長引く風邪は気合いで治す

久し振りにゆるく長い風邪を引いている。

最近の傾向として、子どもが風邪を引く⇒慌ててマスクをし、子どもの残り物を食べないようにする⇒空気清浄機+マスクをして寝る、これで子どもの風邪を頂戴することを防いでいたのだが、自らの免疫力低下で風邪を招くことが多くなった。

大体が年齢不相応に出過ぎの我が家である。
全員が全員、誘われたら断れない体質の家族なので、誰かが誘われたり約束して来たりしてしまうと、常に参加しているので、結果、始終出歩いていることになる。
平日、目いっぱい動いているのに加え、土日はみっちり何処かに出掛けるため、疲れがたまってきて、まず初めに長男が風邪を引き、次男はヘルペスが出てきて風邪を引き、次に私がダウンしてしまうというパターンだ。(長老の旦那は元来丈夫なのか一番酷使している割には、風邪を引かない。)

私はダウンすると、扁桃腺やリンパ節が腫れて、高熱が出てたいていは2,3日で治るのだ。これは、免疫力がまだ正常に働いている証拠だと自負している。が、今回は、アレルギー性鼻炎で鼻の調子が悪いところに、ウィルスが侵入したらしい感じの風邪だ。ウィルスなら抗生剤も効かないので薬を飲んでも仕方ないと、気休めで子どもの風邪薬を飲んだりしているが、中々すっきりと良くならない。熱が出るほどの風邪ではないが、鼻はつまり、喉と気管支が常にもやもやした状態が2週間ほど続いている。
この程度で病院を受診することはないなと思い、ここはひとつ、咳や痰に効く民間療法を取り入れようと、梨や大根のすりおろしをせっせと食べることにしよう。

これで、明日はすっきりとママ友の飲み会に参加できるだうか。
民間療法は気合いだ。効くと信ずれば、きっと治るはず。
すっきりして、美味しいお酒を飲むぞ。