薬剤師さんに相談したうえで購入できるので安心ではあります。
しかし、ネット通販の場合はなかなかそうもいきませんよね。相談を受け付け
るサイトもあるかとは思いますが、仕組みが整っているかと言うと心配な面が
あります。
本当は飲んではいけない薬を思い込みから服用してしまうリスクが対面販売よ
りもネット通販の方が高いと言えますね。利用する前に、医師からのアドバイ
スを仰ぐ等きちんと準備した方が良さそうです。
また、これは対面販売にも言えることですが、大量買いする人も多くなりそう
だという懸念もあるそうです。確かに、継続して服用したいものについては、
何度も買うのも億劫だし、持ち帰る負担が無い分、気軽に大量発注してしまい
そうですよね。店側としても在庫管理の面から、客側はそれこそ間違った知識
からの購入だった場合の問題があります。
薬に限らず、ネットによる買い物が今や普通のことになった時代、利用者側の
心構えを今一度見直す必要がありそうですね。気軽なだけにリスクもたくさん
潜んでいると思っているくらいがちょうどいいのかもしれません。発注ボタン
を押す前に、本当に大丈夫なのか確認に確認を重ねましょう。その上での利用
であれば、きっと私達の生活が更に便利になったと実感できるようにも思いま
す。

Categories